« おそい九華 | トップページ | 遅咲き朶々香 »

网上での拾いもの

昼休み中国関係のネット上を散歩してたらおもしろい記事を二つ見つけました。

① 中国からエキサイトをチェックする方法
      在日中国人女性tubomimさんのBLOGより
少なくともこの2年ほど中国からEXCITE関係のBLOGがまったくアクセスできなかったが
GOOGLEから検索して入れば可能らしい。

② 慶華梅についての議論
      中国蘭花網のBBSより
昼休みに見つけたとき議論は2頁目まででしたが帰宅して再度覗いたら5頁目まで進んでいました。
発見者や栽培者の名前に“梅”や“仙”をくっつけただけの名前は同名異種もありえるかもしれないけれど、
「民国元年(1912年)春、紹興の車慶という人が華興旅館で手に入れ九峰閣にわたった・・・この銘花を見いだした人と場所の名にちなみ、さらに新しい時代の始まりを祝して名付けた」というこの慶華梅は本物はひとつでなければならないと思います。
Wuenyuandejiahuamei
慶華梅は《蘭蕙小史》癸亥集では無図ですが最近上海で未発表のガラス原板が見つかっています(左写真)
おそらく呉恩元/唐駝氏が続《蘭蕙小史》の刊行のために準備した原稿ではないでしょうか?!
この白黒写真を見ると現在ちまたで出回っている「慶華梅」とは明らかにちがう花です。

|

« おそい九華 | トップページ | 遅咲き朶々香 »

コメント

蘭蕙小史の未発表原稿が見つかったのは驚きでもあり喜びでもありますね。文化大革命で全て灰になったと思っていたのですが、さすが中国人というところでしょうか。しかし慶華梅、潘緑梅、楼梅、劉梅と混乱を極めていますね。この際ですから是非交通整理をして正誤を明らかにしてください。

投稿: narimune | 2009/05/23 08:42

think 今後は命名の時にDNAのサンプル採取と保存も必要になりますね..。

投稿: ル | 2009/05/23 15:51

>今後は命名の時にDNAのサンプル採取と保存も・・・

中国蘭界では今、冗談ではなく本気でそれやろうとしてますよ。
[広告]九華新10種選定実施方案について 
   upwardright の三の5

投稿: 中国蘭迷 | 2009/05/23 16:26

先日、高野山の帰りに庭先を汚しました。帰宅して、京都でも新型インフルエンザと知らせていました。お気を付け下さい。
>DNAのサンプル・・・
農水省登録はDNAによる識別レベルと聞きましたが・・・

投稿: 蘭翁 | 2009/05/23 23:34

DNA検証が有効なのは判るのですが、個人レベルでは出来ないので、
外部機関に委託 leftright お金や時間が掛かる leftright メンドウ・・・ think

投稿: ル | 2009/05/24 09:55

>DNA検証が・・・・
ル仙人なら、その内「DNA試験紙」くらいの簡便法を作るんではと内心期待してるんですが・・・・。
農水省登録の際はDNAレベルまで明確にしてるそうです。新型インフルエンザが一段落したら検査機関が暇になるかも、チャンス到来dash

投稿: 蘭翁 | 2009/05/24 14:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/45086041

この記事へのトラックバック一覧です: 网上での拾いもの:

« おそい九華 | トップページ | 遅咲き朶々香 »