« 排队队・・ | トップページ | 個々の蘭花の紹介(変なの篇) »

今年の一人蘭展から・・

一花はもう終盤だというところもあるようですけど、我が家ではようやくポツポツと咲き始めたところです。昨日、3/11は京都マラソンということで、交通規制で市内に出ることができず、一日家で上土を換えたり、写真を撮ったりして過ごしました。近くのお寺の鐘の音が聞こえて、「えっ、もう5時?」と時計を見るとまだ3時前、「ヘンな時間に鳴るもんだ。誰かのイタズラ?」とその時は思ったのですが今朝の新聞を見たら、地震の起こったその時間、一斉に鎮魂の鐘を鳴らしていたのだそうです。

お天気はまた冬に逆戻りして、積もるというほどではないけど今日は終日雪が舞っていました。

今年は去年と比べると花数が少ないのですが、意外に品よく咲いてくれたのもあるので昨日撮った画像を少々・・・
   蔡仙素
20120311caixiansu0120120311caixiansu0220120311caixiansu03
・  酒氏素
20120311jiushisu0120120311jiushisu0220120311jiushisu03

大株に一輪だけなんで全身画像ではサマにならないのが実はけっこうあります。
そういうのは花だけのアップでごまかします。。
・           珍 蝶                   天興梅?
20120311zhendie20120311yuanliang
つぼみの段階からゆっくり眺めらるのは一般の展示会では味わえない、自宅蘭展ならではの楽しみですね。
・          玉梅素                    瑞 梅
20120311yumeisu20120311ruimei

|

« 排队队・・ | トップページ | 個々の蘭花の紹介(変なの篇) »

コメント

写真がキマリ過ぎで不自然!
生き物(なまもの)なのですから
体に傷の一つも有るのが当然、でしょ!?

とヤッカム(見事だから)

投稿: 儿 | 2012/03/13 00:29

我が家も 未だツボミばっかりだから開花株は僅か。

さみし~っ!

投稿: 儿 | 2012/03/13 00:37

>キマリ過ぎで・・

傷モノやダラシなく咲いているのもけっこうあるのですが、
何年に一回か、神々しく思えるほど上品に咲いてくれることがあります。

選び抜かれた老品種の魅力ですね。

投稿: 中国蘭迷 | 2012/03/13 01:13

やはり、自生地で見る花が一番です。
展示用に鉢を変えたりすると見た目はよくなるかもしれないが、、風情が変わりますし、痛んだり、捻じ曲げ(添え木もあるね)られ、素顔がみえなくなりますね。
作鉢によった花が咲くものですね。

投稿: そんちょ | 2012/03/13 19:04

眺めながら「品」という言葉がずっと頭の中で働いている感じ。上のコメントをお借りいたします「神々しく思えるほど上品に咲いてくれた」と感じました。

投稿: つぼみ | 2012/03/14 21:33

つぼみさん:
よく咲いたときの中国蘭のこの翆緑色と形は故宮博物館の玉器や龍泉青磁のすばらしさと同じ上品さを感じます。
香りをお届けできないのが残念です。

投稿: 中国蘭迷 | 2012/03/15 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/54208358

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の一人蘭展から・・:

« 排队队・・ | トップページ | 個々の蘭花の紹介(変なの篇) »