« 寒山・拾得・・??? | トップページ | 寒蘭展 »

寒川再訪

11月2日、都城高専の同窓会が終わった後、レンタカーを借り、ひとり中学まで過ごした西都市へと向かい、3年前訪れた今は廃村になっている寒川へ行ってみました。
20141102sabukawa0120141102sabukawa0220141102sabukawa03

一ツ瀬川の支流三財川沿いの林道を進み、川が二手に別れるところに車を置いて、ここから30分ほどつづら折れの坂道を歩いて登っていくと寒川集落跡に着きます。
20141102sabukawa0420141102sabukawa0520141102sabukawa06
20数年前に最後の数軒の年寄りたちがここを離れ、400年ほど続いたこの村の歴史は閉じられましたが、最盛期には50数戸、200人を越える人が暮らしていたそうです。今は杉林になってるけど階段状に石垣が組まれ、平らになってるところも昔は家が立ち人が住んでいたのでしょう。すっかり朽ち果てた人家の間を通り抜けて石段を登ると小中学校の分校跡があります。
20141102sabukawa0720141102sabukawa0820141102sabukawa09
校庭には卒業生が作ったものでしょうか、モニュメントがいくつか。
シダの原っぱになった運動場。中3の夏休み、生徒会の役員と顧問の先生達と「幹部訓練」と称してこの分校でキャンプをし分校の生徒や村の人たちと交流したことがあります。夜はこの運動場でキャンプファイヤーを焚いたけど、そのころはこんなに木が茂ってなくてもっと明るかったと記憶してます。
20141102sabukawa1020141102sabukawa1120141102sabukawa12
運動場の奥から小道をさらに20分ほど登って尾根の鞍部に出てそこから左に登ると天神さんがあります。途中に村の共同墓地だった跡もあります。3年前に来たときはこの登り口が分からず時間切れで引き返したのでした。境内には石の水路記念碑が立っています。
20141102sabukawa1420141102sabukawa1520141102sabukawa13
今は人は住んでないけど曾て住んでいた人たちは時々は訪れているのでしょう。3年前、正月に来たとき、学校の下の広場の祠には真新しいしめ縄、紙垂(しで)と榊が飾られてありました。
時計を見ると午後2時、もう下りないと夕方のフェリーに乗り遅れたら大変です。
昼ご飯を食べてなかったので急に腹が減ってきて、途中アケビがなってるのを見つけて樹に登りたぐり寄せてみましたが山の鳥に食べられたか、中はみんな空っぽでした。
20141102sabukawa1620141102sabukawa1820141102sabukawa17
谷川の水を飲んで車に戻り宮崎港へと急いだのでした。


|

« 寒山・拾得・・??? | トップページ | 寒蘭展 »

コメント

立派な石段の奥に石垣が見えるので、分校ではなく、神社か山城でしょうか?

投稿: 儿 | 2014/12/09 15:25

答え(続き)は今晩また・・・

投稿: 中国蘭迷 | 2014/12/09 16:05

山の中腹の斜面にある村なので宅地など平坦なところの谷側はみんな立派な石垣になっています。

投稿: 中国蘭迷 | 2014/12/09 17:06

妖怪が出ても不思議では無い雰囲気があり、
映画のロケ地にでも使ったら面白そう。
ところで、蘭は発見出来ましたか?

投稿: 儿 | 2014/12/09 23:30

かって大勢の人間で賑わっていたところが無人になると、もともと人が居なかったところとは違う、一種独特の雰囲気が生まれますね。
妖怪には出会いませんでしたが、ガマガエルとカンタロミミズ(蛇かウナギみたいにでっかいミミズです)に出会いました。
蘭は見かけませんでした。
子供の頃は山でよく遊んだものですが、三財地区では寒蘭やエビネは見た記憶がありません。春蘭やキンランなら家の近くにいっぱい生えていて、四,五歳頃でもはっきり覚えているのですが・・。

投稿: 中国蘭迷 | 2014/12/10 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/60781752

この記事へのトラックバック一覧です: 寒川再訪:

« 寒山・拾得・・??? | トップページ | 寒蘭展 »