« 拾いもの | トップページ | 今年のセッコク »

おつかれさん

座敷に並べていた九華もさすがにくたびれてきたので数鉢を残して花をちぎりました。
20090515_9hua
なんか、おいしい調理法ないもんかしら?
やっぱり塩漬けにして蘭茶 かな!?

あしたの朝には鉢を小屋にもどそうっと。。



以下、今年我が家で咲いた九華のオンパレード(5月5日撮影、順不同です)。。
・    解佩梅        老染字         如意素        赤殻素
20090505jiepeimei_220090505laorangzi20090505ruyisu20090505chikesu
・   大一品A        大一品B       大一品C       緑茎行花
20090505dayipina20090505dayipinb20090505dayipinc20090505lvjing
大一品のAとBは実は同じ株に咲いたもの。Bのような舌に咲くとよくニセ物だ、フダ違いだといわれることがありますが花茎に力がないだけです。

・   「南陽梅」     「南陽梅」特写      鄭孝荷A      鄭孝荷A特写
20090505yuanzia20090505yuanzib20090505zhengxiaohea20090505zhengxiaoheb
鄭孝荷は花着きがよい品種で貧相な株に貧相に咲いても花は鄭孝荷です。

・   鄭孝荷B        江山素        温州素          並赤
20090505zhengxiaohec20090505jiangshansua20090505wenzhousu20090505hongsuhanghua
以前は我が家の九華はほぼゴールデンウイーク中に咲きそろったものですが、今年は早いのは4月中旬に極品が開花、程梅まだ大排鈴の状態で、年々開花のばらつきが大きくなってきているように思います。

大株にして葉上に5、6本、堂々と花を咲かせるのが九華の醍醐味とそれを目標につくっていますが、葉先が痛んで見苦しくなったり、ただうるさく茂ったりして、品よく堂々と咲かせるのはなかなか難しいです。
この品種はこう咲かせたいというイメージは頭のなかにあるのですが・・・

|

« 拾いもの | トップページ | 今年のセッコク »

コメント

油炒めに、塩こしょう!
湯通しして、醤油!
いずれにしても、歯ごたえがあり、美味しいよ!

投稿: k-kanran | 2009/05/15 23:11

>調理法ないもんか・・・
花粉塊を爪楊枝で取り去り、水洗いした後よく水を切り、梅酒の瓶にたっぷりと花を入れてホワイトリカーに漬け込みます。氷砂糖なしで。
およそ3ヶ月で香りの良い琥珀色の九華酒が出来上がります。甘味は飲むときにお好みで付けてください。

投稿: 蘭翁 | 2009/05/16 00:18

k-kおやびん:、蘭翁さま:
早速のご教授ありがとうございます^^
来年きっとチャレンジしてみます。
香りのぬけないもっと新鮮なうちにちぎった方がよさそうですね。
九華料理のフルコース、楽しみだ。器も考えとかなくっちゃ..

投稿: 中国蘭迷 | 2009/05/16 05:55

株が弱るからと早めに花ちぎる人多いけどどうなんでしょう??
白花や色花はともかく、中国蘭の緑花は葉緑素もってるわけだから、花も光合成して自分の分くらい養分作ってるような気がするんですが...
私はけっこうとことん咲かせて受粉して子房が膨らんでいくのも眺めて楽しんでいます。

投稿: 中国蘭迷 | 2009/05/16 06:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/45023064

この記事へのトラックバック一覧です: おつかれさん:

« 拾いもの | トップページ | 今年のセッコク »