« 中国的おやつ | トップページ | 2016年、あけましておめでとうございます!! »

2015年、今年最後で最大の大チョンボ

今回の杭州行きは
12/26、関空9:00発の上海浦東行きの飛行機を予約、

LCCの春秋航空を使うのは初めて、ネット情報ではチェックインがすごく混むとのことだったので余裕を見て京都駅前4:30発の1番バスで行くことにした。家を出たのは午前3:40、家内に車で送ってもらって、往復のバスチケットを買って乗り込み空港に6時過ぎ到着。
絶対なくさないように首からシャツの下にぶら下げていたケースからEチケットとパスポートを取り出して見て愕然、顔面蒼白。。
なんと期限切れの古い方のパスポートを持って来てしまっていた。これでは出発できない。取りに帰っても片道2時間半は以上はかかる。どうすべえ!?
とにかく前に進めるしかない。チェックインカウンターで聞いてみたら12時過ぎの便が今のところ2席は空いてるが、ネット予約は締め切っているし自分らでは対応できない、10時過ぎに当日券販売カウンターが開いてから来てくれとのこと。家にTelしたら家内はまで居て、出勤途中京都駅のバス乗り場までパスポートを持って来てもらうことにして、京都駅前まで戻り、有効なパスポートを受け取ってまた空港へ逆戻り。最短時間で済んだ。
12時過ぎの便はまだ空席あって新たに購入、正規料金だと片道でも10万以上取られるのではと覚悟していたが、LCCの春秋航空は28000円だった。もともと予約していたのが早割の往復27000円チケットだったので、倍以上掛かったが、他の航空会社だと安くて往復5万ちょっと払ってることもあるので、まあ、こんな大失敗にしては安く済んだし、半日遅れで無事出発できたので良しとしなければしょうがない。
「アホやなあ』とあきれながらも最大限協力してくれてカミさんがこのときは神様に思えた。

なんでこんな大チョンボをやらかしたのか、よくよく考えたら
期限切れの古いパスポートは本来押し入れにしまっていたのだが、一月ほど前、10年くらい前に行った旅行がいつだったか確認するために見て、新しいパスポートを入れている机の引き出しに入れてしまった。2冊あれば気がつくのに、Telして家内に捜してもらったときなかなか見つからなくて、よく見たら引き出しの天板ところに引っかかっていたそうだ。自分は出発前に準備したとき、この引き出しには新しい有効なのしか入ってないはずと思い込んで良く確認せずにケースに入れて「これで準備OK!」としてしまったのだった。

出発前に「園芸JAPAN」のO編集長と別件で携帯でやり取りしたとき、笑いながらも「向こうではきっとすっごく良いことありますよ」との言葉に落ち込んでいた気分がちょっと元気を取り戻した。

飛行機は到着が遅れたため2時間弱遅れで出発、上海からバスとタクシーを乗り継いで杭州の宿に着いたのは夜の9時を廻っていた。「夕方には着く予定、着いたらTelする」とメールで連絡していたので、友人の趙さんは心配して何度か宿にTelしてくれていた。ネットをつないだらメールも2通届いていた。すぐTelしたら10時過ぎにもかかわらず宿までわざわざ来てくれて明日以後の行動予定を調整した。

|

« 中国的おやつ | トップページ | 2016年、あけましておめでとうございます!! »

コメント

新年好。セカンドベストも良いです。今年も楽しみにしております。

投稿: 雨天 | 2016/01/02 10:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/62977609

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年、今年最後で最大の大チョンボ:

« 中国的おやつ | トップページ | 2016年、あけましておめでとうございます!! »