« 棟上げ・・ | トップページ | 連載が始まったよ »

小屋その後

昨日8/29(土)に垂木を乗せました。ちょっとそれらしくなってきたかな!?
20150830lansha
左側の細い丸垂木は乗せただけ、
まだ固定はしてません。

今日は町内の親睦バス旅行、
来週は宋梅会の例会、
再来週は区民運動会、、、と
休日もフルには使えなくて完成まで
まだまだかかりそうです。

|

« 棟上げ・・ | トップページ | 連載が始まったよ »

コメント

台風が直撃しても御地の谷戸筋では、その程度の基礎で暴風が凌げる様ですねぇ!!!
当地では最悪屋根が飛ばされ、屋根が残ってもアンカーが無ければ、礎石から柱がずれ落ちてしまいますよ。
京の山裾にある寺社は、暴風の備えが甘いので、山に囲まれた地は風が吹き抜ける事が無い様ですねぇ!!!
周りを囲わないそうですが、食害防止ネットを張らないと、鹿に食べられチャイますよぉ!!!

投稿: 修学院 | 2015/08/31 10:35

なまじっか三方に壁を作ったりしなければ
少々の暴風は吹き抜けてくれると考えているのですが・・・
それに、壁で囲んだり地球にしっかり固定すると
固定資産税の課税対象となってしまいますんで、

もちろんネットでは囲います。

投稿: 中国蘭迷 | 2015/09/01 06:34

固資税課税対象の事は考えていませんでした、流石ですねぇ!!!
昔、在った2坪のガラス温室や物置は考えてもいなかったですが、厳密にはブロックの基礎でも課税対象になるみたいですねぇ!!!

投稿: 修学院 | 2015/09/01 07:59

檜皮葺四脚唐門の鹿小屋とは、別棟ですか?
そんなに広い敷地を使って、、例の森林伐採はこの為?

投稿: 儿 | 2015/09/01 14:09

こんな山の中の小屋なんて税務署に見つかりませんよ。bleah
それに、しっかりしない方法で固定し壁で囲わなければOK.lovely

投稿: puh | 2015/09/01 15:16

サライネンから、キュウカ展はここですね!

投稿: 儿 | 2015/09/04 16:39

奥方が嫌な顔をするでしょう。
箒を逆さに立て、ぶぶ漬けでも如何ですかぁ!!!
と言われても、意味のわからない人もいるでしょうから。

投稿: 修学院 | 2015/09/05 09:22

ぶぶ漬け、食べたいですねぇdelicious
山且には京料理は何でも魅力的。lovely

ところで、ぶぶ漬けってどんな料理ですかcoldsweats01

投稿: puh | 2015/09/05 19:49

そんな漬け物まで、出して頂かなくても・・delicious

投稿: 儿 | 2015/09/05 20:32

>キュウカ展
第5回まではミヤコメッセでやるつもりですが
その後はここでやるかな!?
   人数限定会員制秘密花会・・

>ぶぶ漬けなと・・・
そんな高級料理うちではよう出せまへん。。
お昼はヤマザキの出前(各自自費)です。
お茶(番茶)と茶菓子くらいは出させていただきます。

投稿: 中国蘭迷 | 2015/09/05 21:08

ぶぶ漬けは出してくれないという事なので、
ヤフオクで買って食べて見ようと探しまし
たが出品されていませんでしたcoldsweats02
ショッピングにも無かったweeppunch

投稿: puh | 2015/09/05 22:47

京都に住んで40年以上になるけど
実は私もまだ一度も食べさせてもらったことがありません。
マボロシの京料理です。
京都のことにはめっぽう詳しい相州の修さんなら知ってるかもしれません。

投稿: 中国蘭迷 | 2015/09/05 23:34

>まだ一度も食べさせてもらったことがありません。
“ごちそうさまです” !!! 「限定花会」を期待しています。
「蘭迷亭」のお披露目には、鎌倉名物“釜上げしらす”ならぬ、永谷園の“たらこ茶づけ”でもお持ちしましょうかぁ !!!

投稿: 修学院 | 2015/09/06 08:01

提案ですconfident
 ”せみさんごっこ”も結構だとは思いますが、

 「ぶぶ漬けの素」の商品化は如何でせうか?

中身はさておき、
 ウィットに富んだイラスト付きのパッケージと
 調理法付きのお洒落な包装が成功の肝。scissors
 数バージョン作れば行けそう。heart04

昨今はお上りさんも多いと聞きますし、東男から大量注、、

 PS.ロイヤリテイーは別途相談しませう。wink
 

投稿: puh | 2015/09/06 11:52

ちゃ~と 
商標やパッケージデザインも決めてから、発表しないと
そういう良いアイデアは・・・weep

投稿: 儿 | 2015/09/06 12:28

>ぶぶ漬けでも如何ですかぁ!!!
話があらぬ方向へ行きましたが、早くお帰り下さいの隠語です。

>ごちそうさまです
おのろけ、ごちそうさまですと言い直すと分かりますかぁ!!!

投稿: 修学院 | 2015/09/06 13:18

嘘から出た誠とゆうか、虚実の狭間をつくとゆうか。
パロデイ―として面白い商品になる鴨、と本気。
京都人をおちょくっている感じも悪くないし、おちょくられる
京都人も結構面白がるのではbearing
真面目な人は開発部長にして、社長は亭主を煽てて操っている(?)
**さんの奥さんかな?happy01

投稿: puh | 2015/09/06 14:10

カミさんに聞いた話では
子供の頃、親から
箒を逆さに置くのはお客さんに来るな、帰れという意味で失礼だからやっちゃいけない。掃く方を下に置くと穂先が痛むからダメ、
横に寝かすのも蹴躓くからやっぱりダメ、
柱の釘にぶら下げとくもんだと教わったそうです。

父親は砥石掘りをやっていたので
朝から茶漬けや味噌汁など汁物をご飯にかけて食べようとすると
ゲンがわるいとひどく叱られたそうです。
狭い坑道の奥深くもぐってカーバイドランプの灯りを頼りに仕事していると
外が大雨になってもわからないのだけど
突然湧水してきて何度か死にそうな目にあったそうで、
そのときの恐怖を思い起こさせるんだそうです。

投稿: 中国蘭迷 | 2015/09/07 06:37

新規事業は色々とリスクがありますから、やはり山師の血を引く
人材というのは得難く、天の声かもeye
湧水の敵はぶぶ漬けで、というのもお洒落winkshine

投稿: puh | 2015/09/07 13:11

由緒正しいぶぶ漬けは
おひつの底に残ったご飯かき集めて白湯(さゆ)かけて食べるんだそうです。
たらこや梅干しなど雑物入れるのは邪道。
としたら「ぶぶ漬けの素」は何を売ればいいんでしょ?
袋開けたらレシピ書いた紙切れだけ ではサギ食品と訴えられそうだし・・・

投稿: 中国蘭迷 | 2015/09/07 22:04

塩だったら入れても許されるかな!?
そんじょそこらの塩では御利益ないし、
信州イナの鹿塩♨だったか、馬塩♨だったか? の
湧水煮詰めて作った山塩使ったら高く売れそうだ・・

パッケージデザインは5輪ピックのエンブレムで話題のヒトだったら
たぶん今ヒマだろうし・・・

投稿: 中国蘭迷 | 2015/09/07 22:21

山塩を話し始めると、もう一山越えることになるので、
そんちょも竜巻鉢を見つけたようだから、またの機会に。
weep

投稿: puh | 2015/09/07 22:52

『ぶぶ浸け』で重要なのは、
本場の『ぶぶ』でしょ!
猪ノ尻から出る迷水を・・・

投稿: 儿 | 2015/09/08 00:25

ブッブー bleah

雨が続いて、、、、、再開。happy02
大鹿村の道の駅では煮詰めた「山塩」を販売中です。
山塩館という旅館は知る人ぞ知る山の宿。bottlespa
こう雨が続くと帰・・・・shock

投稿: puh | 2015/09/08 18:30

追伸
大鹿村には馬鹿塩、じゃなくて鹿塩という地区があり塩水が湧いています。
それを煮詰めた本物の山塩、・・・の筈。
遠州灘の海水が漏れてくるのかな?horsecapricornus

投稿: puh | 2015/09/08 18:41

>本場の・・
京都土産について言えば
原料は京都産でなくてもまったく没问题です。
鱈の干からびた棒ダラも鯖寿司のサバも塩昆布のコンブも京では採れません。

食べ物ではありませんが
祇園祭の山鉾の飾りにしても、地元に西陣織もあるし、
京友禅の浴衣の生地でも使ったらあの時期見た目も涼しいのに
なんで暑苦しい洋物のカーペット(正確にはタペストリ)なんぞぶら下げるんでしょうね?

投稿: 中国蘭迷 | 2015/09/08 20:51

>大鹿村
きっと地下に魔法の石臼が埋まってるんでしょうね。。

投稿: 中国蘭迷 | 2015/09/08 21:08

洋物のカーペットなんて暑苦しい京都の夏には
邪魔になったんじゃないのかな?despair
莚の代わりに吊るして使うしか無かったのかも。

蘭迷亭の屋台には何を吊るすんですか?

投稿: puh | 2015/09/09 19:30

園芸ジャパンの新連載拝見しました、これからの推移を楽しみにしています。

投稿: kumasann | 2015/09/12 22:32

kumasannさん:
早速見つけてくださりありがとうございます。
北関東は豪雨大変だったようですが
そちらは大丈夫でしたか?

投稿: 中国蘭迷 | 2015/09/13 05:52

関東と言いましても広いですからと、言いきりたいところですが、私の勤務先の部下の家が、常総市で床上浸水に成ってしまいました、浸水地図の上では一番下で、鬼怒川と小貝川がぐっと巾着の口の様に狭まったところでした。来週にはお手伝いに行かねばと。

投稿: kumasann | 2015/09/13 14:23

真了不起sun

投稿: | 2015/10/13 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/62186970

この記事へのトラックバック一覧です: 小屋その後:

« 棟上げ・・ | トップページ | 連載が始まったよ »