« つめあと | トップページ | 花と蝶とトンボ »

豪華に咲いてくれるかな!?

4.5寸のプラ鉢に窮屈に植わってた広葉蓮瓣(無名)と大雪素を植え替えました。
この鉢ならあと4、5年はほっといても大丈夫です。
20131005lianban
大雪素も広葉蓮瓣の一種だけど、洋蘭のシンビジウムと比べるとやっぱり細葉です。
用土は

右上の大雪素が中~小粒の鹿沼に洋蘭用バークを2割程度混ぜたもので、今春から九花で試してみてわるくはないように感じています。(クラマゴケの生育は鹿沼+焼き赤玉よりかなりよい)今回は洋蘭用バーク100%も試してみました。
蓮瓣でも豪華に花が咲いてくれるかな!?
20131005bark0120131005bark02
でもこのバーク、12㍑で1200円もするので九花の大鉢に単用で使うのはちときつい。よっぽど成績がよいというのでなければ鹿沼で増量したほうが経済的です。

大雪素は半分、宋梅会の仲間のところにお嫁に行きました。

|

« つめあと | トップページ | 花と蝶とトンボ »

コメント

寒蘭用とも違い、一茎九華にちょうど良いプラ鉢ですねぇ!
縁の径は何㎝あるのですか?
made in Japanに此の様な鉢がありましたか。
菊鉢とも違いますよねぇ!

投稿: 修学院 | 2013/10/07 23:54

230φx300h、黒柚子肌の陶器製です。
たぶんmade at Shigarakiでしょうか?
底穴は楽鉢同様でかくて、洋蘭用に作られたものだと思います。
同じ高さで口径のもっと大きいものもあります。
値段は1600円くらいだったか、九花を始めたころによく使っていたんですが、
胴長で底の深い鉢は調子のよいときはどうもないのですが、突然バタバタと調子をくずして大株をダメにすることがよくあって、数年で使うのを止めました。
おそらく乾きにくくて夏に蒸れやすいのが原因だと思っています。

投稿: 中国蘭迷 | 2013/10/08 12:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/58326975

この記事へのトラックバック一覧です: 豪華に咲いてくれるかな!?:

« つめあと | トップページ | 花と蝶とトンボ »