« 観音素心 | トップページ | 勤労奉仕・・ »

四季蘭も・・

今日は朝飯をすますと、義母といっしょに奧の小学校まで衆議院選挙の投票に・・
7時5分前に着いたのですが既に二人来ていて投票箱の中を覗くことはできませんでした。(1番初めに来た人は中が空であることを確認して、それから鍵がかけられます。)

四季蘭『玉芙蓉』にも花芽が上がってました。4本も・・
        四季蘭の花芽                 双子観音素心
200908304kilan20090830guanyinsuxin03
昨日の観音素心の天の花は咲いたらこんなupwardrightです。

天気予報は週末あたりから暑さがぶり返すようなことを言っていましたが、風があって今日も涼しい1日でした。まさかこのまま秋になってしまうんではないと思うけど・・?

|

« 観音素心 | トップページ | 勤労奉仕・・ »

コメント

やはり覗きマニアっているのかな?
そんちょの所は開票前に当確が出てしまって緊迫感の無い開票待ちとなりました。!(^^)!

投稿: そんちょ | 2009/08/30 20:33

>覗きマニア・・?
先に来てた二人は時間を6時からと勘違いしてたとのことです。
私も二十歳のときから投票してるけど、1番に行ったら覗けるとは今年初めて知りました。なかなか面白い制度ですね。

投稿: 中国蘭迷 | 2009/08/30 22:40

>覗きマニア・

マジシャンが鍵の掛かった箱に出入りできるのならば、
投票箱の中身がすり替わる可能性も・・・心配

投稿: ル | 2009/08/30 23:18

観音素心なんて綺麗なんでしょ~(#^ー^#)

観音さまの「観音」てどういう意味なんですか?

投稿: 若いゴ | 2009/08/31 17:48

>「観音」てどういう意味

flairなんだか仏教経典の言葉の意味を漢字に置き換えたのが始まりらしいですよ。

つまり「音(さん)」を「観(見)」ル っていう意味かな・・・・eyesweat01

投稿: ル | 2009/09/02 11:28

オトさんを観ル…
難しいです…。

投稿: 若いゴ | 2009/09/02 16:33

「音(さん)」ヲ「観(見)」レ なのか
「音(さん)」ガ「観(見)」ル なのか?
漢文は難しい。。

ところでカメラメーカのCanonの語源は観音だそうです。
創業者が観音さまの熱烈ファンだった。これホント。

投稿: 中国蘭迷 | 2009/09/02 18:59

ところでCannon
と言うとimpact大砲という意味になりますが、
これも観音さんと関係あるのかな?

投稿: ル | 2009/09/02 20:14

I cannot understand・・・

投稿: 中国蘭迷 | 2009/09/02 20:52

偶然かな?
バッハベルのカノンという曲…
神秘的ですね。

投稿: 若いゴ | 2009/09/03 07:35

キリスト教用語で
聖書を
「カノン」というそうです。

Wikipediaから‥

投稿: 若いゴ | 2009/09/03 07:42

きりすとさんのおっ母さんは実は観音さま だった??

投稿: 中国蘭迷 | 2009/09/03 08:10

観世音の略ですよ。

「世間の音を観る」のことと思います。

投稿: しん | 2009/09/04 11:58

avalokita(観)+ svara(音)って言うサンスクリット語の経典(法華経)が有ったらしいし、それ以外にも漢字に訳した人と経典の違いで、「観世音」や「観自在」なんかとも言われている様ですが、唐時代の皇帝の名前の「世」の字とカブッたので以後中国では「観音」と呼ばれることが多くなったとかはウィキペディアにも出ていますね。
ただ、個人的な見解では禅宗の仏画で水墨がによく描かれている「白衣観音」や「楊柳観音」の『頭巾』の雰囲気と素心蘭の風情とに共通するものを感じた人が名付けた様な気がしています。

投稿: ル | 2009/09/04 20:00

小原榮次郎著《蘭華譜》下巻P14の「観音素心」の説明によると
〈台湾淡水紗帽山八里坌の観音山産に因りて命名され、毎年貢物に加へられて支那へ送られしと伝説さへあり・・・〉とあります。
ルさんの〈「白衣観音」や「楊柳観音」の『頭巾』の雰囲気と素心蘭の風情とに・・〉説も棄て難いですね。
ふっくらした優しい花容、色合いを見るとふさわしい名前だと思います。

投稿: 中国蘭迷 | 2009/09/04 21:45

小~中学生の頃4年くらい住んでた村にも“観音山”という小高い山がありました。
その山のてっぺんのお堂から村の篤志家が寄贈したオルゴールが朝夕定刻に鳴り響いていました。朝のは忘れたけど夕方には「遠き山に日は落ちてが鳴っていました。
ドヴォルザークの曲だとつい最近知りました。

投稿: 中国蘭迷 | 2009/09/04 22:22

観音山からドボルザークの新世界ですか・・・・
我が蘭翁宅は真言宗、毎月4度の月忌詣りには「観音経」を住職に合わせて読経しております。

投稿: 蘭翁 | 2009/09/04 23:13

ところで『素心』と言う名前 好きなんですが、
なぜだか「純素心」よりも「準素心」により魅力を感じます。

完璧なものよりも完璧を目指す姿勢に共感するからかも・・・

投稿: ル | 2009/09/04 23:35

>完璧なものよりも・・・
さすがル仙人、菩薩の心境に近い!dash

投稿: 蘭翁 | 2009/09/05 10:31

ボサツ というより ボウサツ


ブログ廻り、いそがしくて・・・・wink

投稿: ル | 2009/09/05 12:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/46071817

この記事へのトラックバック一覧です: 四季蘭も・・:

« 観音素心 | トップページ | 勤労奉仕・・ »