« 個々の花から(一) | トップページ | 宋梅开错了·· »

個々の花から(二)

       2014浙江省第十二届(漓渚)兰花博览会 見聞記(その5)

つづき、いきます。

.       31                32                33
Img_2841Img_2846Img_2819
No.32の「神話」はなかなか好いなあと印象に残った荷花瓣新花です。
会場でもらった雑誌『国蘭』の1月参考価格表を見ると条30000~45000元となってます。数年前までこれくらいの値段してた知足素梅や江南雪はみんなが頑張って増やしたので100元前後です。(今1元≒17円)
でも知足素梅はやっぱり好い花ですね。
.       34                35                36
Img_2886Img_2307Img_2816
旧名品や、新花でも数の増えたものはだいたい100元前後。老十円、瑞梅、翠蓋なんかは30~60元。今や小中学生でもお小遣い貯めて買える値段です。
小学生蘭展なんてやったら面白いかもしれません。いや、やってるかも・・

.       37                38                39
Img_3135Img_3319Img_3022
「廿七梅」の“廿”はniàn(ニイエン)と読み20の意味、“十”を横に二つ並べた字形で,金額を書くときに改竄(かい ざん)防止のために用いる文字です。この花を見出した棠棣の孫廿七さんに由来する銘ですが日本語だとニシチバイ、またはニジュウシチバイとでも読んどけばいいと思います。日中間では人名、地名など固有名詞の漢字はお互いに自国の読み方で発音すれば良いことになっています。

No.40の寧波水仙の首から出てる子供はこの花の芸というわけではありません。代咲きでもないけどこんなのたまにありますね。
.       40                41                42
Img_2838Img_3085Img_3001
No.42はシンビの蘂蝶(三舌)花。奇花は相変わらずたくさん有ったけど、びっくりするような変わったのは見かけませんでした。
.       43                44                45
Img_2088Img_2670Img_2237
翠蓋蝶も居ました。。ピンぼけでゴメン・・・ 
.       46                47                48
Img_2634Img_2361Img_3208
No48春酔桃は酔っ払ってへべれけになってるみたいな咲き方です。
.       49                50                51
Img_2036Img_2080Img_2432
こっちの人は日本の日本春蘭のベテランがやるようなテクニックを駆使した咲かせ方というのはあんまりやってないようです。
.       52                53                54
Img_2178Img_2837Img_3328
数は少ないけど奥地蘭ファンもいます。豆瓣ばっかり数点出品してる人もいました。
.       55                56                57
Img_2389Img_3243Img_2125
でも奇花ファン多いな。 
.       58                59                60
Img_2507Img_2865Img_3052
30単語ほどでは会話長続きしないんで家でこれまでに咲かした花の写真を少しファイルして持っていきます。ある蘭苑のブースでZhaoさんらとお茶頂きながら見せていると円梅の写真を見て老板が「これは永豊梅だ。これがほんとの元梅だ」と展示棚から降ろして見せてくれたのがNo.61です。(円(圓)と元は中国ではyuánと同じ発音で、元々の意味はちがうけど互換性がけっこうあります)
.       61                62                63
Img_3342Img_1994Img_2006
「祥字」についても「これは祥字とちがう。独秀だ。荣祥梅ともいう」と言われました。
日本で「祥字」として伝わってる品種が「独秀」と同じものだということは2年前の寧波の蘭展で確認しています。
実は中国で「祥字」と言われているものがどんな花なのか実物を確認するのも今回紹興蘭展に来た目的のひとつだったのですが残念ながら会えませんでした。
この件については長くなるのでまた別途書きます。

まだまだたくさんあるのですがピンぼけだったり、うまく撮れてないものが多くて、個々の花画像はここまでとします。

現地に行くと同じ品種をたくさん見ることができます。作者によってずいぶん花容が違って見えて、これが同じ品種か?けどよく見ると同じだなと分かったりします。私も比較的品好く咲いた(撮れた)画像をアップしていますが、個人的には咲き始めやくたびれた花など鑑賞にはどうかと思うような画像が勉強になったりします。
ネット上の画像はよく咲いたいい画像しか出てこないのでだまされないよう気をつけましょう。

|

« 個々の花から(一) | トップページ | 宋梅开错了·· »

コメント

同じ漢字圏なので、日本でも20が「廿」で、30が「卅」又は「丗」とかは使いますね。

投稿: 儿 | 2014/03/06 14:20

「廿」、「卅」は日本でも使われてるんですか!?
知らなんだ。算数の時間にも国語の時間にも習いませんでした。

投稿: 中国蘭迷 | 2014/03/06 15:10

古い大福帳や小紋女で・・・・

投稿: 儿 | 2014/03/06 16:09

神話まるいなぁ!
日本でも増えた品種はもう少し
ビギナー向けに安くしてほしいな。
オークションではなく、店頭で。
それもヒョロヒョロのじゃなく
まずは花付きで。
ビギナーさんはヒョロヒョロを
育て上げられる前に
枯らす可能性が高いでしょうから。。
いまの若い世代って蘭の先輩たちが
思ってる以上にお金使わない、、
というかお金ないひと多いので。

投稿: ユンナン | 2014/03/06 21:55

ホームセンターに出る東洋蘭は品種も限られているし、花芽がないものが多い。クリスマスローズぐらいの値段で中国蘭の銘品の蕾つきが並ぶといいですね、でも日本で売れるかなあ。
思い起こしてみると本当に蘭好きになったきっかけはやっぱり花が咲いた老種を買い求めてからでした、翠一品、天興梅…もう40年近く作ってるんですね。

投稿: suzuki | 2014/03/07 23:21

No.61の「ほんとの元梅」好いなぁ。
ホームセンターに花着きで並んでいたら、即買いですlovely
私は匂いフェチなもんで、香りから蘭の世界にはまったようなものです。そっちの方からアプローチしたら売れないかなぁ。

投稿: m's ran | 2014/03/08 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/59243938

この記事へのトラックバック一覧です: 個々の花から(二):

« 個々の花から(一) | トップページ | 宋梅开错了·· »