« もいちど こま~しゃる | トップページ | 包衣の色 »

鐵翁蘭竹譜

先日、寺町の古書店で見つけて即買ってしまいました。
    昭和2年 芸艸堂 発行
    乾坤2冊 木版刷り

原画を描いた鐵翁禅師は幕末~明治初期の長崎のお坊さん。こんな画ながめているとやれ真品だ品違いだなんて議論はどうでもいいように思えてきます。
Tetsuo

蘭は欲しいと思ってもそのうち増えて縁があったらまた会えるわ と我慢できますが
古書は一期一会、つい無理して買ってしまいます。
ところが帰って日本の古本屋で検索したらなんと一番安いの5250円で出ていた。
まあ、しゃあないです。

○ こんな本や、コレクションの中国、日本の蘭書もこんどの蘭展に並べておきます。
  興味のある方はお茶でも飲みながら自由にめくってください。

|

« もいちど こま~しゃる | トップページ | 包衣の色 »

コメント

>安いの5250

ってことは もっと高かったのでしょうがwobbly
買ってから比べちゃいけませんね!

投稿: ル | 2008/03/20 11:10

1番高いのは8万だったからそれと比べて得したことにしておきます。しかし、古本の値段てのは5千円のが8万のに比べて状態わるいとは限らないからおもしろいです。
友人で6千円の『蘭蕙小史』見つけたという人います。

投稿: 中国蘭迷 | 2008/03/20 11:50

ネットの古本屋は欲しい本の題名とか著者名がわかってて捜すのには便利だけど、こういう本はやっぱり実物見て買うことになってしまいます。蘭もおんなじですね。

投稿: 中国蘭迷 | 2008/03/20 14:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/40566862

この記事へのトラックバック一覧です: 鐵翁蘭竹譜:

« もいちど こま~しゃる | トップページ | 包衣の色 »