« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »

朋有り遠州より来たる亦楽しからずや

                            京都宋梅会九花展第一日目
総鉢数51鉢、今年は開花が早くて心配しましたが、
なんとか無事開催にこぎ着けられました。
20160430huilamzhan0120160430huilamzhan02
遠州からだけではありません。神奈川、愛知、兵庫・・・ずいぶん遠方からも熱心な
九花ファンが駆けつけて下さり、夕方まで蘭談義に花が咲きました。
楽しい1日でした。
5月4日まで花も頑張ってお待ちしております。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

我が家の目下の九花は・・

このところ毎週、中国やお江戸までお花見に出かけたり、中国からのお客さんを迎えたり、おまけに4月から町内会長の役が回ってきたりして、自分のところの蘭にかまってる時間がない。展示会の準備もなかなか手に着かない状況です。
花は例年より開花が早くて、でもなかなか一番良いところを写真に撮る時間がありません。昨日、夕方やっとちょこっと撮ったのが5鉢のみ。
・          赤殻素                      老慶華
20160424chigesu20160424laoqinghua
小ぶりな株に楚々とした花を1~2茎咲かすのもわるくはない、
室内や玄関の下駄箱の上に置いて鑑賞するにはその方が良いのですが、

続きを読む "我が家の目下の九花は・・"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016京都宋梅会の九花展

あと5日となりました。
2016huilanzhan01今年も
〇 4/30(土)~5/4(水)
      9~17時
〇 京都市岡崎のみやこめっせ 2F
  美術工芸ギャラリー にて
開催します。
搬入、搬出は29日と5日、それぞれ
1日かけてゆっくりやります。
5日間の会期中はのんびり、自分らが
楽しめればいいやという展示会です。
2016huilanzhan02
興味とお暇のある方はぜひご降臨、ご笑覧ください。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

来自遠方的朋友^^

昨日4/23、中国から3人のお客さんが京都に来られました。
20160423eren01
つい2週間ほど前、常熟や溧陽の九花展で大変お世話になった陳さんと彼の蘭のお弟子さんの李さん、顔さんご夫妻。23日朝、東山の宿に迎えに行き、途中金閣寺を観光、そのあと我が家の蘭を見てもらいました。金閣寺は朝9時の開門と同時に入ればすいているだろうと思っていたら大誤算、修学旅行生でいっぱい、洪水に押し流されるような参観でした。
我が家の九花は今年は例年より1週間から10日くらい早くて、すでに8割がた開花、4/30~5/4の展示会まで持つかどうか心配なのですが、今回のお客さんには、一番良いタイミングで見てもらうことができました。蘭も初めての故郷からの客人を“歓迎光臨”して咲いてくれたのでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

常熟で雅集

常熟に着いた初日の陳さん宅での蘭仲間たちと交流に続いて
翌4/8は午前中、今度は徐さんのお宅で、本式の中国茶をいただきながら陳さんが手折って持って来た一茎の老蜂巧の花を見ながらの蘭談義です。
20160408changshu0120160408changshu02
古琴の演奏もよかった。たくさんの蘭が見られる大規模な展示会も良いけど、1本の花を囲んでワイワイ議論するこんな集まりもなかなかいいもんです。これぞ中国蘭文化というものを体験させていただきました。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

そんちょも来ればよかったのに・・

溧陽では見かけましたよ。。
20160409liyang01
4/7~10また行ってきました。
溧陽で開催された江蘇省九花展
1500鉢くらいはあったと思うけど
今回は人との交流が多くて
蘭はあんまりゆっくり見ることが出来ませんでした。
めっちゃ中身の濃い4日間の旅でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

常熟で乾杯!

20160307changshu0120160307changshu02
江蘇省常熟は程梅や虞山梅の故郷です。
それと 《蘭苑紀事》の著者顧樹桀氏が住んでいたのもこの街です。
残念ながらもう亡くなられていますが・・・
明日は溧陽へ移動の予定

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »