« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

3泊2日、お江戸蘭展巡り

アップするのが遅れてしまいましたが、土、日とお江戸の中国蘭展を見てきました。
2/23(土)早朝、夜行バスで新宿に着いて軽く朝食をすますとまずは明日夜発の帰りのバスの待合場所を確認し、電車とバスを乗り継ぎ調布市の神代植物公園へ、
        芳華会中国蘭展
20130224fanghuahui0120130224fanghuahui02
伝統春蘭と奥地蘭がほぼ半々で200鉢くらいでしょうか?私としては古い品種がたくさん一同に見られるのがうれしい。謎の宋梅や、湯梅、翠桃3号種?、余姚(ヨヨウ)第一梅などなかなか見られない珍しい品種が並んでいます。同じ品種でもTさんのよく肥培された大柄な作りとSさんのコンパクトによく締めて作られた作りが対照的で面白い。
1時頃まで楽しませていただいた後、またバスと電車を乗り継いで次は世田谷のすずき園芸へ。新しくなってから初めての訪問でしたが、雰囲気は変わってなくてなかなかすてきです。常連さんはみんなこの時期はどこかの展示会巡りなのか、夕方までS石さんと二人っきり。。日が暮れて若かったゴさんが来て、遅くまでお邪魔してしまいました。S石さん、ごめんなさい。小柴鉢三つと、ここにもあった翠桃3号種?をゲット。蘭談義に話がはずみ、写真を撮るのを忘れていました。

翌24日(日)は、まず、阿佐ヶ谷の「宋梅を楽しむ会」の展示会へ、
20130224songmeihui0120130224songmeihui02
ここは書と蘭がお互い引き立て合っていい感じです。蘭は60鉢ほど、うち宋梅が13鉢。特に珍奇な品種はないので、マニアックな方は物足りなく感じるかもしれませんが、この会は蘭を始めて間もない方、特に女性が元気で、和気藹々とした雰囲気がいい、セミプロ的な人がいない、いい意味でアマチュアの会です。この展示会中にまた3人の方が入会されたとか。京都宋梅会もひところは20人以上いて、こんな雰囲気だったなあと懐かしく、羨ましくもありました。

あと、東京ドームの世界蘭展も行く予定をしていたのですが、あそこは洋蘭がメインだし、東洋蘭でも日本春蘭がほとんどということだったので2000円も入場料を払って見るほどでもないか、止めて、最終日だから昨日会えなかった人も来ているはずとまた神代植物園へと行ったのでした。
昨日見た同じ蘭でも違う人といっしょに見ると花の見かた、葉の見かた、眼の付け所が違っていて、なかなか勉強になります。自分の見方が大雑把だったなあと反省させられます。

両夜行、月曜日は会社直行の強行軍はさすがにちょっと疲れましたが、楽しい2日間でした。「芳華会」の皆さん、「宋梅を楽しむ会」の皆さん、S石さん、ゴさん、ありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

蘭展の季節

いくつか案内状をいただいてます。
中国春蘭を一同に見ることのできる展示会というとお江戸方面が多いですね。
2013lanhuazhan012013lanhuazhan02
 個人的に覗いてみたいところeye

続きを読む "蘭展の季節"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

花の便り

あっちこっちのサイトからもう花が咲いとるという便りが聞こえてきますが、
我が家ではまだまだ、と思ってたら

続きを読む "花の便り"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »