« 2008・江南2000キロの旅(その7) | トップページ | 2008・江南2000キロの旅(その8) »

京の九華

我が家の9華はこれから、五月に入ってからが本番です。
富山にはどれ持って行こうかな!?
       並赤1            並赤2             如意素
20080428namiaka0120080428namiaka0220080428nyoiso
・     「常元梅」          蓮弁ピンク           蓮弁白
20080428jogenbai20080428renben0120080428renben02
蓮弁は今年は写真撮る時期を失してしまいました。
1花もほぼおわりだけどまだ見られるものもいくつか残っています。
       雪蓮             大富貴           翠桃(緑茎)
20080428seturen20080428daifuki20080428suito
こちらdownは日曜日に見せてもらった先輩とこの9華、満開でした。
          うちより1週間~10日早い。市内と山間部の差です。
       程梅             鄭考荷             南陽梅
080427teibai080427teikoka080427ganji
私が9華にはまってしまったのは10数年前この御棚見せてもらったのがきっかけでした。ブロック塀に囲まれた午後しか日が差さない決していい環境ではない狭いスペースで実にきれいにつくっています。

|

« 2008・江南2000キロの旅(その7) | トップページ | 2008・江南2000キロの旅(その8) »

コメント

雪蓮・・・かわいい!!

テイコウカ・・いいなぁ!!

しかし・・本当に良く出来てますよね・・見習わねば。

投稿: おとまろ | 2008/04/28 22:32

先輩の御棚で使われている鉢はなんですか?
プラは使われて無いようですが。。

投稿: shang | 2008/04/28 22:48

>先輩の御棚で使われている鉢は

白っぽい笠間鉢風のは信楽の鉢です。
今(ゴールデンウイーク期間中)信楽行って買うと半額、大中小セットで1500円くらいで買えるはず です。
9華よく出来るし、植え替えのとき鉢割っても惜しくなくていいですよ^^

投稿: 中国蘭迷 | 2008/04/29 04:39

>今(ゴールデンウイーク期間中)信楽行って買うと半額・・・
あああ!!ネットじゃ買えないのですか?
誰か信楽に行かない??

投稿: shang | 2008/04/29 05:25

>誰か信楽に行かない??

私も行きたいんだけど、休みカレンダー通りだし予定しっかり詰まってるし、
行けそうにない。残念。。
ちなみに“全品半額セール!”のハガキ送ってきたのはかみ山陶器さん、
HPにはこの鉢載ってないけど倉庫の奥の棚にあるはず..

投稿: 中国蘭迷 | 2008/04/29 07:29

中国兰迷: 这些兰花真漂亮,我觉得把这些开着的兰花都拿去吧,一定会让富山的兰迷朋友们高兴的!哈哈哈!祝您在富山过得愉快!

投稿: song | 2008/04/29 11:40

>富山にはどれ持って行こうかな!?
常元梅は実物を見たことがありません。
蘭迷さんの御先輩、良い作りをされておいでですね。すごい。

投稿: 蘭翁 | 2008/04/29 13:11

>常元梅は
昔、北陸の大先輩は「ありゃ解佩梅だ」といってられましたが、関西で仕入れたこの「常元梅」は花も葉っぱも解佩梅と同じです。
『中国ラン』の「常元梅」は解佩梅と同じように見えますし、『蘭華譜』には載ってない。
どういう素性のものなんでしょうね?解佩ではない常元梅てあるのかな?

投稿: 中国蘭迷 | 2008/04/29 13:24

>常元梅

将来 DNA鑑定が必要になるかも!

投稿: ル | 2008/04/29 22:52

こないだの西神梅に続いて・・
これで翠桃ほしくなっちゃいました。
常元梅?も・・・。

投稿: 若いゴ | 2008/04/30 21:46

>「常元梅」は花も葉っぱも解佩梅と同じです。
そうなんですか・・・写真では気がつきませんでした。
何でも良いから、必ず来てくらは~い。

投稿: 蘭翁 | 2008/04/30 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/41024682

この記事へのトラックバック一覧です: 京の九華:

« 2008・江南2000キロの旅(その7) | トップページ | 2008・江南2000キロの旅(その8) »