« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

紅紅串串香

       2014浙江省第十二届(漓渚)兰花博览会 見聞記(その2)

紹興に着いた初日に食べた晩飯はここでこんなんでした。
20140221shaoxing0320140221shaoxing06
部屋に荷物を置いた後フロントのお姐ちゃんに「この辺で晩ご飯のおいしいとこない?」と聞いたら「あっちにあるよ」と指さすその方向に歩いて捜したのですが大通りにはレストランはほとんど見当たらない。中国で食い物には妥協したくない。やっぱりちょっと裏通りだろな。と夜の街を歩き回って探し当てたのがここ。重慶料理だそうで入り口のに並んでる食材を洗面器みたいなステンレスの鍋に自由に取り、カウンターに持って行くと料理してくれます。「辛さは?」と聞かれるので「普通で」と答え席に着いて待ちます。ビールと米飯込みで40元ちょっと。味も大当たりでピリ辛でなかなか美味しかった。
しかし宿に戻ろうとすると、方角がわからない。目印に覚えていた高い銀行のビルをようやく見つけたがどっちから見たか記憶が定かでない。同じ所を三回ほど通ったり、うろうろ捜してなんとか宿に着いて、歩数計を見るとこの日はなんと22000歩ほど歩いていました。
翌日紹興の地図を買って確認したら、昨夜は道行く人に尋ね尋ねし、かなり宿に近づいていたのに100mほど手前で右に行ったり左に行ったりしていたようです。

続きを読む "紅紅串串香"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

夢江南

       2014浙江省第十二届(漓渚)兰花博览会 見聞記(その1)

2/21~24、紹興漓渚鎮で行われた春蘭展を見てきました。
3日間泊まったホテルはここ、紹興市内の魯迅故里の対面に在り、ロケーションは抜群、名前も良い。
20140221shaoxing0120140221shaoxing02
電脳付きで1泊200元、ネットで予約しました。ネット上の利用者の口コミでは満足86%、不満足14%。不満の内容を見ると「フロントの服務員の態度が悪い」とか「隣室の音がうるさい」「トイレが臭い」などとありちょっと心配しましたが、泊まってみるとそうでもない。広い清潔な部屋で、服務員も4☆、5☆のように訓練はされてないけどこの値段ならこんなもんでしょう。

続きを読む "夢江南"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

展示会の季節

我が家の蘭が咲き出すのはまだ1月ほど先のお彼岸頃だけど
世間はもう展示会の季節ですね。
中国蘭が一同に見られるとなるとどうしてもお江戸近辺が多いですね。
京都宋梅会は今年も休みなので関西では多分ひとつもない。
いくつか案内を頂いているのから

○ 世界らん展日本大賞2014 
     2/15(土)~2/23(日)
     東京ドーム

○ 中国蘭展示会
     2/18(火)~2/23(日)
     場所:神代植物公園
     芳華会

○ 東洋蘭展示会
     2/20(木)~2/24(月)
     阿佐ヶ谷区民センター
     宋梅を楽しむ会

○ 中国奥地蘭展示会
     3/1(土)~3/2(日)
     熊谷市緑化センター
     北関東中国奥地蘭同好会

○ 中国奥地蘭展 
     3/4(火)~3/9(日)  
     日中友好会館美術館
     中国奥地蘭協会&書峰会

世田谷の すすき園芸でも新旧の中国蘭がたくさん見られるだろうと思います。

どれもちょっと覗いてみたいのはヤマヤマなのだけど途中で大雪でバスが立ち往生すると困るので今年は

続きを読む "展示会の季節"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2014中国春蘭(一花)の花芽(その2)

16日の日曜日に撮った花芽の続きでもアップすることにします。
今回もとくに珍しくもない老種ばっかりですが・・・
(梅仙荷素と順に分類すればいいのですがめんどうなので以下順不同で)
       天 綠             老代梅             汪 字
20140216tianlv20140216laodaimei20140216wangzi
.      瑞 梅             宋 梅             賀神梅
20140216ruimei20140216songmei20140216heshenmei

続きを読む "2014中国春蘭(一花)の花芽(その2)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あか しろ きいろ

もうちょっと暖かい陽射しがあれば開きそう・・
  クリスマスローズ(チベタヌス)      ユキワリイチゲ         フクジュソウ
20140216chibetanusu20140216yukiwariichige20140216fukujuso
色花はやっぱり山野草がきれいです。
あえて東洋蘭に求めなくても・・・と最近思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今どきの杭州

世間よりだいぶ遅れて咲いた我が家の杭州。
よれよれ咲きですけど、でも日中はいい香りしてます。
20140216hangzhou0120140216hangzhou0220140216hangzhou0320140216hangzhou04
ちょっとはシャキッとするかなとトレハロースを噴霧してみたけど、やっぱダメですね。

続きを読む "今どきの杭州"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014中国春蘭(一花)の花芽(その1)

春蘭(一花)の花芽を1日ながめていました。
“?”の付いてないものでも?なのがあるかもしれません。間違いなどお気づきの点ありましたらご連絡下さい。ともかく毎年蕾、芽出しの状態からじっくり観察し、記録にとっていこうと思っています。
       西神梅            西湖梅?            鶴市?
20140211xishenmei20140211xihumei20140211heshi
上の「鶴市?」はまず「桂円梅」。本物の鶴市は果たして日本に来たことがあるのかどうか・・・?
.       逸 品            萬 字            紅龍字
20140211yipin20140211wanzi20140211honglonzi
.       栄 字            望京梅            天興梅?
20140211rongzi20140211wangjingmei20140211yuanliangmei
「栄字」と「望京梅」は北陸にあったもの。確かに古い文献に名前は載っていますが写真がない。どんな花が咲くやら・・?
この「天興梅?」はほとんど円良梅咲きして、ネット上や各地の展示会ではときどき「西湖梅」とか「秦梅」とかいろんな名前で見かけます。
.       祥 字            独 秀             蔡仙素
20140211xiangzi20140211duxiu20140211caixiansu
日本で「祥字」として伝わっているものと中国で「独秀」あるいは「栄祥梅」といわれているものはどうやら同じもののようです。中国で「祥字」といわれてるものの正体を今度見届けてこねば・・・
.     萧山蔡梅素          翠桃(赤茎)           翠桃?
20140211xiaoshancaimeisu20140211cuitaochi20140211cuitao
「萧」とはヨモギのこと。萧山は杭州と紹興の間にある街ですが昔はきっとヨモギの生い茂る寂しいところだったんでしょうね。桃瓣とは外三瓣の形を桃の花びらではなく桃の実に見立ててるんだそうです。梅・仙・荷の分類では梅瓣になります。

あれ、宋梅の写真がない。。7鉢ほど花芽の着いてる株があるのに・・
まだ1/3ほどしか写真撮ってません。続きはまた・・・

| | コメント (20) | トラックバック (0)

蘭趣味の王道

沐斋さんという画家が若者達に伝統蘭文化、蘭蕙の鑑賞について語っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北朝鮮にも

山には蘭は生えてるんだろな・・
蘭を栽培してる人はいるんだろか??

  北朝鮮にも美女がいる、喜怒哀楽の営みがある 写真家は迫った

         初沢亜利さんの写真集「隣人。38度線の北」(徳間書店)

こんど書店で捜して見よ。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »