« 勤労奉仕・・ | トップページ | 玉芙蓉 その後 »

玉芙蓉

      四季蘭の玉芙蓉
20090907gyokufuyou小ぶりな可愛い花です。
名前とつぼみの感じからしてもっと色気のある花が咲くのかと思っていましたが意外と清楚なサラサ素心でした。

今朝1輪開花、
夕方帰宅したら3輪開いていました。
好い香りconfident


ところで

本家の「芙蓉」というとアオイ(葵)科の「酔芙蓉」を思い浮かべますが、
中国では芙蓉fúróngは蓮の花の美称でもあるそうです。
   出水芙蓉 chūshui fúróng : 〈成〉水面に咲き出たばかりの蓮の花
                   女性の美貌や美しい詩文・書などをたとえる
アオイ(葵)科のハイビスカスの仲間の「芙蓉」は木芙蓉mùfúróng というそうです。
                 『小学館日中・中日辞典』より

四季蘭の「玉芙蓉」はどの芙蓉から命名されたんだろ?

|

« 勤労奉仕・・ | トップページ | 玉芙蓉 その後 »

コメント

膨らんだ蕾の色がまたイイですね。。

白い蓮の蕾のように見えたのでしょうか?

投稿: 酔いゴ | 2009/09/07 23:23

芙蓉はよく中国美人に例えられて詩的。

σ(^^)は 芙蓉蟹もだいすき・・・lovely

投稿: ル | 2009/09/08 10:29

>白い蓮の蕾のように見えた・・・

江南地方では丸いスプーン状の花弁をハス(荷)の花びらに例えて荷花弁というのに対して、雲南の人たちは淡いピンクや白色に陰筋の入った花弁(形は竹葉弁)をハス(蓮)の花ビラに見立てて蓮弁蘭と言ってる。
四季蘭の玉芙蓉は蓮弁と同じ見方かも知れませんね。

それとも人間の美人に例えたのかな?!

投稿: 中国蘭迷 | 2009/09/08 12:47

>芙蓉蟹もだいすき・・

本場のかに玉はまだ食べたことないです。

投稿: 中国蘭迷 | 2009/09/08 12:49

わざわざ料理の本場にまで
草眺めるだけで行ってた?

投稿: ル | 2009/09/08 16:23

草です。
ちゅうか、料理は出されたものをおいしくいただいてますがかに玉にはまだお目にかかってません。
蛇の唐揚げとアヒルの舌と豚ののうみそのしゃぶしゃぶは一期一会で十分と思ったのにそれぞれしっかり二回食べてます。
猫料理はまだです。

投稿: 中国蘭迷 | 2009/09/08 19:53

二度あることは・・・・・一期〇会 confident

投稿: ル | 2009/09/08 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/46148244

この記事へのトラックバック一覧です: 玉芙蓉:

« 勤労奉仕・・ | トップページ | 玉芙蓉 その後 »