« 庭のセッコク | トップページ | おだてりゃ »

へいへいほ~~

樵歌、鳥のさえずり、水の音、濡れたる小草、雲かかる松
                          橘 曙覧

地上から10数mあがると風がすごくさわやかです。

20150524asa20150524yugata
かあちゃんのやってる畑。杉の枝がかぶって日当たりのわるいところの野菜の出来がわるいということで、山主の許可を得て今日は朝から1日枝打ちしてました。
むかし岩登りで使ってたゼルバンやアブミ、カラビナが役に立ってます。
杉は外側は青々としてますが中の陽の当たらない部分の枝はかなり上まで枯れてます。昔は孫の代にお金になったそうですが今は安い外材のため手間賃にもならず、山はずっと手入れされず放置されてます。暗い林床は草もシダもまったく生えてなくて、ゴさんが来ても失望して帰るだけです。正直そんちょがポチ連れて来たらお宝の山かもしれません。このあたりは昔天然砥石採掘してたところです。

|

« 庭のセッコク | トップページ | おだてりゃ »

コメント

蘭迷さん凄いですねぇ!!!
梯子を掛けたのですか、ロープ1本でよじ登った訳でも無いでしょうがぁ!!!
高い所の枝まで綺麗に落とし、高枝切りじゃぁ届きませんよねぇ!!!

投稿: 修学院 | 2015/05/25 06:43

直径60cmほどのループにしたロープを幹に巻きつけてそれにアブミを二つと腰のベルトをカラビナで接続します。
体重をかけると締まってずり落ちることはありません。
複数のループのロープを交互にずらして上がり下がりします。
両手がフリーに使えて、剪定用鋸で枝を落としていくわけです。
プロは足につけた鉄の爪と腰のロープとでだっこちゃんスタイルでもっと簡単にやってるようです。

投稿: 中国蘭迷 | 2015/05/25 08:45

ランメイさんが、高~い木の枝に止まって活躍するお姿が想像出来ません。次回にはその画像もお願いします。上空から見た下界の様子もついでに見・・・

投稿: 儿 | 2015/05/25 14:45

中の枯れた色の木がアワレ!

投稿: 儿 | 2015/05/25 14:54

楽しみは 朝起き出でて 昨日まで
日陰の畑に 朝日射すときsun
     橘 朱美

投稿: puh | 2015/05/25 18:01

悲しみは 朝起き出でて 忘れてた
我が歳数える 筋肉痛

投稿: そんちょ | 2015/05/26 08:21

あはっ、
歳のせいということでもないでしょうけど
普段使ってないとこけっこう使ったみたいで
翌日から3日間ほどは全身筋肉痛です。

投稿: 中国蘭迷 | 2015/05/26 12:32

アケミちゃんの歌では
たてがみをとらへまたがり裸馬を 吾嬬男子(あづまおのこ)のあらなずけする
ってのもありましたね。
こんどイノシシでやってみようかしらん。。

投稿: 中国蘭迷 | 2015/05/26 12:37

イノシシに跨るのは「鞍馬の金時」みたいでカッコイイlovely
益荒男振り 期待してます。
朱美ちゃんはどちらかと言うと、草食系みたい。

投稿: puh | 2015/05/26 20:15

悲しみは 今朝起き出でて 昨日より
一昨日の疲れ 強くなる時 bleah 

投稿: puh | 2015/05/26 20:56

>草食系
アケミちゃんに限らず、文明開化以前の日本人はみんな肉食系ではなかったみたいですよ。
もっともウサギは鳥なので美味し、美味しといって食べてたらしいけど・・

投稿: 中国蘭迷 | 2015/05/26 22:10

>鞍馬の金時
なんか混線してません?
金時といったら宇治ですよ!
鞍馬は牛若丸にチャンバラ教えた天狗が有名・・
鞍馬苔は猪ノ尻山にも生えてます。

投稿: 中国蘭迷 | 2015/05/26 22:57

迷さんは鞍馬の方に住んでいるのかと。
*型が金時風?!!!!!!smile
そう言えば、今日なんかは金時日和でしたねdelicious

投稿: puh | 2015/05/27 20:10

「兎 美味しい 科の山」って九州だったんですね!!think

投稿: puh | 2015/05/27 20:15

鞍馬は御所からみればほぼ真北 子の方角、当地は戌とだいぶ違うんですけど、
puhさんところから見ると
宇治も鞍馬も高雄も鉛筆で引いた線の幅内、差不多なワケですね。

投稿: 中国蘭迷 | 2015/05/28 12:40

春に高速バスで京都へ行ったんですよ。
兎も角、西の方角。coldsweats02
深草のバス停、なんて言うから、どんな深窓の美女に会えるのか?happy01
と思ったらド不便なバス停には吃驚。crying
鬼門ですなpunch

投稿: puh | 2015/05/29 19:51

草深~い草むら捜したら美女の髑髏に出会えたかも・・
昔は鴨川より東は葬送の地、
疫病が流行ったりするとまだ生きてる死体を鴨の河原や羅生門の外あたりにうち捨てたそうです。

投稿: 中国蘭迷 | 2015/05/29 21:45

美女の髑髏ってゆうと、風が吹くと”アナ アナ”とか音がするって言う髑髏ですか?think

投稿: puh | 2015/05/29 22:54

>まだ生きてる死体

・・・・ぞんび?

投稿: ル | 2015/05/29 23:49

深草って、
小野小町への百夜通いで有名な深草少将と関係あるのかな?
小町も行き倒れて野晒しの髑髏になったそうだしsweat02

投稿: 儿 | 2015/05/30 00:13

こう言う、品の良い話は江戸っ子の出番!?と期待していました。
やっぱし~。深草の少々lovely

投稿: puh | 2015/05/30 06:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/61640075

この記事へのトラックバック一覧です: へいへいほ~~:

« 庭のセッコク | トップページ | おだてりゃ »