« へん ぴやおりやん。。 | トップページ | 東京さ行ぐだ。。 »

目下の九花

4/20(日)、花芽の伸びている九花を10数鉢、肥料できたなくなってる表土を新しい化粧土に換え、黒く痛んだ葉先をハサミで散髪して、座敷に並べてみました。
201404209hua01201404209hua02
よく伸びている鄭孝荷、赤殻素が小排鈴から大排鈴に向かう状態、まだほとんどは花茎を葉上に出すに至っていません。中国に行く1週間前に教室に持って行った大一品は19日既に咲いていました。我が家ではやっぱりゴールデンウイーク後半が見頃のようです。温度にして3、4℃の差なんでしょうが・・・・。

桜が散り始めたころから日中でも20℃を越えない肌寒い日が続いて、一花もまだ大半が健在です。4/23の朝撮り・・・
・    宋梅         楊氏素         嘉隆          逸品
20140423songmei20140423yangshisu20140423jialong20140423yipin
開花して一ヶ月も経つとだいぶ落肩にはなってきますけどね。。

|

« へん ぴやおりやん。。 | トップページ | 東京さ行ぐだ。。 »

コメント

>温度にして3、4℃の差

3~4℃だと標高差で500~600mの場所ですが、
市内と蘭メイ邸とはせいぜい100mのはず。
そこの近所にsnowコールドスポットがあるのかな?

投稿: 儿 | 2014/04/23 12:22

市内は道も建物もアスファルトやコンクリートばっかりだしエアコンや車の排熱の影響も大きいでしょうね。
我が家は山間地でおまけに山の北側でお日さんがあまり当たらないし。。

投稿: 中国蘭迷 | 2014/04/23 13:23

この辺りでも太陽がサンサンと当たる東南向きのバルコニーで
ビニールで囲まれた置き場があれば
2~3週間は早く咲かせることができるだろなと思います。

投稿: 中国蘭迷 | 2014/04/23 14:30

市内でも駅前と北山通は雪が舞うほど違いますし、緯度は北山通と同じでも、福王子から御経坂峠へ向かう途中ですから冬は寒いのでしょうねぇ!
家では外の棚は南向きで陽当たり抜群なのですが、却って陽当たりの悪い寒い室内に置いた方が、遅咲きになって良いのかも知れません。
今度の冬は試しに半々に分けて冬越しさせようかと思います。

投稿: 修学院 | 2014/04/23 15:55

うちでは、昨日で大体咲きそろいました。昨年は中国から帰った時に満開だったので、今年は1週間ほど遅かったことになります。これだと5月連休の展示会でも大丈夫なんですけどね。
人里に下りていった大一品が2週間ほどで開花したということは、4月半ばまで山篭り状態にすることが出来れば5月に開花を合わせられるということなんでしょうが...さてどうしたものか、蘭に相談してみます。

投稿: m's ran | 2014/04/23 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/59515848

この記事へのトラックバック一覧です: 目下の九花:

« へん ぴやおりやん。。 | トップページ | 東京さ行ぐだ。。 »