« 台風一過・・ | トップページ | 翻盆 »

“放风”

狭い蘭舎にぎゅうぎゅう詰めの九華を庭に出して、2週間ぶりの水遣り。
500倍希釈の液肥もたっぷり遣りました。しばらく日向ぼっこです。
20111016fangfeng
今のところ花芽の見えるのは鄭孝荷、程梅、「南陽梅」、端蕙梅、老染字、仙緑?、翠定荷素、温州素、蕩字といったところ。「蕩字」は入手11年目にして初めての着蕾、本物だろか?葉姿は中国で何回か見たのと同じで間違いなかろうと思っているのですが・・・

来年5月の宋梅会の九華展に20鉢は並べたいものです。
あと、大一品、極品、金嶴素、江南新極品、解佩梅、華字、東麓金鶏、翆萼、藩緑梅、如意素、王明陽素あたりはなんとか陳列したいところなのですが・・・

放风 fàngfēng”には文字通り「風を通す」という意外に「囚人を一時的に解き放つ」という意味があります。
狭くて暗い獄舎に入れられた囚人を一定時間屋外に出して運動をさせたり、トイレに行かせたりするということだそうです。
東方蘭花網胡家养兰轶事二则によれば
ブルジョア趣味の「毒草」と蘭もその愛好家も迫害された文革の時代、浙江余姚の胡孝岩という人は自分の愛培する蘭蕙を一部は株分けして田舎の親戚友人に預けたり、或いは自宅の床下の木箱に隠して人が皆寝静まった深夜にこっそり外に出して水遣りしたりしながら命がけで守ってきたそうです。

|

« 台風一過・・ | トップページ | 翻盆 »

コメント

中国鉢に植えられた九華の株立見事ですねぇ!!!
5月の一茎九華展を楽しみにしています。
苗木の即売品もあるのですか。

投稿: 修学院 | 2011/10/17 09:42

修学院さま:
相変わらずの“京迷”、“お祭り迷”ぶりですね^^

京都宋梅会の九華展は来年
4/30~5/4
みやこめっせ(京都市勧業館)の美術工芸ギャラリー でやる予定です。

鉢数は少なくとも、本場の中国より中国蘭らしい展示会に・・!!というのが目標です。

即売品はたいしたモノは出せないでしょうけどちょっとは置きたいと思ってます。

投稿: 中国蘭迷 | 2011/10/17 21:18

这几天我家的几盆蕙兰也施过肥,也在外面“放风”,但是肥料的浓度比您的要浓一点,我们这边春天施肥浓度较小,秋天浓度较大。可能是因为用山泥栽培的缘故,我的今年的新苗还只有您的一半大。

投稿: 周旭明 | 2011/10/25 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/53002689

この記事へのトラックバック一覧です: “放风”:

« 台風一過・・ | トップページ | 翻盆 »