« 今年の鷺草 | トップページ | 秋の植え替え »

おぼろ月蝕

070828gessyoku 天気予報ではきょうは午後から雨の予定だったのに曇ってはいるものの降りそうにはない。
蒸し暑いだけでお月さん見られそうにないなあと思ってたら、日が暮れてから少し雲が薄くなって、すき間から顔を出してくれました。
しかし天体写真て難しいもんですね。屋根も雲もウサギさんも見えてるのに写真には写らない..

                                   午後9時9分頃

|

« 今年の鷺草 | トップページ | 秋の植え替え »

コメント

こちらは曇っていて見えなかったのですが、途中から凄く良く見えてきました。みんなで大騒ぎで、写真撮るの忘れてしまった!

投稿: そんちょ | 2007/08/29 09:29

富山は大荒れで「皆既月食」は全くパー。
首が疲れなくて良かったです。

投稿: 蘭翁 | 2007/08/29 12:50

オエドはものすごい雷雨で怖かった!

おかげでその後は涼しくなりました。

投稿: ル | 2007/08/29 15:23

富山、お江戸は残念でした。また3年後のお楽しみですね。
京都はちょっと遅れて今日の明け方、すごい雷と雨の音で目が覚めました。出勤時にはその雨も上がってくれてよかったです。

投稿: 中国蘭迷 | 2007/08/29 19:09

考えてみると月蝕生で見たのは生まれてはじめてです。
日蝕は小学校に上がるか上がらぬかの頃見た記憶があります。
“キンカンショク”だとソバニイタ母ガ教エテクレタカラ多分小学校前ノハズ..

投稿: 中国蘭迷 | 2007/08/29 19:34

月蝕が月食になってました。お恥ずかしい・・・・
私の幼少時のショクに関する記憶は「代用食」です。キンカンショクってどんな味だったのかな?

投稿: 蘭翁 | 2007/08/30 00:44

>月蝕が月食
今は「月食」でかまわないみたいですよ。
「蝕」の字は当用漢字からはずされてるんでしょうね。きっと
「金柑」はそのまま食してもおいしいですけど、砂糖漬もおいしいですね。
原産地は中国の長江下流域。『1826年に、中国の商船が遠州灘で 遭難して漂着し、助けてくれた地元の人にプレゼントしその種が育って日本で広まった。』
 ↑↑http://www.hana300.com/kinkan.html
とありますからけっこう新しい。蘇州に小打梅が出た頃のお話なんですね。
「金環食」は食べないでください。

投稿: 中国蘭迷 | 2007/08/30 19:12

「金環蝕」、大きすぎて食べきれない・・・・・。
昨晩、越中八尾「風の盆」前夜祭へ行ってきました。蘭翁の家から1時間半くらいです。チラッと雰囲気をお楽しみください。HPの蘭翁の独り言にUPしました。

投稿: 蘭翁 | 2007/08/30 19:28

立ち食いで「月見」食べました。
白身でカイキ月食でした。

投稿: ル | 2007/09/04 22:55

>白身でカイキ月食
ルさん食べて怪奇月食になったんですか?
はじめからだったらめずらしい。。
うちの老鶏は若い頃タマにお月さん2ケ入りの卵産んでました。

投稿: 中国蘭迷 | 2007/09/04 23:29

ニコ入り  朋見!?

投稿: ル | 2007/09/06 10:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/16269223

この記事へのトラックバック一覧です: おぼろ月蝕:

« 今年の鷺草 | トップページ | 秋の植え替え »