« 北朝鮮にも | トップページ | 2014中国春蘭(一花)の花芽(その1) »

蘭趣味の王道

沐斋さんという画家が若者達に伝統蘭文化、蘭蕙の鑑賞について語っています。

|

« 北朝鮮にも | トップページ | 2014中国春蘭(一花)の花芽(その1) »

コメント

ありがとうございます♪
職場のWi-Fiで見させていただきます。

投稿: ユンナン | 2014/02/12 02:00

なぜ梅瓣なのか、水仙瓣なのか、、そんな花型を良しと選別してきた文化的背景を説明してるところが面白いと思います。
私のところでは夜は回線が混雑してるのか、ぶつ切れでうまく見れません。昼間は比較的スムーズに見ることが出来ます。
初めの数分、CM?が入ることがあります。

投稿: 中国蘭迷 | 2014/02/12 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/59101472

この記事へのトラックバック一覧です: 蘭趣味の王道:

« 北朝鮮にも | トップページ | 2014中国春蘭(一花)の花芽(その1) »