« 彼岸花 | トップページ | いただきもの »

秋の七草

といえば山上憶良が詠んだ
 萩が花 をばな葛ばななでしこの花 をみなえしまた藤袴朝貌の花
が有名、 前段に
 秋の野に咲きたる花を指(および)折りて かき数うれば七種(ななくさ)の花
がある。
      をばな>尾花>枯れると夜幽霊にもなる
      朝顔 >今のアサガオは後代中国からの渡来植物で
           ここでの朝貌は桔梗が定説
萩、ススキはともかくクズやナデシコ、キキョウは秋の花というより夏の暑い盛りに既に咲いているように思います。うちの畑に四種はあったのですがナデシコやオミナエシ、 キキョウはいつの間にか消えて今はフジバカマと黄花のコスモスがやたらはびこっています。_
070915okura私が秋の花をあげるとしたら、彼岸花、コスモスはぜひ入れたい。ススキはこの辺ではあまり見ないのでネコジャラシを代わりに入れるか...
セイタカアワダチソウはひと頃に比べると背が低くなってるような気がします。

あなたにとっての「秋の七草」はなんですか?    

|

« 彼岸花 | トップページ | いただきもの »

コメント

私は「萩」です。萩はマメ科ですね。そうそうハギと言えば「ナンテンハギ」は「アズキ菜」とも言いますが、飛騨高山では春の高山祭りの頃、天ぷらにして食べたりします。これが実に美味しい。飛騨の酒に合います。

投稿: 蘭翁 | 2007/09/24 01:15

ハギ食べられるんですか!?
近くの空き地、ひと月ほど前に雑草刈りしてたんで今年は無しか と思ってたらまたしっかり茂って今ハギ満開です。
こちらはハギはハギでもヌスビトハギ(ヒッツキムシ)です。でも花はきれいです。

ヨメナもきれいに咲いてます。
こちらは古歌では秋の花というより春の野サイとして有名ですね。

投稿: 中国蘭迷 | 2007/09/28 00:05

「自然と緑と・・」さま:TBありがとうございます。
写真きれいですね。

彼岸すぎても日中はけっこう暑いですね。
ヨメはんとしばしOfu蘭suの旅してました。といってもタダで同じ安宿?3泊、高いオプションはとらずパリの街をブラブラしてました。気温12~23℃と暑くもなく寒くもなく快適でしたが、9月にしては相当暖かいそうで、むこうもやっぱり温暖化してるそうです。

投稿: 中国蘭迷 | 2007/09/28 00:48

もいこいうー^いゆふおど
におぴぉ^-こおひおごほ

おまふぉ

パパ

投稿: | 2007/10/08 14:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/16508256

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の七草:

» ツマグロヒョウモン【褄黒豹紋】とオミナエシ【女郎花】 [自然と緑と環境と、たま~に本のウェブログ ]
オミナエシの蜜を吸うツマグロヒョウモンの景色。 ツマグロヒョウモンは、タテハチョ [続きを読む]

受信: 2007/09/21 01:02

« 彼岸花 | トップページ | いただきもの »