« 松村記念館と栖霞薗 | トップページ | セッコクの季節 »

家庭蘭展

          2010.5.4  九華編

結局、我が家で九華がほぼ咲きそろって見頃となったのは富山の九華展から帰ってから、ゴールデンウイークの最後の方でした。
4日の午後、宋梅会の仲間ほか、7人ほど集まって家庭蘭展を楽しみました。
201005049hua01201005049hua02
富山のおみやげの八年もの蘭花酒もみんなでいただきました。車で来られた方は香りかいでちょっとなめるだけ、ごっくんはなしでしたが・・・

今年の程梅はちょっと花瓣がやせ気味。。もっとまあるく咲いてほしいところ。それと葉姿よく作るのが課題です。殖えにくいし、なかなか手強い品種です。
.   程 梅         端蕙梅        「南陽梅」      「南陽梅」
2010050401chengmei2010050402duanhuimei2010050403yuanzi012010050404yuanzi02
中国でずいぶん丸く咲いてる関頂があるなあと思ったけど、うちの方が今年は丸かった。勝った?
.   関 頂         鄭孝荷        江南新極品     超デカ行花
2010050405guanding2010050406zhengxiaohe2010050407xinjipin2010050408chaoda
行花 hánghuā”とは兜ない、奇花でもない、ごく普通の花、いわゆる“駄花”のこと。
中国の蘭花展に行くと道ばたで安く売ってます。こんな中からふっくらとした舌の広い上品なのとか染めてない色花とかを探すと面白いです。
.   極 品         仙 緑          仙 霞        行 花
2010050409jipin2010050410xianlv2010050411xianxia2010050412hanghua
江山素と翠定荷素も花茎を伸ばして花間が長くなるように咲いてくれると花が大きいだけにすばらしい品種なのですが・・・
.   金嶴素         如意素         江山素       翠定荷素
2010050413jinaosu2010050414ruyisu2010050915jiangshansu2010050916cuidinghesu
なかなか思うようには咲いてくれません。

|

« 松村記念館と栖霞薗 | トップページ | セッコクの季節 »

コメント

テーブル上のが富山の蘭化酒?
なんだかchickchickchickのみたい・・・

投稿: ル | 2010/05/09 14:51

「蘭邸」に「蘭友」が集いて「蘭花酒」とは、、、まさに蘭三昧。
富山でも感じたのですが、蘭迷さんとこの「南陽梅」は我が家のものと雰囲気がチョット違いますね。並べて作ってみたい誘惑に駆られます。lovely
長寿の件、札は適円を長寿梅に改めました。本当の適円をみてみたい、、、こちらも駆られます。

投稿: 蘭翁 | 2010/05/09 18:21

>「蘭花酒」とは、、、
蘭翁さん、私もご相伴にあずかりましたよ。本根を言えば部屋中に漂う香りの中で、ぐいぐいっと行きたいところでしたが、なめなめで我慢しました。
確かに、蘭迷さんとこの「南陽梅」は葉姿がワイルドで色合いも渋かったように思います。作り手の個性でしょうか?

投稿: m's ran | 2010/05/09 21:16

なに、m'sranさんもあれを飲んだの・・・wobbly
蘭翁自慢のレアもの、座卓に乗ってるボトルは紛れもなく蘭翁酒造?の蘭花酒、チョット甘味をつけすぎたかもしれないですが、紅茶やコーヒーに垂らしても良い香りがします。蘭迷さん、もう残ってないんでは・・・・また、作りましょうかsweat01

投稿: 蘭翁 | 2010/05/09 21:56

「鮮の毎日C」に入ったのもwine酒?

大人になったら飲んでみたい・・・・!

投稿: ル | 2010/05/10 00:55

ル大人dàren:
那个「鮮の毎日C」里的不是酒,是我家的井水^^
このボトルで霧吹きしてやると蘭が元気になル(ような気がします)

投稿: 中国蘭迷 | 2010/05/10 07:03

蘭翁さま:
貴重なお酒をグッドタイミングでいただきありがとうございました。
みんなで分享させていただきました^^
作り方、たしか以前蘭翁さまのHPに紹介してありましたよね。
挑戦してみようかしらん。品種ごとに作ったらボトルがたくさんできて大変。。赤茎、緑茎、素心くらいに分けるか・・・

投稿: 中国蘭迷 | 2010/05/10 08:09

うーーーーっ!!

行きたかった・・・・crying

投稿: そんちょ | 2010/05/10 10:10

ランオウ酒造の聞き酒

行きたかった・・・・crying

投稿: ル | 2010/05/10 13:12

最喜欢看到您的家庭兰展了,仿佛就像到了您家里访问过一样。
约三五位好朋友,到家里来欣赏兰花,古已有之,是一件非常优雅的事情。
在公元353年,中国的王羲之就为为之写过一篇《兰亭集序》。
第一段是这样的“永和九年,岁在癸丑,暮春之初,会于会稽山阴之兰亭,修禊事也。群贤毕至,少长咸集。此地有崇山峻岭,茂林修竹;又有清流激湍,映带左右,引以为流觞曲水,列坐其次。虽无丝竹管弦之盛,一觞一咏,亦足以畅叙幽情。是日也,天朗气清,惠风和畅,仰观宇宙之大,俯察品类之盛,所以游目骋怀,足以极视听之娱,信可乐也。”
译文如下:
“永和九年,三月初三日,我们在会稽郡山阴县的兰亭集会,举行祓禊活动。许多德高望重文人都来了,年轻的和年长的都聚集在一起。兰亭这地方有高高的山,险峻的岭,有茂密的树林和修长的翠竹,还有清澈的溪水、急泻的湍流,这些景物交相辉映,环绕在兰亭四周。把溪水引来作为漂酒杯的环曲水道。大家依次坐在水边,虽然没有琴、瑟、箫、笛演奏的盛况,但边喝酒边赋诗,也足以酣畅地抒发内心的感情。这一天,天色晴朗,空气清新,和风温暖。抬头看到天空的广阔,低头看到万物的众多,藉此放眼观赏,开畅胸怀,可以尽情享受耳目的乐趣,确实是欢乐的。”
先生约请朋友一起来欣赏兰花是和“兰亭雅集”一样高雅、开心的事呀!

《兰亭集序》这篇文章对人们影响至深,值得认真一读,而且这篇书法在中国书法史上是无出其右的,我昨天还认真地临摹了一段。

投稿: 周旭明 | 2010/05/10 17:17

>行きたかった・・・
まだ蘭花酒残ってルよ~^^
花もあと一週間は大丈夫だと思う。
でもこんどの金土日は植物園で石斛の花会 なのだ。

それが終わったら開店休業中の『蘭苑紀事』の翻訳ぼちぼちと再開します。

投稿: 中国蘭迷 | 2010/05/10 21:19

周旭明先生:
绍兴兰亭我2004年一次去过。那时候我买了一张《兰亭序》的拓本,但是意思我几乎看不懂。现在明白了。谢谢!

投稿: 中国蘭迷 | 2010/05/10 23:10

真漂亮,兰花的名字也都很有趣、漂亮。[金嶴素]中间这个字第一次看到,怎么念?

投稿: つぼみ | 2010/05/15 20:02

つぼみさん:谢谢您的留言!

「嶴」的简体字是「岙ào」。
「金岙」是这个蕙兰的出生地。
听说「岙ào」是中国浙江、福建地方的方言。意思是山间的平地(多用于地名)。
看浙江地图,叫「某某岙」的地名很多很多。

现在我住的地方也是「岙ào」^^

投稿: 中国蘭迷 | 2010/05/15 21:25

明白了,我家这里也有点“岙”哈哈~
看兰花学中文,没白来这里。谢谢您!

投稿: つぼみ | 2010/05/16 08:52

您的蕙兰开的真是热闹。请教您一个问题:为什么我的兰花疯狂的发芽,而从不结花苞呢?少了花,兰草是一种遗憾呐。以增加了光照,而且施磷钾肥,但就是不来花苞而只来叶芽。
盼望告之啊。我种的有宋梅、小雪素和不知名的一大丛蕙兰。

投稿: 草字头 | 2010/11/22 19:40

>疯狂的发芽,而从不结花苞
楼梅、王明阳素、荡字、翠萼,这名片的蕙兰我有,10年左右前来到我家,但我还没看开花的。
虞山、长寿、大一品、解佩等,以前常常开花,但是翻盆分株以后这几年休息,没有开花・・
真是兰蕙是“耐心草"
耐心地好好照顾,耐心等待吧。那过几年一定会开花的。

投稿: 中国蘭迷 | 2010/11/22 23:59

感谢您的指点,看来好花需要耐心。如同浏览您的博客,需要通过代理服务器才上的来,否则是被屏蔽的。也许是因为敏感词的关系吧。

投稿: 草字头 | 2010/11/24 12:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/48313509

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭蘭展:

« 松村記念館と栖霞薗 | トップページ | セッコクの季節 »