« 立秋? | トップページ | 棟上げ・・ »

西陣空襲

6日の広島に続いて今日8月9日は長崎原爆忌。

さて、新装開店した某園芸JAPAN誌、紙面も大きくなって写真迫力増し、毎号の特集もなかなか面白く充実してると思います。
ところで同誌6月号のO氏の記事中に「京都は太平洋戦争時空襲はありませんでした。これは米軍が京都の文化財を保護するために、あえて空襲を行わなかった・・・」という文(P79)がありましたがこれは実は真っ赤な誤解です。本文内容とは直接関係ないことだったのでそのとき敢えて指摘はしなかったのですが・・・
NishijinkusyuYamanakaaburaten
上の写真は京都のど真ん中、御所のちょっと西、二条城の北にある老舗の油屋さん(右)とそこに展示してある爆弾の破片(左)。

この油屋さん、私の勤めてる会社の老板(ラオパン)の本家スジにあたる家で、農地改革前までは大変な地主で、嵐山の桜を見るのに他所の土地をまったく踏まずに行けたそうです。このあたり、桃山時代からの節税対策で間口の狭くて奥行きの深いいわゆるウナギの寝床式の家屋が多い中で今でもずいぶん大きな間口したお屋敷です。

お話戻って空襲の話、京都でもここ西陣や東山、三菱の軍需工場のあった右京区などがB29の空襲を受けています。
ただ、東京や大阪・神戸など他の都市と比べると規模は大きくないのですが、その理由は「文化財保護」のためなどではなくて原爆投下の目標地として温存しておいたというのが真相。戦後公表された米軍資料では広島、長崎や小倉、新潟などとともに候補地に上がっています。三方を山で囲まれた盆地で人口100万を越える京都市は新型爆弾の破壊力を確認しやすいということで第一候補地だったようです。キリシタンがたくさん居て教会も多い長崎に落としているのに異教徒の神社仏閣が多い京都を保護とは「美しき誤解」です。

|

« 立秋? | トップページ | 棟上げ・・ »

コメント

なんだ、空襲があったのですか?!

σ(^^)も「無かった」と聞いて来・・・

投稿: 儿 | 2015/08/13 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/62047169

この記事へのトラックバック一覧です: 西陣空襲:

« 立秋? | トップページ | 棟上げ・・ »