« 一花(春蘭)の花芽 | トップページ | 寒″っ!! »

つちつくり

まあ、とりたててアップするほどでもないごく一般的なやり方だと思うのですが、
私の蘭の用土作りはこんな感じです。
・ 硬質鹿沼土(または薩摩土)をメインに焼赤玉土を2割程度混合しています。
・ 購入した用土は大粒、中粒、小粒と表示してあるものの、粒度は各社まちまちだし同じメーカーであっても年によってちがうこともあるので自分で篩にかけて選別し直しています。
・ 良く乾いた土は微塵が多く、そのまま篩にかけたのでは鼻の穴までほこりだらけになるのでまず、ポリバケツに入れて水洗いします。
         購入した土               水で洗って微塵抜き
20091025tsuchi0120091025tsuchi02
・ 粒同士がくっつかない程度に半乾燥した土を篩にかけて選別し、
・ 同じ粒度の鹿沼(またはさつま土)と焼き赤玉土を3:1に混合して使用します。 
         篩選別後                     混 合
20091025tsuchi0320091025tsuchi04
複数の用土をブレンドしたほうが個々の欠点を補い合ってよろしいということはどの教科書にも書いてありますが、しかし、鹿沼単用でも蘭はけっこうよくできます。
粒度の選別についても、底土を大粒を使う以外、中間は微塵さえ抜けば別に揃える必要ないんではないかと最近感じています。
鉢と置き場所と水遣り、肥料やりがマッチすれば用土にそれほどこだわることもないんではないか、蘭のほうが合わせてくれる とも思う今日この頃です。
ただ、鉢の表土2cmほどは小粒の混合土を使い、年に1~2回取り替えたほうが清潔で病気になりにくいし、見栄えもいい です。

|

« 一花(春蘭)の花芽 | トップページ | 寒″っ!! »

コメント

think ソボクな・・・

ヨウドって自生してるのは腐ヨウドらしいのに、ハチ植えだと粒度を揃えてミジン抜きした土にすると言う理屈が不思議と言えば???

投稿: ル | 2009/11/02 09:45

日本是火山资源特别丰富的国家,这也为可爱的兰花提供了合适的土壤。兰迷先生栽兰的植料真规范,是标准化作业。
另外,看到您有一盆郑孝荷,使用红色的较浅的花盆栽的,非常漂亮。请问:根据您的经验,花盆的深浅对于兰花生长有无影响呢?谢谢指教。

投稿: 周旭明 | 2009/11/02 20:30

周先生:
最近我觉得兰花更喜欢坐种法。

兰株不太大、兰根不太多的话,不管立种或坐种都没问题,
可是比如把兰根太粗而太多的精神旺盛的蕙兰种盆的时候,
用大而浅的花盆,而且用细粒植料,种得非常容易。
我觉得种后的生长也很好。

投稿: 中国蘭迷 | 2009/11/04 21:24

ルさん:
胴長の鉢に無機質の軽石で春蘭植えたり、水苔でくるんで石斛や風蘭を植えるような不自然な栽培法いったい誰が考えついたんでしょうね。

でも自然がいいかというと・・・
以前、裏山にトンボソウかなんかの野生蘭がたくさん芽を出しているのを見つけたのでどんな花が咲くんだろうと枯れ枝を付き挿して目印を付けていたのですが、梅雨を過ぎたらほとんど無くなってました。
10分の1も生き残っていませんでした。

投稿: 中国蘭迷 | 2009/11/04 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/46636617

この記事へのトラックバック一覧です: つちつくり:

« 一花(春蘭)の花芽 | トップページ | 寒″っ!! »