« 紫秀蘭の花芽と葉っぱ | トップページ | 杭州の花芽その後 »

紫秀蘭の故郷

Yunnan 紫秀蘭の故郷、雲南省邱北県はここ→→→
3年前中国蘭花博覧会が挙行された玉渓市の東方に位置し、貴州省、広西チュワン族自治区、ベトナムに近い。
百度で検索すると名蘭之郷ならぬトウガラシの郷として有名らしい。
邱北旅游をクリックすると美丽風景が見られるが蘭花については書かれてない。邱北冬蕙蘭では村興しは無理なのかな?学名にも Cymbidium.quibeiense とちゃんとご当地の地名が入ってるのに...
地図は古い(1928年製)ので横書き地名は右から左に読んでね。

なお古地図はこのサイト古~い世界地図から借用しました(借用許可申請中)

|

« 紫秀蘭の花芽と葉っぱ | トップページ | 杭州の花芽その後 »

コメント

中国のこういう地図はあまり出回っていませんね。
古くても軍事情報になるからかな?

ところで、他の赤い○印は?

投稿: ル | 2007/10/23 13:51

>他の赤い○印は

奥地の蘭の産地としてよく聞く地方です。
赤○し忘れたけど麗江のすぐ西の「剣川」はたしか剣陽蝶の出身地、
その西に「蘭坪」ってところがあるけど、良い蘭の坪があるのかな!?

そんちょさん、津のおやびんさん:現地探索たのんます。

投稿: 中国蘭迷 | 2007/10/23 19:54

えらい年季の入った地図ですな。中華人民共和国ができる前なので、やっぱり地名も繁体字のままですな。

蘭迷さんの次の中国之行は、雲南になりそうですね。でも、雲南は遠いんですな。上海からだと大阪の方が近かったりします。

投稿: 客桟老板 | 2007/10/23 21:27

きゅうべいのふるさとですか。
くんみんの東なんだ。
津かと思ってたけど。
今日は、きゅうべいの話題で盛り上がってたところでした。

投稿: そんちょ | 2007/10/23 22:29

>雲南旅行
また行ってみたいでっすね。
新婚旅行で一度行ったけど、その時はまだ蘭に興味なかったので、お決まりコースの昆明、石林だけだったし..
でも昆明植物園は特別に頼んで見せてもらいました。

きゅうべいは邱北県あたりのほか、貴州省にも自生してるらしいです。

投稿: 中国蘭迷 | 2007/10/23 23:07

興味深いお話と地図ですね。
中国は「上海」「西安」「敦煌」しか行ってません。真言宗徒の団体旅行だったので蘭とは無縁でしたが、蘭の絵を捲りで2枚ゲットしてきました。

投稿: 蘭翁 | 2007/10/24 00:22

>蘭の絵を捲りで2枚ゲット

しっかり有縁ではないですか。
むかし中国から蘭を持ち帰ったのも留学僧とかお寺さん関係多いようですね。
かの9花(華/花どっち使うか迷います)「東麓金鶏」も東本願寺にあったといいますし..

投稿: 中国蘭迷 | 2007/10/24 19:25

そうそう、忘れていました。上海で中国茶を楽しみましたが、そこはお土産屋でもありました。そこで「蘭の絵」の茶器を二種類買い求めました。「纏めて買うから安くしてと」言ったら本当に安くなりましたが、あとから下町の売店でよく似たものがえらく安い値段で売っていました。中国はよく分からん!

九華か九花のことですが、私は特段の理由もなく使い慣れた「九華」が好きなのでこれでいきます。九花と書いてあっても別に抵抗はありません。日本人って変に抱擁力があると言うか曖昧さに富んでいる民族って感じだったんですが、最近は若者にもましてえらくシビアな中高年が増えてきた感じがしませんか?エッ?、どうでもいいか・・・・

投稿: 蘭翁 | 2007/10/24 22:52

どひさどすえ・・

えらいちずだね^^でもよく分かるイイ地図です・・

それにしてもキュウベイておお株にならないのかねぇ?

ウチは今年花がないかも??

投稿: おとまろ | 2007/10/27 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/16845991

この記事へのトラックバック一覧です: 紫秀蘭の故郷:

« 紫秀蘭の花芽と葉っぱ | トップページ | 杭州の花芽その後 »