« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

宜興の九花展報告(その3)

               2012.4.12-4.15      

展示会場も外の露店も文革以前からあった旧銘品と70年代以後発見された新花の割合はざっと半々くらいです。当然ながら新花はまだ株数が少なく1品ものも多いけど、その種類の多さは半端ではありません。

しかし、梅瓣、水仙瓣のもので旧銘品に匹敵するものはなかなかありません。
逆に昔はなかったホントに荷花瓣と言える花がけっこう出てきています。
今回は今年見た新花を順不同で少し紹介します。

・          和为贵                      麦当劳
20120413heweigui20120413maidanglao
右上の「麦当劳」のネーミングには笑ってしまった。「麦当劳」とはファーストフードのマクドナルドの中国語表記、舌瓣の赤点の模様をマクドのトレードマークの“M”に見立てているわけです。ちなみにケンタッキーは「肯德基」と書きます。ネット上では「我が国の伝統園芸である九花の名前に「麦当劳」はないだろう」とかいろいろ議論されてましたが、わたしはなかなか面白いと思いました。

続きを読む "宜興の九花展報告(その3)"

| | コメント (17) | トラックバック (0)

宜興の九花展報告(その2)

               2012.4.12-4.15       

その1を書いたまま、中断して3ヶ月も過ぎてしまいました。
あの頃はまだ桜が咲いていたのにもう、梅雨も明けて真夏、今さらという感じもしますがやっぱりこのままでは次の九花ネタに進めないので再開することにします。

さて、4月13日、宜興九花展初日の早朝。
まだ会場へは入れませんが、外は山採り品や新旧の銘品を売る露店や各地からやってくる九花ファンですごい人、人、人。いつもの事ながらすごい熱気です。
開幕式にまじめに付き合ってる人は少なく皆露店を物色しています。
これはと思う新花を「なんぼ?」と尋ねると「3万/1苗」とか言われてとても私なんかには手が出せるモノではありません。が、売れてます。
20120413yixing0120120413yixing0220120413yixing03
うろうろしてると《蘭蕙縦横》の牟氏や2年前無錫の蘭展でコレクションの蘭鉢を手にとって説明してくれた丁氏や、葉氏やら、、見知った顔にずいぶん出会います。
でも日本人は今回の九花展もどうやら私ひとりみたいです。日本語の通じる上海のワンさんには会いましたが・・・

やがて開幕式が終わり、会場に入るとしばらくは蘭を見るどころではありません。
20120413yixing0420120413yixing0520120413yixing06
少し人がひいてから1列ごとメモしながら展示されている鉢数を数えてみたら全部で661鉢ありました。
そのうち老品種は大一品:39、崔梅:29、老極品:26、解佩梅:24、元字:11、南陽:8、江南新極品:18、程梅:16、鄭孝荷:16、丁小荷:2、端蕙梅:15、仙緑:12、関頂:10、長寿梅:10、蕩字:8、老慶華:2、慶華梅(潘緑梅):7、潘緑梅:1、老朶雲:6、大陳字:6、金嶴素:6、老上海梅:5、老染字:4、虞山梅:4、適円:3、端梅:2、翠萼:2、蜂巧:2、栄梅:2、江山素:2、翠定荷素:1、温州素:1鉢。素心が意外に少ないです。
しかし同じ品種をこれだけ一同に見られるというのは非常に勉強になります。程梅や関頂など紛らわしい品種がないものを見比べると、栽培環境や用土などが変わるとこれだけ花形も葉姿も変わるかということが確認できて、いままで分かっていたつもりの品種でもワケ分からなくなったりします。
ただ、この品種はよく咲かせるとこんな立派な花が咲くのか、葉姿もこんな品よくなるのか。と培養の目標、理想をイメージすることができるのがなんといっても、本場の展示会を見て得られる収穫です。
新しい珍しい蘭を買うことはできなくも、ただ見るだけでも充分得るものはあるのです。

すべての展示品を花とラベルと写真に撮ったのですがその一部を紹介します。

続きを読む "宜興の九花展報告(その2)"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

新芽

まだ、あんまり顔を出してません。。梅雨が明けてからが本番か・・・?
天緑の新芽てこんなだったか・・!? 
           天 緑                       程 梅
20120629tianlv20120704chengmei
程梅は一列縦隊。新芽が一ケ出たら後ろが一本枯れて、なかなか増えてくれません。細葉系は半分に割ってもあっという間に元の大株に戻るのに・・・

宜興蘭展から早、2ヶ月半。一度止まるとなかなかエンジンかかりません。
付録の無錫編含め、ネタは数編あって、それを書かないと次の九華ネタにも進めない。こまったもんです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »