« 鬼が泣こうが笑おうが | トップページ | 九花の花芽 »

蓮 瓣

昼間の気温が20度を越えるようになると蓮瓣蘭が咲いてきます。
江南の翠綠色の春蘭とはずいぶん趣がちがいます。
        1                2                 3
20140406lianban0120140406lianban0220140406lianban03
大雪素(No.5)はいつもけっこう早くて3月中旬には咲くのですが今年はなぜか遅れてます。No.4は春剣です。
.       4                5                 6
20140408chunjian20140406lianban0520140406lianban06
最近は奥地蘭でも兜のある花やまん丸の荷花瓣花など色も形も面白い品種がたくさん選別されていますが、私は蓮瓣に関しては90年代ころに入ってきた落ち着いた普通の花型が好きです。欲を言えば、葉色の緑がもう少し濃くて、花色が開花末期にも濁らず、寒さ暑さにもう少し強かったらなあと思います。

|

« 鬼が泣こうが笑おうが | トップページ | 九花の花芽 »

コメント

蘭バブル前の蓮弁蘭や朶々香は野性味と蘭らしい品格が調和していて大好きです。大雪素などはそろそろ「老」を冠してもいいのではないでしょうか。新しいのは追いかけるのは疲れますね、財布も気持ちも。

投稿: suzuki | 2014/04/09 21:33

>追いかけるのは疲れ・・・
そうですよね。
新しいのは他所のを見せていただくだけにして
今持ってるのを納得のいくように咲かせることに専念したいなあと思っています。これがなかなかうまくいきませんが・・・

投稿: 中国蘭迷 | 2014/04/10 06:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/59430676

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮 瓣:

« 鬼が泣こうが笑おうが | トップページ | 九花の花芽 »