« 砥石復活 | トップページ | ちょっと焦った出来事 »

今どきの九花の一花咲き・・

         江山素
20120826jiangshansu
2日前につぼみが膨らんでるのを発見。。
今朝見たらほころびはじめていました。

江山素の15本立ちほどの大株だったのですが
去年の秋頃から葉が株元から次々と黒く枯れていく病気で今は4条のみ。


こうなるとどんな薬も効かず、多分このまま枯れ死してしまうだろうと思ってたのですが、なんとか子孫を残そうと頑張ってるんでしょうね。

1輪だけながらすごい香を放っています。

|

« 砥石復活 | トップページ | ちょっと焦った出来事 »

コメント

10~11月に咲く九華もあるけど、さすがに今の時期に咲くのは狂い咲きですね。残念ながら死花らしいですね、香りが特に強いところなどは最後の意地でしょうか。ナムアミダブツ・・・。

投稿: narimune | 2012/08/26 17:24

花茎も花柄もほとんどないラフレシアみたいな咲き方です。
最後の力を振り絞って一花咲かせてるって感じです。
健気というかあっ晴れというか・・・

投稿: 中国蘭迷 | 2012/08/27 11:30

恐ろしい病気!
あれはほんとやだ(>_<)

一華咲き可愛い☆
夏蘭の意地ですね。

投稿: 雲南 | 2012/08/28 18:47

しかし、この<病気>に罹って2年がかりで枯れてくるというのは始めて聞きました。今年もうちでは2株やられてしまいましたが、一番大きな親木の外葉が元気ないな、少し黄色いなと思っていると、どんどん内側の葉も黄色くなって枯れて行きます。気が付いて1本づつバラバラにして消毒して見ましたが効果はありません。かえって枯れるのを促進したような感じさえあります。これは<病気>と言っていますが、悪いバイ菌に感染して枯れるのとは違いますね。何かの拍子に死んじゃうモードになってしまったのをリセットできなくてそのまま逝ってしまうような感じがしています。

投稿: narimune | 2012/08/28 19:06

新木、古木に関係なく株元から黒くなってあっという間に葉先まで真っ黒に枯れ死する症状は同じなんですが、2週間も経たないうちに株全体に広がる場合と、進行が比較的遅く1年くらいかかってゆっくり移っていくのを経験しています。進行が遅いのは止まってくれたかと思うとやっぱり治ってない、また再発ということもあります。症状は同じだけど病気の種類がちがうのか、あるいは株の抵抗力のちがいなのかはわかりません。
フザリウム系のカビによる病気だと思うのですが、感染してから発症するまでの潜伏期がちょっと長いんでしょうね。発症している箇所から2,3個離れた一見大丈夫そうなところでもカミソリでバルブを割ってみると少し黒くなってる部分があります。

投稿: 中国蘭迷 | 2012/08/29 09:48

よく割ってみましたね

腐ったタマネギみたい

投稿: 儿 | 2012/08/29 12:42

蘭のガン??

投稿: ユンナン | 2012/08/30 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/55508857

この記事へのトラックバック一覧です: 今どきの九花の一花咲き・・:

« 砥石復活 | トップページ | ちょっと焦った出来事 »