« 水遣り | トップページ | 西神梅の故郷? »

無錫九花展 その弐

     2009年2度目の江南の旅 激遅報告その2 です

今年は2月末に蘇州の春蘭展を見たので9花展は止めとこうと思っていたのですが日が近づくとやっぱり...
特にこの「2009年无锡春季蕙兰暨兰文化展」の“蘭文化展”というところが気になって結局、5日前の4月4日にネットで飛行機と宿を予約して出かけたのでした。
整理できないままにずいぶん時間が経ってしまったのですが順不同にアップしていくことにします。
まずは無錫九花展の会場1で見せてもらった蘭鉢の数々
20090409wuxilanpen0220090409wuxilanpen0320090409wuxilanpen0420090409wuxilanpen05
実はここは「撮影禁止」となっていたのですが主催者の方に頼んでみたら
「いいよいいよ,かまへん、かまへん」とこころよく許可して頂きました。

20090409wuxilanpen0620090409wuxilanpen0720090409wuxilanpen0820090409wuxilanpen09
清代、民国時代の古い蘭鉢がぜんぶで約130鉢。
よく文革の動乱期に壊されず残っていたものです。。
20090409wuxilanpen1020090409wuxilanpen1120090409wuxilanpen1220090409wuxilanpen13
持ち主自ら手にとって作者や作られた時期、落款の意味まで説明してくれました。
20090409wuxilanpen1420090409wuxilanpen1520090409wuxilanpen1620090409wuxilanpen17
あっさりしてるけど蘭と実によく合いそうな鉢ばっかりです。
ゴテゴテしたのやケバイのはひとつもありませんでした。
20090409wuxilanpen1820090409wuxilanpen1920090409wuxilanpen2020090409wuxilanpen21

20090409wuxilanpen2220090409wuxilanpen2320090409wuxilanpen2420090409wuxilanpen25

20090409wuxilanpen2620090409wuxilanpen2720090409wuxilanpen2820090409wuxilanpen29
蘭もよかったけど、これらの古鉢を見せてもらっただけでも来た甲斐があったというものでした。

|

« 水遣り | トップページ | 西神梅の故郷? »

コメント

良い鉢がたくさんsweat01

古ければ良いと言うものではないですが、どれもリッパ!
当然お土産に被って来たのでしょう?

投稿: ル | 2009/06/12 00:22

>お土産に
残念ながらみんな展示品で売り物はありませんでした。
こんなの復刻版でも売ってたらリヤカーひいて買い出しに行きたい・・

投稿: 中国蘭迷 | 2009/06/12 04:40

29枚もの古鉢写真、これは何と言っても保存版です。
029番の瑠璃釉の鉢と彩色華麗な景徳鎮とおぼしき鉢について解説をお願い・・・・
よく似たもの蘭翁宅にあります。
それにしても、壁に撮影禁止と張り紙しておきながら大雑把な国民性ですねdash

投稿: 蘭翁 | 2009/06/12 12:12

>張り紙しておきながら
はじめ張り紙が読めないふりして勝手に撮影しようとしたらしっかり警備員のおじさんから「ここにちゃんと“厳禁撮影”て書いてあろうが!」って怒られました。
それで外にたむろしていた主催者の方にお願いして撮らせてもらったわけです。
BLOGに出すのは許可もらってないんですけど、それは禁止ってかいてなかったし・・・
もしクレームきたら引っ込めます。

>景徳鎮とおぼしき鉢について解説・・・
すみません。ひとつひとつ丁寧に説明していただいたんですけどメモ取らなかったし細かいところまで聞き取れませんでした。
でもこの時代のいいの中国に残ってなくて日本にあるものって多いでしょうね。

投稿: 中国蘭迷 | 2009/06/12 12:47

元の写真を拡大して見たらカードから
彩色華麗なほうは民国時代(1912~1949)汪友棠氏の作、
瑠璃釉は清代のもの だそうです。

投稿: 中国蘭迷 | 2009/06/12 21:20

ああ、そんなことがあったんですか、、大雑把は撤回します。coldsweats01
ご回答ありがとうございました。大変参考になります。

投稿: 蘭翁 | 2009/06/12 22:48

谢谢您带给我们这么多精美的古花盆的照片,即使在中国一次看这么多古兰盆的机会也是很少的。花盆的收藏者能收集到这么多兰花盆,一定付出超常的精力和财力。非常令人钦佩。
这些花盆不少是民国期间在中国江苏省的江南地区栽培兰花所使用的花盆(如第100号白交趾喇叭口兰盆,以及一些鼎足花盆),当然也有不少是种普通植物所用的花盆(如83、84号,这些花盆尤其精美)。已故艺兰名家小原君的《兰华谱》中记载有大量的这些花盆,但到现在已经很难买到,在我的家乡,这些花盆的价格在1500-3000元之间,尺寸大一些,刻工好点的略贵。
美中不足的是不少花盆的断代有误,如第100号交趾盆之类的均为民国盆,有刻字刻画的也都是民国时期的典型花盆。整个照片中未看到清代花盆或古渡花盆。
以上是我的看法,不一定正确,还请您多指教。我这儿有一幅北京故宫收藏的清代兰花盆的照片和说明,如果您想看看,请把邮箱地址发给我。

投稿: 周旭明 | 2009/06/12 23:35

周先生:谢谢您的指教。
以前我试注册你们的兰花网,可是不能注册。
好像外国人不能参加。真遗憾。
我想看看您的兰花电子书籍图书馆。
如果您有的“花盆的照片和说明”不太大,我希望看看。
我的邮件地址是 ZVG03661@nifty.com
请把@改动半角字符。
我也可能给您提供日本方面的资料。谢谢

投稿: 中国蘭迷 | 2009/06/14 08:07

周さんのコメントによると
中国でこれだけの好い古蘭鉢を一同に見られる機会はめったにない。持ち主がこれだけの鉢を集めるのにかけた精力と財力は並大抵ではない。敬服に値する。
こういった鉢は民国時代に江蘇州の江南地区の蘭栽培所でよく使われていた。もちろん他の植物の栽培にも使われていた。
小原榮次郎の《蘭華譜》にこんな鉢がたくさん載ってるけど今ではなかなか買えるもんではない。
1500~3000元(日本円で21000円~42000円)はするだろう。寸法の大きいのや細工のいいのはちょっと高い。
ただ、様式や刻んである文字や絵からすると典型的な民国時代のもので清代のはないように思うけどどうだろう?あくまで自分の個人的な見方でまちがってるかもしれない。

だいたいこんなところでしょうか!?

しかし、わたくし的にはこんな好い古鉢は博物館や展示会で見ることができたら十分、欲しいとは思わないけど(ウソ、欲しくても手が出ない)、安くて気軽に使える復刻版をぜひ作って欲しいものです。
展示会の蘭がみんなこんな鉢に植えられて、新聞紙はずして並べられるともっといいのにな。。

投稿: 中国蘭迷 | 2009/06/14 08:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/45310869

この記事へのトラックバック一覧です: 無錫九花展 その弐:

« 水遣り | トップページ | 西神梅の故郷? »