« 水遣り | トップページ | 往事の蘭花展 »

含苞待放

    というにはまだちょっと早いでしょうか!?
まだ、展示会まで一ヶ月、首だけ伸ばして、もうちょっと我慢してもらわないと・・・

大富貴の丸々とした赤い蕾は私は花よりも見ていて飽きないです。。
20180222dafugui0120180222dafugui02
宋梅 >> 四大天王之首、春蘭老八種之首、龍字とともに国蘭双璧、、、
20180222songmei0320180222songmei04
大銘品は蕾だけ見てもけっこうエレガントですね。。

緑雲 >> まだまだと思っていた小さい株に意外にも蕾が着き、さらにもうひとつ潜っていた真っ白な蕾が先日顔を出しました。
20180222lvyun0120180222lvyun02
楊氏素荷 >> 去年8年ぶりに株分けしたので今年は花は見られないだろうと思っていたらなんとゴロゴロと六つも・・
20180222yangshisuhe0120180222yangshisuhe02
全部咲かせます。私は間引いたりなんかしません。
花後お礼肥をたっぷり遣るだけです。

以下、順不同・・・
20180222xishenmei20180222jizi
上の西神梅は案内状のあの株を会長から分けてもらった株なのですが、あんなにみごとに咲かせたことはまだありません。
20180222yumeisu20180222wangzi
汪字の蕾ってこんな個性的できれいだったっけ!?

月下素は初めての着蕾ですが、いったいどの株から出ているのか、すごく暴れん坊・・
20180222yuexiasu20180222shianmei
まあ、あまり変わったものはありませんがこういった花が並ぶ予定ですので
時間と興味のある方は3月20日~25日、ぜひ京都奧嵯峨の祇王寺へお越し下さい。

|

« 水遣り | トップページ | 往事の蘭花展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/66424519

この記事へのトラックバック一覧です: 含苞待放:

« 水遣り | トップページ | 往事の蘭花展 »