« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

中国東方航空の機内食は

        けっこう好吃である
Img_20180227_103118Img_20180227_103547
焼きそば美味しいし鯛焼きはちっちゃいけど尻尾の先までしっかりあんこが入ってる。。

さて、自治会役員の改選引き継ぎやらなんやらでバタバタしてる間にあっという間に日が過ぎて、あわてて飛行機に飛び乗って

続きを読む "中国東方航空の機内食は"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

往事の蘭花展

WeChat(微信)を通じて杭州の蘭友からこんな古い資料をもらいました。
往事の蘭展の様子を伝える小さな小さな新聞記事です。
2018022417392420180225090928
ちょっと読み解いてみましょう。
「呉興」とは、今は太湖の真南に面する浙江省湖州市に「吴兴区」という地区がありますが、旧時は湖州全体のことを「呉興」と呼んだそうです。
「花每日一易」が初め、よく分からなかったのですが聞いてみたら「易」は「交換する、取り替える」の意味で「陳列された花は毎日1回置き替えられた」でよいそうです。
全体を概訳すると

続きを読む "往事の蘭花展"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

含苞待放

    というにはまだちょっと早いでしょうか!?
まだ、展示会まで一ヶ月、首だけ伸ばして、もうちょっと我慢してもらわないと・・・

大富貴の丸々とした赤い蕾は私は花よりも見ていて飽きないです。。
20180222dafugui0120180222dafugui02
宋梅 >> 四大天王之首、春蘭老八種之首、龍字とともに国蘭双璧、、、
20180222songmei0320180222songmei04
大銘品は蕾だけ見てもけっこうエレガントですね。。

続きを読む "含苞待放"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水遣り

寒さもちょっと緩むという予報なので久しぶりに蘭に水遣りしました。
今年になって初めての灌水です。
Img_20180214_120136
家の北側の軒下の九花は寒風よけに穿かせている土嚢袋をずり降ろして、如雨露を使っての水遣りです。花芽は去年の暮れにチェックして以来、まったく増えても伸びてもいません。もう少し暖かくならないと動き出してくれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こほり

外の水道はカランに古毛布を巻きつけていても昼頃にならないと出ないことが多い今日この頃です。
Img_20180213_104226Img_20180214_142848
日陰の氷は日中も融けることなくだんだん厚さを増して12cmほどになってました。
今日以後しばらく寒さも緩むらしいので、これ以上厚くはならないでしょう。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くるい咲きの小打梅

見覚えのある方もあるかもしれませんね。
先日ネットオークションで入手した「小打梅」です。
Img_7216
花の拡大です。捧心は蕊柱と癒着して、舌も細く受けた如意舌になっていて「殭開(キョンシー咲き)」と言ってもよいかもしれません。
Img_7217Img_7219Img_7221
でも、外3瓣の形と舌の紅点は「小打梅」の面影を残しています。
出品者に聞いてみたところ、こんな咲き方をしたのは今回初めてで、いつもは普通の小打梅で咲いているとのこと。多分、固定したものではなく、地下で花芽ができる時期に植え替えとか薬害など変な影響を受けた、今回かぎりの一過性の狂い咲きだろうと思われます。  

続きを読む "くるい咲きの小打梅"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひさびさの春蘭展

           2011年のミヤコメッセ以来7年ぶりの開催です。。
2018_2
  交通案内はこちらから
   〇 祇王寺へのアクセス
    JR、京福電鉄、阪急 どこの駅からも徒歩で20~30分とちょっと遠いけど
   途中に大河内山荘、落柿舎、二尊院などあり、それなりに散策が楽しめるかと
   思います。
    渡月橋~天竜寺界隈は観光客でごったがえして賑やかですが、
   JR山陰線を越えるとよっぽどの観光シーズンを除けば静かなところです。
   〇 1日1000円くらいの有料駐車場が近くにありますがそう大きくないので
    お車でのお来しはあまりお薦めできません。
   〇 見るだけでなく、会期中、1日でもいや半日でも、1鉢でも2鉢でも持参して
    参加して下されば嬉しいです。飛び入り歓迎です。
    ゆっくり蘭談義を楽しみたいと思っています。

なお、九花展のほうは

続きを読む "ひさびさの春蘭展"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

観音兜(続編)

「観音兜捧心」が実際の蘭花をどう見立てているのか、微信(WeChat)で中国の蘭友に聞いてみたところ、二つに分かれました。
C先生は左下画像のように2枚の捧心が合わさった状態を「観音兜」に見立てているんだろうと言うし、P先生はいや、右のように1枚だけを見て言ってるんだろうと。
KanshuangguanyinpengKandanguanyinpeng
・                      画像提供:虞山の陳海鮫氏
ふたつの画像を見るとどっちもなるほどと思えます。
「観音兜捧心」の代表品種は「龍字」だけど、2枚合わさった捧心の先端がちょっと開くと「観音兜」とは言えなくなるので私は「観双」派ではなく「観単」派なのですが・・・
古書には「某という品種は〇〇捧心で△△舌である」というようなことは書いてあるのだけど用語の定義までは子細に書き残してくれてない。現代の我々は観察して想像するしかない。どれが正解でどれが間違いとはなかなか言えないね。
ということです。

続きを読む "観音兜(続編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »