« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

中国的刺身

        2010中国・江南の旅(番外編) 
                        2010.4.10太倉にて 

 時空はまた2ヶ月前の中国にもどります。
泊まっていたホテルから朝、太倉南園の九華展に行く途中のこと、ビルの壁のレストランの看板を何気なく見たら“刺身”という文字がとびこんできてびっくりしました。
Zhongguodesashimi
中国でも今はちょっとした街やホテルには日本料理屋がけっこうあって、刺身やお寿司も食べられなくはない。
でも左の看板を見ると日本料理屋ではないみたいです。
中国では基本的に野菜も魚も肉もすべて火を通し、果物以外、生で食べることはないはずと思っていたけど、今は一般の中国料理店でも生魚が食べられるようになったのか?と驚いたわけです。 
しかも“刺身”という文字がそのまま使われています。cìshēnと発音するのか、それともsashimiと読むんでしょうか?

刺身”は中国語では生鱼片shēngyúpiànと習いました。
生の魚の切れっ端、よくわかります。

続きを読む "中国的刺身"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »