« 晚饭 | トップページ | 九花展のご案内 »

蕙&蘭

中国太倉の蘭展から戻って5日が経ったというのに、まだ写真の整理できていません。というか、実は一眼レフで撮った写真のうち800枚以上がモノクロモードになっていて、ショックでパソコン開ける気もしない毎日でした。向こうでは移動、食事、老朋友との再会・・・と、すべてが順調だったというのに・・・
まあ、白黒でも自分のメモとしては充分だし、コンデジで撮った写真で蘭展の模様は伝えられるだろうから、これからぼちぼちとアップしていくことにします。

今朝、撮った自宅の蘭。
九花は小排鈴から大排鈴の状態、5/3~5/5の展示会にちょうどいい具合かなと思います。一花も七割くらいはまだ見られますがこれは終わってるでしょうね。

.     江南新極品と楊氏素                如意素と憲荷
20130420jiangnanxinjipinyangshisu20130420ruyisuxianhe
.      老極品と九龙梅                  元字と端秀荷
20130420laojipinjiulongmei20130420yuanziduanxiuhe
.       解佩梅と宋梅                   並赤と嘉隆
20130420jiepeimeisongmei20130420chijinghanghuajialong
今日はお天気が良すぎて7時半を過ぎるとバックの山に日が当たりはじめて画になりません。撮影中断です。夕方か曇ってきたら続きを再開します。

|

« 晚饭 | トップページ | 九花展のご案内 »

コメント

物黒ド~モ

記憶をたよりに、画像を天然色に加工することも可能らしいですよ!

snail長い余生で・・・・

投稿: 儿 | 2013/04/20 09:27

太倉お疲れ様でした。
写真ほんとに残念ですね。私の方は写真はカラーでしたが撮り方がまずいので好いのがありません。
家に帰ってきたら南陽梅が数輪開いていました。
今日現在で程梅以外は大体咲きあがった感じです。
展示会までもつかどうか?

投稿: m’s ran | 2013/04/20 11:07

m’sran さん今晩は、太蒼ではお会いできず残念でした、お疲れ様でした、今回ほど知識不足を残念に思ったことは有りませんでした。

投稿: kumasann | 2013/04/20 20:40

kumasannさん、現地でお会いできてれば「日本語で」色々お話できて、感動も倍増だったろうと思います(中国語出来ないのが悔しいweep)。
今回の展示は蘭はもちろん書画、鉢、蘭書、現代中国の蘭事情等々の知識があればもっともっと楽しめただろうなぁと反省しています。
でも、あんなにたくさんの九花に囲まれてほんとに夢心地な3日間でした。

投稿: m's ran | 2013/04/21 08:13

しかし、九花となると日本人少ないですね。
今回出会ったのはNさんご夫妻だけでしたね。
九花に興味なくても蘭文化コーナーだけでも充分見る値打ちはあったと思うのですが・・・

投稿: 中国蘭迷 | 2013/04/21 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/57208915

この記事へのトラックバック一覧です: 蕙&蘭:

« 晚饭 | トップページ | 九花展のご案内 »