2019京都宋梅会の一茎九花展より

  10日間のロングランとなった九花展も5/6無事終了しました。
なかなかゆっくり写真を撮る暇もなかったのですが、その 様子を今一度画像で報告いたします。Img_2528

続きを読む "2019京都宋梅会の一茎九花展より"

| | コメント (1)

あと四日

   となりました。

7

Photo

| | コメント (2)

2019 今年の京都宋梅会の蘭花展

            やることにしました

○ 第18回 中国春蘭展
   3月18日(月)~3月24日(日) 10:00~16:00 入場無料
   3月18日(月) 12:00オープン  最終日は15:00まで 

○ 第7回 中国蘭 一茎九花展
   4月27日(土)~5月3日(金) 10:00~16:00 入場無料
   4月27日(土) 12:00オープン  最終日は15:00まで

   どちらも北嵯峨 祇王寺ギャラリー にて
Gioji_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準備OっK~~

     みやこめっせでお待ちしております
Img_20180501_151727
今年は例年より1週間~10日開花が早くて、ほとんど満開状態なので最終日まで持たない鉢もいくつかありそうです。
まあ、途中入れ替えしたり、レイアウト変えたりしながら、それなりにやれるでしょう。

続きを読む "準備OっK~~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都宋梅会・第6届一茎九花展のお知らせ

       5月2日(水)~5月6日(日) AM9~PM5 
       みやこめっせ2F 美術工芸ギャラリー にて    です

50~60鉢は並べられるかと思います。
時間と興味のある方はぜひ覗いてみて下さい。。
2018_2

目下、自宅で家庭蘭展を楽しんでいるのですが

続きを読む "京都宋梅会・第6届一茎九花展のお知らせ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

水遣り

寒さもちょっと緩むという予報なので久しぶりに蘭に水遣りしました。
今年になって初めての灌水です。
Img_20180214_120136
家の北側の軒下の九花は寒風よけに穿かせている土嚢袋をずり降ろして、如雨露を使っての水遣りです。花芽は去年の暮れにチェックして以来、まったく増えても伸びてもいません。もう少し暖かくならないと動き出してくれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観音兜(続編)

「観音兜捧心」が実際の蘭花をどう見立てているのか、微信(WeChat)で中国の蘭友に聞いてみたところ、二つに分かれました。
C先生は左下画像のように2枚の捧心が合わさった状態を「観音兜」に見立てているんだろうと言うし、P先生はいや、右のように1枚だけを見て言ってるんだろうと。
KanshuangguanyinpengKandanguanyinpeng
・                      画像提供:虞山の陳海鮫氏
ふたつの画像を見るとどっちもなるほどと思えます。
「観音兜捧心」の代表品種は「龍字」だけど、2枚合わさった捧心の先端がちょっと開くと「観音兜」とは言えなくなるので私は「観双」派ではなく「観単」派なのですが・・・
古書には「某という品種は〇〇捧心で△△舌である」というようなことは書いてあるのだけど用語の定義までは子細に書き残してくれてない。現代の我々は観察して想像するしかない。どれが正解でどれが間違いとはなかなか言えないね。
ということです。

続きを読む "観音兜(続編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「観音兜捧心」再考

龍字の捧心(内瓣)は「観音兜捧心」あるいは「観音捧心」と呼ばれています。
この呼び方の由来を知ったのだいぶ前だけど、これも永らく花を見てもピンとこなくて、いったい蚕蛾捧心とどう違うのだろうと思っていました。
Guanyin02Guanyinpeng
最近、花の画像を見ていてふと気がついたのは、いままでずっと開花した花全体を正面から見ていたのでした。
2枚の捧心を合わせて見るのではなく、片方の捧心だけを見ると、なるほど、先っぽが少し細く丸く袋状になっていて、観音菩薩がかぶっているショールそっくりです。
昔の中国の蘭人は多くの山採りの蘭の中から名品を選別するために、蕾の形や色をよく観察し、まだ開いていない蕾を剥いてパーツをバラバラにしてその形を観察していました。多種多様な花のパーツの形を表現する用語は開花した花を観賞するためだけでなく、他人に先んじて良花を見つけ出すためのモノだったのかもしれません。

続きを読む "「観音兜捧心」再考"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

三芸品

      盖兜巾,拿如意,乘龙背。。
Guanyin01
材質は
柘植の木ということだけど、
手彫りではなさそう。
元型を3D計測して
NCルーターで彫ってるんでしょうか?
安いし、同じモノたくさん売ってたし・・

「観音兜捧心」の観音兜
「如意舌」の如意
「龍呑舌」の「龍の口」 
中国蘭の用語の由来が
三つまとめてよく判ります。


続きを読む "三芸品"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅まきながら

京都宋梅会の九花展の報告 です。   

搬入日はほとんど蕾でしたが5/1~5の5日間の会期中にどんどん開花して、3日頃が一番見頃だったかと思います。
20170505012017050502
会場の広い窓から望む京都東山の新緑がきれいです。
5日間、ここにいると次第に緑が濃くなっていくのがわかります。
20170505032017050504
それでは個々の花を葉姿、鉢も含めた全容をどうぞ・・

続きを読む "遅まきながら"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧