« 圆梦 yuánmèng | トップページ | 2008・江南2000キロの旅(その5) »

咲いちゃった^^

我が家にしては気の早い9華が一鉢咲きました。。
他はまだ小排鈴~大排鈴の状態です。
      解佩梅            「常元梅」            如意素
20080422kaihai20080422jogen20080422nyoiso

「常元梅」はこんな小株に花が着いていたとはつい最近まで気づかなかったけど
どうやら =解佩梅のようです。葉姿、葉ツヤ、葉の折れ方のクセ、おんなじです。
昨年宜興からお来しの超デカ並花は我が家が気に入ってくれたか、5本も花をあげてます。
    超デカ並9華           赤殻素             金馬香
20080422chodeka20080422sekikakuso20080422kinbako

最後のは9華じゃなくて植え替え頼まれて預かってた香豆瓣だけど根が動き出したのか、鉢割っちゃった。

9華用語解説。。
小排鈴 : 如意素や超デカの蕾の状態。蕾同士まだほとんどくっついてる。
大排鈴 : 「常元梅」、赤殻素の状態。花間が伸び一個一個の蕾が分かれている。
転茎 : 上を向いていた蕾が花柄をねじるように回転しながら外側を向き、最後きちんと主弁を上に副弁を水平にして正開する様子。
と理解してるんですけど、あってる?!
暖かいと一気に進行しますね。微速度撮影して動画で見たら面白いだろな。。

|

« 圆梦 yuánmèng | トップページ | 2008・江南2000キロの旅(その5) »

コメント

金馬香の鉢割れ、すごいですね。何年でこんなになったんですか? 
やっぱり、今年は例年よりも少し早い感じですね、「九華の開花」

投稿: 蘭翁 | 2008/04/23 00:58

>金馬香
1991年に雲南省から持ち帰った京都宋梅会の先輩Nさんご本人のものです。
昆明の蘭展で2条を1万元で求められたそうです。当時は兌換券の時代で1元/30日本円くらいのレートだったはずです。清水の舞台から飛び降りる思いで買ったと言ってられました。しばらく薫一翁に預け増やされたので北陸でけっこう普及してるようですね。“金馬香”という名前は午の年の発見の極黄花ということで持ち主がその場で付けてくれたそうです。
Nさんの当時の手帳にはこれと、双飛燕素、高黎貢山素(字あってるかな?)の名前と値段が記されてました。

投稿: 中国蘭迷 | 2008/04/23 08:05

らくばちはたまにわれるけど・・

楽に割れるから楽鉢??

しかし・・・すごい・・。

投稿: おとまろ | 2008/04/23 10:49

用語・・私も同様に解釈してます^^。

投稿: おとまろ | 2008/04/23 11:47

きゅうか やっぱ京の光で見るのが最高ですね。
控えめの方が良さそう・・・・!

投稿: そんちょ | 2008/04/23 12:28

開花時期が地域でずれてるのでしょうかね。
でも、サクラはそれほどでも・・・不思議!

投稿: ル | 2008/04/23 21:33

あっているgood大排鈴は蕾が花茎から離れて、各子房が平行している状態のこと。

投稿: yang | 2008/04/24 03:41

10年ほど前に東京ドーム「世界蘭展」で一茎九華を買いましたが未だ花を見たことがありません、寒蘭・春蘭は40鉢育てています。74歳身体が動けるうちに1回でも花を見てみたい。ご教授下さい。

投稿: 原囿輝雄 | 2010/02/24 16:41

10年間一茎九華の花が咲きません、育成方法を教えて下さい。寒蘭20・春蘭20鉢は花は咲きます。

投稿: 原囿輝雄 | 2010/02/24 16:49

原囿さま:こんばんは
返事が遅くなってすみません。
お持ちの九華は何でしょうか?
品種によって花が着きやすいものと株ばかり増えていっこうに花がこないものがあります。
私の持ってるものでも王明陽素、蕩字、翠萼、「慶華梅(たぶん潘緑梅)」などはけっこう大株なんですけどまだ一度も花を見たことがありません。
だからあんまりえらそうに言えないんですが、
○ 置き場は明るめの方が花が着きやすいです。
 西日は当たらない方がいいですが寒蘭やエビネの環境よりかなり明るめにした方がいいです。
○ 肥料は春蘭より多めに与えてください。
 私は真夏真冬以外の3月~6月と9月~11月には月に一度づつくらい置き肥を追加追加で与えています。
九華はバルブが小さいので養分を蓄えることができにくく動いている間は絶えず必要だと思います。
○ 植え替えは春蘭や寒蘭ほどマメにする必要はないと思います。
 私の場合は5年に一度くらいです。
 株を大きくすることに努めています。
 植替えに苦労するくらい根が鉢一杯になると急に花芽がよくあがるようになることがあります。
○ 苗を入手するときもあまり小さな株は避け、立派な株を最低3条、できれば5条からスタートすると早めに花が見られると思います。
 元が小さいと小さいまま条数だけ増えていっこうに花がきません。
○ 九華は寒さには比較的強いですが夏の蒸れには弱いように感じています。特に大株にすると風通しも日当たりもわるくなりやすいのでゆったり置くようにしたいものだと思います。

こんなところが今思いつくところです。

投稿: 中国蘭迷 | 2010/02/28 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/40964610

この記事へのトラックバック一覧です: 咲いちゃった^^:

« 圆梦 yuánmèng | トップページ | 2008・江南2000キロの旅(その5) »