« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

奇跡の新極品

バークなど有機コンポストはうまく使えばすばらしい成績をあげることもあります。
これは5年前、2007年の春に九花を植え替えたときのお話、江南新極品を株分けしたとき、新子が2本外れてしまいました。
大株を株分けしようとすると根は絡んでるし、新芽が外に外に拡がってくれればいいのですが下に潜って反対側に回り込んだりしていて株のつながりが読めず、予想外の分け方をしなければならないことはしょっちゅうあります。
偽球茎の小さい九花はせめて5本立ち、最低でもしっかりした成木の3本からスタートしたいところです。
これはまだ伸びきってない新子1本でしかも根もほとんどありません。絶対生き残るのは無理だなと思いつつ、4.5寸のプラ鉢に寄せ植えにしました。用土は以前、蘭花村のそんちょからいただいたヒジキ(注)を小粒の鹿沼土に混ぜたものを使用、鉢の上には水苔を少し被せ、蘭舎の外の柚子の木の下に置いておきました。
水は山野草や皐月と一緒に毎日ジャブジャブやっていました。
意外に枯れず、新子を毎年出してなんと3年後に花を咲かせました。
           2007.3.31               →   2010.5.5scissors
070331xinqipin20100505xinjipin
・   (注) 蘭花村特性ヒジキ
・       :そんちょ厳選のバークを天日消毒し篩いにかけたものだそうです。
・        秘密の処理もしてあるかどうかは不明・・
その年の秋に鉢から抜いてみたらこんな状態でした。

続きを読む "奇跡の新極品"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

鞍馬苔

最近、伝統的な中国蘭の植え方にならって鞍馬苔(中国では翆雲草と呼ばれています)を鉢の表面に植えています。
今でも中国の展示会ではよく見かけて、鉢の蘭の周りにほどよく茂っていると用土むき出しのままよりなかなかいいものです。
もともとは広口の浅鉢に饅頭型に土を盛り上げて植えるやり方で土がこぼれ落ちないように土止めの役割と水やりの目安のためだそうです。

私の植え方は、鉢の表面より3cmくらい下まで用土を入れたところで鞍馬苔を置き、その上に化粧土をすこしずつかぶせていきます。このとき、鞍馬苔の葉がぜんぶ埋まってしまわないようにときどきピンセットで葉先を引っ張り出してやります。埋まってしまってから掘り出そうとするとまるごと出てきたりして失敗します。
2/3以上は埋まったままのほうが活着しやすいです。
20121014cuie0420121014cuie05
この鞍馬苔、「苔」とはいうものの実はシダ植物でイワヒバの仲間だそうです。が、

続きを読む "鞍馬苔"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

実験失敗・・

肥料食いの九花には効果あるかなと、3年前の秋、数鉢、用土にホームセンターで売ってる植物生育に有用なナントカ菌入りという草花用のバークをちょっと混ぜてみたのですが、蘭にはまったくよくない結果でした。のきなみ後ろ側がどんどん枯れてきて、古根はフカフカ、新根もあまり下りていません。
有機質を用土に使うのはなかなか難しいですね。
この翠萼も条数は半分以下に減り、根もボロボロです。
20121014cuie0120121014cuie02
痛んだ根を取り除き消毒して、
20121014cuie03
左の3株は4.5寸のプラ鉢に寄せ植え、
右は元の鉢に普通の鹿沼の用土で植え直しました。

今日は調子のわるい九花と一花を
16鉢ほど植え替えたところで用土切れ。

でも根の少ない株は作業は楽です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ホイホイ

Hoihoi
ノラ猫用がほしい

犬猫忌避剤てのも売ってるけど

あんまり効果無い。。


イノシシホイホイもないかな・・!?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大文字草

20121014daimonjisoeye

ちゃんと大の字になってるの

ないな。。


   鉢 : 丹山(立杭)
        80ΦX52h   
   石 : 猪尻山の合せ砥

私のパソコンだと拡大してほぼ実物大です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おまつり

きょうは年に一度の村の八幡さんのお祭り、にぎやかでした。
20121007omatsuri0120121007omatsuri02
剣鉾、けっこうでかいです。。
20121007omatsuri0320121007omatsuri04

| | コメント (5) | トラックバック (0)

きのこ

20121007shitake
ナラの木をくりぬいて作った鉢に
でっかいキノコが生えてた。
先週見たときは気がつかなかった。

今夜焼いて食べよう。。
君、椎茸にまちがいないよね!?

去年、鉢作ったとき、
椎茸菌のコマはたくさん打ち込んでおいたのだが・・・


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »