« 寰球荷鼎(かんきゅうかてい) | トップページ | 今天我又看了个中国電影了。 »

夏の蘭

ムカデランの花が咲いていました。
直径5mmにみたない小さな花、よく見るとけっこう可愛い。残念ながら気がついたときはちょっと盛りを過ぎていました。マツバランはラン科植物ではなくて原始的なシダの仲間。一世を風靡した古典園芸植物だけど今、どれくらいマニアがいるんでしょうか?昔2鉢あったのはとっくに枯れ死してしまったけど胞子が飛んでたのか紫陽花の鉢の根元に生えてきました。
    ムカデランの花        マツバランの芽         程梅の新芽
070814mukadelan070814matubalan070814teibai

毎日暑い日が続きます。葦簀一枚越しの蘭小屋の中は日中は38、9℃になっていますが、この辺は山沿いなので夜間は21、2℃まで下がってくれます。おかげで1華、9華も新子の出遅れを取り戻すべく休まず確実に成長しているようです。

|

« 寰球荷鼎(かんきゅうかてい) | トップページ | 今天我又看了个中国電影了。 »

コメント

残暑お見舞いです。京都は暑いですね!

富山も暑いですが、海岸である氷見はそうでもないです。我が蘭舎はもっと涼しく、このところ最高が33℃で最低が22℃でした。扇風機と換気扇が回り、蚊取り線香がいつもくすぶっています。蚊取り線香、結構虫には効きますよ(予防)

ところで「程梅」の新子いいですね!私の所は昨年2本出ましたが今年は子休みみたいです。確かに、北陸でも夏の期間もしっかりと蘭は成長を続けています。夏眠などと西日本あたりのことを鵜呑みにしてはいけませんね。地域によって異なります。ウサギとカメのお話を思い出しました。

投稿: 蘭翁 | 2007/08/15 00:00

>蚊取り線香
昆虫全般に毒性があって、ほ乳類、鳥にはまったく無害 というから化学殺虫剤よりいいかも ですね。マネさせていただきます。
江戸の昔からあったものかと思いきや、除虫菊は旧ユーゴ原産、明治中期カリフォルニアから渡ってきた とはけっこう新しいモノなんですね。渦巻き蚊取りは日本人の発明のようですが..
我が家ではブタの蚊取り線香置きとクルクルハエ取り紙は現役で使ってます。

9華は富山の先輩方の作りを見ても涼しいところがよくできるみたいですね。冬の寒さにもけっこう強いですし..
寒蘭、四季蘭などはうちではどうも調子悪いです。

投稿: 中国蘭迷 | 2007/08/15 07:49

暑さに負けず「蘭」は頑張っています。

よく見ると「程梅」新子がありました。蘭翁のHPの週間レポートにUPしました。何でこんなに遅い芽出しなんでしょうかね?

我が家の蘭舎では、蠅取り紙は「黄色」のものを使っています。蚊取り線香は「常備・常用」です。絶対に予防効果があると思います。除虫菊100%ではありませんがね。

投稿: 蘭翁 | 2007/08/15 17:36

>程梅の新子
お芽出とうございます。やっぱり足音が肥やしですね^^

>「黄色」の蠅取り紙
うちも大きいのぶら下げてます。小さなハエみたいな虫けっこう捕れますね。
でも風で切れて蘭の上に落ちたときは葉っぱにネバネバ付いて悲惨ですね。

投稿: 中国蘭迷 | 2007/08/15 19:04

同感です。最初、セロテープで穴の所補強したのですが、日が経つとだめでした。今は、ホッチキスで止めていますが、心配です。頭の毛がベタ~となったときが一番悲惨です。(未だ毛が生えそろっていないので・・・・?)

投稿: 蘭翁 | 2007/08/16 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/16115907

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の蘭:

« 寰球荷鼎(かんきゅうかてい) | トップページ | 今天我又看了个中国電影了。 »