« 丸い銘鑑 | トップページ | 丸い周期律表 »

キンシャについて

下の丸い銘鑑にも「金紗」の付く品種が多数載っていて(この本ではではなく)、Kinsya
図説によると右のような斑のことだそうです。
手持ちのいくつかの本を調べてみると、
 關繁著 『蘭の栽培法
    雅友庵 昭和6年 発行  では
<金紗:斑点のボケたる形ち、所謂、金紗模様に現れたるもの>とあり、また、
 石井勇義著 『原色東洋蘭図譜
    誠文堂 昭和10年 発行  には
<明治△年に某所の某々氏宅で「○△」が白の金紗に変わったもの>といった記述が多数あります。カラー写真は小さすぎてよく判らないが、<充分な採光をなす時は金砂丈が黒こげとなり見苦しくなる>とか<斑が暗む性質がある>などの説明はウイルス斑ではないかとも思えます。
戦後の本では“金紗/錦紗”の文字も図説もほとんど見あたらないのはやっぱりウイルス斑だったのか、それとも“錦紗”がウイルス斑の代名詞になってしまったので嫌われてのことなのでしょうか...??

① ウイルス:Virusのラテン語読み
② バイラス(ヴァイラス):同英語読み
③ ビールス(ヴィールス):ドイツ語読み
古典園芸界ではバイラスともよく言うけどコンピューターバイラスとはなぜかあまり書かない。。
中国語では“病毒(bìngdú)”、音訳かなと思ってたら、Wikipediaによれば
ラテン語のVirusはもともと“毒”の意味、日本でも昔は「病毒」と言っていたそうです。

今日は村の大運動会の予定だったのですが昨夜からの雨で延期、
昨日半日がかりで準備した小学校の会場を3時からまた片づけに行かないといけません。それまでに雨が上がってテントや万国旗が乾いてくれてればいいのですが...

|

« 丸い銘鑑 | トップページ | 丸い周期律表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/16616485

この記事へのトラックバック一覧です: キンシャについて:

« 丸い銘鑑 | トップページ | 丸い周期律表 »