« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

老十圓

お嫁に出す前に写真を撮っていたらまた雪が降り出してあっという間に蘭もカメラもびしょ濡れになってしまった。
20110326laoshiyuan0120110326laoshiyuan02

 集圆  又名十圆。清咸丰初年出余姚。也能开梅瓣。叶姿弓垂,叶幅比宋梅长阔,高腰挺秀,叶色浓绿有光泽。叶质厚糯,叶背两侧脉较显,大都夹有狭细心叶。花葶色泽红。苞片根红,端带绿彩,形阔大。外三瓣圆大起峰,分窠观音捧,捧头有隐红点。刘海舌。“春兰老八种”和“春兰四大天王”之一。

              叶军然編著 《江浙春蕙蘭 欣赏与鉴别》 より

葉()姿、葉色、葉の質感、葉の裏側の特徴、花軸の色、苞衣の根元と先端の色の違いと形状、外三瓣と捧心、舌の特徴を簡潔に表現しています。上の写真を見たらよく分かるかと思います。

中国の蘭人は昔も今も実によく細かいところを観察しているものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

結婚式

昨20日は蘭展をさぼり、姪っ子の結婚式に出席。花嫁の着付け、介添えをうちのかあちゃんが担当したのでその仕事ぶりを初めて見ました。
20110320kekkonshiki20100320hiroen
久々に宮崎や岐阜、愛知の兄弟姉妹と再会しました。私は6人キョウダイなので兄・弟・姉・妹一通りそろってるのですが再会はやっぱり黒より白ネクタイがいい。
披露宴が終わった後も宿で夜遅くまで歓談したけど、近況ほか話題は時節柄、火山灰や地震のことに・・・・
今日は父母が分骨してある本願寺の祖廟にお参りし、蘭展もちょっと覗いてもらって帰ることになっています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

開幕・・

    京都宋梅会 第16回中国蘭展

みんな花が咲いてない、少ないと言ってたので心配しましたがいざ持ち寄ってみるとけっこう集まりました。私は蕾だけど賑やかしにと思って持っていったのやダブっている品種を10鉢ほどは展示せずに持ち帰るほどでした。
20110319lanhuazhan0120110319lanhuazhan02
会場は窓から右大文字山がまじかに見えます。自然光がよく入るのがいい。
まだ咲ききっていない鉢もいくつかあるけど明日、明後日のうちには咲き上がるでしょう。今年は奥地の蘭は少なく伝統春蘭(一花)がほとんどです。
「美術工芸ギャラリー」にふさわしい展示ができたでしょうか!?

続きを読む "開幕・・"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

雪・・・

今朝も外はうっすら雪化粧
大雪素も伸びない・・・
20110318daxuesu20110318asa
しかし、、
ふだん何事もないときなら、電話かネットで注文すれば全国どこでもほぼ翌日には物が届くのに被災地にはなかなか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎮魂花・・・

また真冬が戻ってきて蘭花も寒そう・・
被災地はもっとずっと寒いんだろな。。
今朝の
           宋 梅                     鶴裳素
20110317songmei20110317heshangsu
これは間に合わない
・         天興梅                     杭 州
20110317tianxingmei20110317hanzhou

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あと5日

2011songmeihuilanhuazhan
***場所と交通***
○ 市バス
 ・ 京都駅前より
  5号・100号系統で
  「京都会館美術館前」下車
  206号系統で
  「東山二条」下車
 ・ 四条河原町より
  5・32・46号系統で
  「京都会館美術館前」下車
  31・201・203号系統で
  「東山二条」下車
 ・ 三条京阪前より
  5号系統で
  「京都会館美術館前」下車
○ 地下鉄 
 ・東西線「東山駅」下車

Jiangzhechunhuilan045_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

地震お見舞い!

 「お見舞い」なんて言葉では言い表せない状況ですね。

 昨日、仕事中に目眩を感じて、あれ、治りかけていた風邪がぶり返したか?と思い、それが地震の揺れだとわかったのはしばらくしてからでした。棚から物が落ちたりとかはなかったものの、ゆっくりずいぶんながいこと揺れていました。ネットの地震速報を見たら、2,3分前の宮城県沖の地震しか伝えていない。京都とはずいぶん距離が離れているし、影響するプレートも違うはずだからまさかその揺れではあるまい、日本列島付近で同時に複数カ所で発生してるのかな?だとしたら大変なことかもしれないと思ったのでした。2分を超えると思われる長い揺れは2回で治まって、そのまま仕事を続け、帰宅してテレビを見てびっくりしました。大津波に家や車や飛行機までがのみ込まれていく映像には言葉もありません。

被害の数字はこれからまだ増えていくのでしょうが人命の被害が少しでも少ないことを祈るばかりです。

中国の蘭友から、「そっちは大丈夫か?被害に遭われた日本の友人に心からお見舞い申し上げます」とのメールをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011春のお江戸の蘭巡り(その2)

           2011.2.27(日)   九品仏 ~ 阿佐ヶ谷 ~ ドーム
 朝起きるのは早いのですが、9時過ぎるまでは蘭展はどこも開展してないので電車を乗り継ぎ世田谷の九品仏まで行ってみました。お寺の参道や境内には桜や銀杏などの老木がたくさんあって、最近こんなのを見ると輪切りにしてみたい衝動にかられます。
20110227kuhonbutsu0120110227kuhonbutsu02
しばらく散策して時間をつぶし、阿佐ヶ谷に移動。
東京宋梅を楽しむ会は書の会と合同展。和気藹々と楽しい雰囲気です。
20110227songmeihui0120110227songmeihui02

続きを読む "2011春のお江戸の蘭巡り(その2)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011春のお江戸の蘭巡り(その1)

           2011.2.26(土)   熊谷奥地の蘭展 ~ すずき園芸
 帰って2日ほどは早めに寝て、3日目にUPしようとしたら寸前で操作を間違えてせっかく書き込んだ記事が全部消えてしまったり、昨夜は親戚の百か日の法要だったりで、すっかり遅くなってしまいましたがお江戸蘭巡りの旅の報告です。

 土曜の朝7:30に夜光バスは東京駅前着、いつもだったらそのままドーム蘭展に直行して入り口で本でも読みながら開展を待つのですが、今年はkumasanさんのお誘いがあったので、電車を乗り継ぎ、埼玉県熊谷市の奥地の蘭展にまずは行ってみました。
20110227kumagaya00120110227kumagaya002
会場は緑に囲まれた公園のなかの建物で天窓からも自然光がよく入りなかなかいい立地です。展示も蘭以外に背景に中国グッズを活用していい感じです。
以下、個別の花をちょっとだけ・・

続きを読む "2011春のお江戸の蘭巡り(その1)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

だるまさんがころんだ・・

昨日今日とまた真冬に逆戻り・・
蘭の花芽はちょっと暖かい日が続くと2cmくらい一気に伸びるけど寒くなるとまたじっと止まって動かず、まるで「だるまさんがころんだ」やってるみたいです。
      今朝の我が家付近
2011030420110228lanhua
19日からの展示会に出せそうな花芽の着いている鉢を座敷に並べているけど、別に開花を早めようというわけではありません。この部屋、今朝の室温が2℃、外とほとんど変わりません。日中は日が当たらない分外より寒い。。
今のところ花芽の伸びは4~6cmといったところ。うまく咲いてくれるだろか・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »