« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

お江戸の九花展

報告が遅くなりましたが、4/26、27とお江戸 阿佐ヶ谷の九花展に行ってきました。
20140426huiyunhui
大阪からのm’s ranさんと合流して待つこと約2時間、開展すると続々と見知った蘭キチ達が集まり賑やかです。
話題の老品種、最近入ったばかりの新花など、面白い品種をたくさん見せていただくことができました。
日本では数少ない九花ファンがこんなに大勢集まるとはうれしく、また羨ましいかぎりです。

続きを読む "お江戸の九花展"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京さ行ぐだ。。

日本の新幹線に乗れるほど富裕層ではないので今回も夜光バスでの往復です。
20140414wuxi
明日朝6時お江戸八重洲口着。
阿佐ヶ谷は何時からだったっけ?
帰りは4/27の22:30東京初-4:35京都着
丸2日、どう過ごすか?!
久々の某S園芸、師匠の墓参り、古書店巡り・・・
着いてから考えよ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目下の九花

4/20(日)、花芽の伸びている九花を10数鉢、肥料できたなくなってる表土を新しい化粧土に換え、黒く痛んだ葉先をハサミで散髪して、座敷に並べてみました。
201404209hua01201404209hua02
よく伸びている鄭孝荷、赤殻素が小排鈴から大排鈴に向かう状態、まだほとんどは花茎を葉上に出すに至っていません。中国に行く1週間前に教室に持って行った大一品は19日既に咲いていました。我が家ではやっぱりゴールデンウイーク後半が見頃のようです。温度にして3、4℃の差なんでしょうが・・・・。

続きを読む "目下の九花"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

へん ぴやおりやん。。

           2014江蘇省(靖江)九花展見聞記(その1)

4/12~13江蘇省靖江市で行われた九花展を見てきました。
やっぱり間近に生で見るのが良いですね。。
      地元テレビ局の取材           素心新花        端梅
20140412jingjiang0120140412jingjiang02_xinsuxin20140412jingjiang03duanmei
陳学祥さんは「どうだ、今回の展示会ではこの素心(↑)が1番だろう!」と言ってましたが、陳さんの端梅もなかなか、これで開花後ちょうど丸一ヶ月経っているそうですがそのどうどうとした風格はちっとも衰えていません。

続きを読む "へん ぴやおりやん。。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年の九花展

日本ではこの四つくらいでしょうか?

○ 蕙蘭/一茎九華展 中国愛蘭会
     ・ 4/11(金)~4/13(日)
     ・ RSKバラ園 岡山市北区撫川1592-1
        (注:ここでいう蕙蘭はシンビの柄物のこと)

○ 一茎九華展 東洋蘭九華展実行委員会(業者さん主催?)
     ・ 4/18(金)~4/20(日)
     ・ 上野グリーンクラブ 台東区上野公園3-42

○ 一茎九華展 蕙雲会 
     ・ 4/26(土)~4/27(日)
     ・ 阿佐ヶ谷区民センター 杉並区阿佐谷南1-47-17

○ 一茎九華展 富山県愛蘭会
     ・ 5/4(日)
     ・ 北山ナーセリー富山 富山市有沢180

阿佐ヶ谷と富山には私も行ってみようと思っています。
岡山のも今年は土日やってるんで行ってみたかったのですが残念ながら靖江の展示会とダブってしまったので行けません。

中国では3月末から4月中旬にかけて蘇江を中心に各地で開催されているようです。
4月初めに河南省鄭州で行われた全国展もほとんど九花展だったようです。
私は明日から無錫の北約50km、長江北岸の靖江で行われる江蘇省展を見に行ってきます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

九花の花芽

暖かい地方ではすでに咲いているところもあるようですが我が家の九花はこんなところです。
       程 梅             元 字             解佩梅
20140406chengmei20140406yuanzi20140406jiepei
先週の土曜日チェックしたところではジジババ5鉢を含めて30種、45鉢に花芽が合わせて108本上がっていました。
.      極 品            翠定荷素            赤殻素
20140406jipin20140408cuidinghesu20140406chikesu
株を疲れさせないために咲いた花を早めに切り取るという人が多いようですが、こと九花についてはどうなんでしょう?我が家では去年咲いた花茎はすべてカラカラに枯れるまで付けたままにしていますが、子吹きもいいし花芽も着くやつは毎年けっこう着いてくれます。要は植え替えに気を付け、活着したら肥料をしっかりやることだと思うのですが・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

蓮 瓣

昼間の気温が20度を越えるようになると蓮瓣蘭が咲いてきます。
江南の翠綠色の春蘭とはずいぶん趣がちがいます。
        1                2                 3
20140406lianban0120140406lianban0220140406lianban03
大雪素(No.5)はいつもけっこう早くて3月中旬には咲くのですが今年はなぜか遅れてます。No.4は春剣です。
.       4                5                 6
20140408chunjian20140406lianban0520140406lianban06
最近は奥地蘭でも兜のある花やまん丸の荷花瓣花など色も形も面白い品種がたくさん選別されていますが、私は蓮瓣に関しては90年代ころに入ってきた落ち着いた普通の花型が好きです。欲を言えば、葉色の緑がもう少し濃くて、花色が開花末期にも濁らず、寒さ暑さにもう少し強かったらなあと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鬼が泣こうが笑おうが

またやります。来年京都宋梅会の一茎九花展

      ○ 2015年 4月30日~5月4日
      ○ 京都市勧業館 みやこめっせ 美術工芸ギャラリー にて

昨日、会場を予約して来ました。

続きを読む "鬼が泣こうが笑おうが"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »