« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

華夏館(個別展示)

・             2012宁波兰花博览会报告(その7)
・                                   
展示会場の温室を外から見るとこんな感じです。
20120219ningbo4320120219ningbo44
華夏館に入ると、劉清涌さんの書がまず出迎えてくれます。
20120219ningbo4520120219ningbo46
広い温室の中央には滝や小川の流れる庭園を配し、周辺四方、3段のひな壇に蘭花は展示されています。通路も展示台もゆったりしています。6000鉢の展示というと普通見ていてくたびれるものですがこれくらいゆったりしているとじっくり見ることができます。
蘭にとってもいごこちよさそうです。
20120219ningbo4720120219ningbo48

続きを読む "華夏館(個別展示)"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

神秀館(ブース展示)

・             2012宁波兰花博览会报告(その6)
・                                      
さて、蘭博広場をはさんで二つあるこれまた広いガラス温室のうち、奥の神秀館はブースで区切られた地区蘭協など団体ごとの展示です。一鉢一鉢の個々の蘭花というより、全体の配置を見せるようになっています。
20120219ningbo2520120219ningbo26
おっちゃん、お仕事中ちゃうの!?まっ、いいけど・・
20120219ningbo2720120219ningbo28
警備員さんも楽しんでます。 蘭花に囲まれお茶を一杯、いいですね。。

続きを読む "神秀館(ブース展示)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

蘭花交易区

・             2012宁波兰花博览会报告(その5)

蘭展会場の手前の大きなガラス温室ふたつが交易区となっています。
全国各地からやって来た蘭花や関連グッズを売る人、買う人、買わずにひやかしだけの人・・・大勢の人で賑わっています。今回の蘭展は商売はすべてこの中ですることになっているようで会場外の道ばたで売ってる人はいませんでした。
20120218ningbo1320120218ningbo14
早朝なのでまだ人出は少ないほうです。
浙江省での開催とあって翠色の蘭が多いけど、さすが全国展、遠路奥地からやって来た蓮瓣や春剣、豆瓣も面白いのがけっこうたくさん並んでます。。

続きを読む "蘭花交易区"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

水上の鉢屋さん(続き)

・             2012宁波兰花博览会报告(その4-2)

コツツボ、もっと近くでよく見てみる!?
そうとうでかいツラした人でも入れそうだ。。
20120219ningbo0920120219ningbo10
これは19日夕方、宿に帰る途中に撮った写真。蘭展帰りの人がけっこう立ち寄ってます。船は巨木の削りだしではなさそうです。
でも商品なくなったらこのまま水路を北上して宜興まで買い付けに行けそう・・。

歯医者さんの玄関先にも蘭が・・・
(ゴメン、おねいさんを撮ったんじゃあないんですよ)
20120219ningbo1120120219ningbo12
右上の住宿みたいなところに泊まるとものすごく安い らしい。。


すみません。寄り道ばっかりして・・
次は蘭花交易館に入ります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

在日本举办的中国兰花展

日本でも春の蘭花展の季節ですね。
私の所に届いている中国蘭の展示会の案内を勝手に紹介させていただきます。
中国蘭ファンの方は改めて紹介するまでもなくご存じだと思うけど、このBLOGを見ていただいている中国語学習関係の同学们、日中博友会の方で興味と時間がある方はぜひ、行ってみてください。
Ribendezhongguolanhuazhan
『我的蘭日記』を見てきたと言ったらどれも無料で見られます。
(言わなくても無料ですcoldsweats01

こんどの土日だったら阿佐ヶ谷、熊谷、東京ドームとハシゴできるけど2週連チャンは体力的にもフトコロ的にもちょっときついかなぁ・・・

続きを読む "在日本举办的中国兰花展"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

いざ、蘭展会場へ

・             2012宁波兰花博览会报告(その4)

2/18朝ホテルを出て、ひとりプラプラと歩いて2kmほど離れた会場へと向かいました。
       水上の鉢屋さん                 タクシー?
20120218ningbo0120120218ningbo02
街には至る所今回の蘭花博覧会を伝える大きな看板が見られます。
左下の看板の両サイドの絵、アヤメかなんかのようにも見えますが・・・・
いやいや、広い中国、なんでも有りの中国、こんな蘭花もきっとあるはず。。
20120218ningbo0320120218ningbo04
朝ご飯はホテルのバイキングはとらず、道ばたグルメを楽しもうと歩いたのだけど、途中何もなくて、結局この日は朝昼抜きで一日蘭を見ていました。
まもなく会場到着。
20120218ningbo0520120218ningbo06
時間も早いのでまず、蘭花交易館から入ってみました。ここは入場無料。
20120218ningbo0720120218ningbo08
入ってみるともうすでにけっこうな人出。。
                           (続く)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

平安回家了!

・             2012宁波兰花博览会报告(その3)

兰花展的报告 一点点儿地上载。

それまでそんちょもお薦めのこれ見といて!!

  【 高原狐 】---第22届中国兰花博览会(镇海)花絮

わたしもアップしようと思ってた画像とかなりダブってる。
作戦練り直さなくっちゃ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

昨天的晚饭

・             2012宁波兰花博览会报告(その2)

昨天我一个人,在酒店附近的摊子吃的。
一共14块。很热!很好吃!很便宜!
20120219wanfan0120120219wanfan02
老板娘手的动作很麻利,真了不起!
老实说我是小摊美食家(michibatagurume)。

前天的是

続きを読む "昨天的晚饭"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

我的中国手机

这个手机是中国朋友给我的。
072
以前我访问新的中国兰友们时用出租手机打电话,一位朋友说“太贵了,我有一台不使用的手机,给你,下次再来中国时用这个吧”
每次应该买simm卡,所以每次号码不同。

这次的号码是 13022148873。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寧波燭光麗亭酒店

・             2012宁波兰花博览会报告(その1)

到宁波,跟kumasann、Msan会合一起吃晚饭,然后坐出粗车到了预订的酒店。
这家酒店在离兰花展的会场不太远的地方。房间里有电脑,能上网。
065062

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寧波への道

第22届中国(镇海)兰花博览会行き
だいたいネット予約で手配できた。
ホテルは日本の海外旅行サイトからでも予約できるが数が少ないし高いのしかない。
百度地図で蘭展会場付近のホテルを探し、道程網から予約した。
問題は浦東から寧波までどうやって行くか?
鉄道、バス、タクシーの方法がある。鉄道は乗ったら早いが上海市内が渋滞したりしてると駅まの移動にけっこう時間がかかることがある。今は車だと杭州湾をショートカットする大橋ができているので寧波まで高速を4時間くらいで行けるらしい。タクシーだと1000元くらい、バスなら約100元らしい。空港内にも長距離バスターミナルはあるのだが、寧波直行便はあいにくない。上海南駅まで行けば15分に一本くらい出てるし、嘉興で乗り換えるという手もある。浦東に着いてから考えることにしよう。
午前の便で飛べばその日のうちに寧波入り、会場の下見はできそうだ。

○ 京都~関空
   乗り合いタクシー 往復JPY6300

○ 関空~上海浦東
   往復JPY46430(燃料代、空港税込み)
      往 2/17 CA164 09:25-10:50
      復 2/20 CA163 17:15-20:15

○ 上海浦東~寧波
   ① 浦東空港~上海南駅~寧波 (バス)
   ② 浦東空港~嘉興~寧波 (バス)
   ③ 新幹線???

○ 寧波での宿
   寧波燭光麗亭酒店
      3泊 984RMB
     (会場まで歩いて20~30分?蘭博組委会の商定酒店のひとつになってる)

交通費、宿泊費総合計で70000円位になりそうだ!?

* 2012.1.14現在の為替レート : 1RMB(元)=12.321JPY(日本円)  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

寒くて・・・

先週来の寒波で雪国は大変ですね。
このあたりも積もるかと半分心配、半分期待していたら、意外にもチラチラ舞うのみで屋根や道路まで白くなることはありませんでした。
ただ急な寒さで、ゆっくり咲き上がっていた最後の杭州は萎れてダウン。少しだけ回復はしたものの完全復調はどうも難しそうです。
20120205hangzhou20120205songmei
年末には翆緑色の花瓣をのぞかせていた宋梅もちょっと首を伸ばしただけで、咲く前にフチが黒く傷んできました。まだ反対側にしっかり苞衣に包まれた蕾があと二つあるから、まあいいけど・・・

聞くところによると3日の朝は金閣寺の池も薄氷が張っていたとのことです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »