« おつかれさ~ん | トップページ | 京都宋梅会の九花展から »

老同学

三重、岐阜、山科、滋賀から駆けつけてくれた小・中学時代の同級生
20130505laotongxue
昨年正月の還暦同窓会で45年ぶりに会い住所を知ったので「こんなことやってるよ」と知らせるつもりで案内状を出したのですが、まさか来てくれるとは思ってもいませんでした。

ランチタイムのひととき、タイムスリップして宮崎弁で昔話に花を咲かせました。

みんな、今は孫が小・中学生・・・

|

« おつかれさ~ん | トップページ | 京都宋梅会の九花展から »

コメント

九花展はお天気にも恵まれたようですね。丸っこい蘭鉢は太倉や蘇州の花卉市場ではよく見かけるのでしょうか。安定感があって倒れにくそうです。

投稿: 雨天 | 2013/05/06 12:59

雨天さん:こんにちは
背の低い丸い鉢は、綠釉のは広東、朱泥と白泥のは宜興で3~40年前に作られたものです。
今は中国でも日本の影響か、胴長の蘭鉢が多いのですが、私は、蘭にとっては昔タイプの浅広鉢のほうがよくできるし、似合うように思います。

投稿: 中国蘭迷 | 2013/05/06 19:11

「安定感があって倒れにくそう」な広東・宜興

九花とはよく似合ってますよね。

なぜか蘭迷さんとも・・・

投稿: 儿 | 2013/05/06 21:30

たくさん運ぶと腰が痛くなるのが欠点といえば欠点です。。

投稿: 中国蘭迷 | 2013/05/07 06:20

中国蘭迷 様、m's ranさん、岡崎“みやこめっせ”での一茎九華展お疲れ様でした。
めっせの車寄せでは、実の処“積載オーバー”が心配でしたが、荷降ろしの写真を見ると、無事にお宅まで帰られた様で安心しました。
私は、“松尾大社”の“神輿”御旅所廻りをして、先程帰りましたが、今日の京都は風が強くて寒かったですねぇ !!!
九華展会場で長居してしまい、申し訳御座いませんでした。
九華展の様子は写真の整理が着き次第、アップしたいと思っています。

投稿: 修学院 | 2013/05/07 21:38

「腰痛」も「積載オーバー」も大丈夫でしたが、車の中が九花の香りでいっぱいで息が詰まりそうなので、窓を開けて走らなければなりませんでした。
我が家の蘭は家に戻った翌日にはすっかりくたびれた様子でした。

投稿: m's ran | 2013/05/08 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/57322490

この記事へのトラックバック一覧です: 老同学:

« おつかれさ~ん | トップページ | 京都宋梅会の九花展から »