« 納涼古本まつり | トップページ | 夏の蘭 »

寰球荷鼎(かんきゅうかてい)

19990328huanqiuheding★  ding3 かなえ,てい 
  ① 古代中国の青銅製三本脚のナベ様の祭器
  ② 鼎のように三本足で立つ.三方に並び立つ
    転じて3本の指に数える、トップクラス の意
  ③ まさに,すばらしい,1番良い の意

   劉備元徳に三顧の礼を尽くされ軍師に迎えら
   れた諸葛亮孔明は呉の孫権、魏の曹操を押     ↑99年宋梅会蘭展にて
   さえて一気に全土統一は今は無理と読んで
   天下三分の計を奏上、蜀漢を興し魏・呉・蜀の三国鼎立時代となる。
                   (前3世紀頃のお話)

★ 寰球 huánqiú : 地球、世界 
    环球(環球)も発音、意味とも同じ
    环球小姐 Huánqiú Xiaojie はミス・ユニバース のこと

◎ 寰球荷鼎 は“世界でトップクラスの荷花弁咲きの蘭花” という意味、
           なんとも大仰な名前だこと。

『趣聞』の「寰球荷鼎の故事」は登場人物も12人、
① 紹興郊外の小村贾山头村の蘭農胡七十が蘭捜し中、猪猟を助けたお礼に案内してもらい地元猟師しか行けない険しい山中で「寰球荷鼎」を発見採取、
上海の大老板(たあらおぱん:大旦那)郁孔昭に洋銀800銀元で売るお話。(この株は何人かの蘭痴の手を経た後結局枯れてしまう)
② 今際のきわの玩兰老板
俞致祥に本人同様枯れ死寸前の寰球荷鼎を託された若い花工诸涨富唐駝先生や席裕全先生の協力のもと回復させ、再びめでたく花を咲かせるお話。
③ 周恩来首相が西湖畔で松村謙三氏に友好の記念としてこの寰球荷鼎を贈られ、氏の没後、息子松村正直氏が日本で増えたこの蘭をまた故郷紹興に里帰りさせるお話。

オムニバス仕立てのこの故事は、時空を行ったり来たり、講談を聞いてるようでなかなか面白い。

|

« 納涼古本まつり | トップページ | 夏の蘭 »

コメント

”环球格格”って中国ドラマは面白かったよ~。。。
趙薇が可愛かった。。。

投稿: shang | 2007/08/14 11:24

”环球格格”ですか? 『环珠格格』というドラマじゃないでしょうか。
「鼎」(かなえ)はすばらしいものですから、この言葉から「まさに」、「素晴らしい」などの意味も派生している。特に上海周辺地域で、方言として使われている。今でも「一只鼎」という名の会社と商品が存在している。方言では、「一只鼎」は「ひとつのかなえ」ではなく、「一番良い」「申し分のない」という意味だ。「環球荷鼎」は「世界中荷弁咲きのトップ」という解釈でいかがでしょうか。

投稿: | 2007/08/14 14:14

上海人さん? 謝謝!
3本の指でなく“1本の指” でしたか!
文章の全体の雰囲気や老師の話ではそんな気してたけど
辞書に「まさに」はあったけど「1番良い」はなかったので実はムリヤリ「3本の指に数える」と解釈したんだけど、「鼎鼎大名」などから考えても“1番”でよかったんですね。
今後ともおかしな所とか別な解釈、ご意見あったらコメントくださいね。他の方も..

>趙薇
なかなかベッピンさんな女優さんですね。どんなドラマだろ?!
盆休みに入って『星星点灯』と『雲水謡』のDVD見ました。
残念ながら音声にも字幕にもついていけません。

投稿: 中国蘭迷 | 2007/08/14 16:36

匿名になっちゃって、すみませんでした。
方言だから、標準語の辞書に載ってないと思う。
『环珠格格』は7,8年前の時代劇で、「格格」は満州族語のプリンセスの意味。ドラマは時間がかかるから、僕も見てない。コメディーで、少しうるさい、男性向けの作品ではないと思う。
実は最近中国物産店で、中国映画のDVDが多いから、レンタルも買うのも出来る。また、ネットで無料でダウンロードも出来るから、殆ど字幕がある。http://v.baidu.com/search.php?vc=1&od=1&type=1&cate=0&r=30022 <--アクセスみれば?
簡単なソフトのダウンロードが必要。
「百度」は画質はよくないが、速度は速い。

投稿: yang | 2007/08/14 17:17

“趙薇” を調べてたらこんなHPがあった。
  http://www.asahi-net.or.jp/~wd2k-tkmt/swallow/top.htm
『环珠格格』は「帰ってきた真珠姫」 ですか。
面白そうだけど、こんな長編見てたら1ヶ月くらいこのBLOGも『蘭蕙趣聞』もお休みしてしまいそう...

投稿: 中国蘭迷 | 2007/08/14 17:26

「寰球荷鼎」は濁って変な色に咲いたのを見ると「こんなの要らないや」と思ってしまうけど、いい色に咲くとまさに“寰球荷鼎”すばらしい花ですね。写真はうまく色が出せてないけど、8年前京都宋梅会で先輩が出展したもの。葉姿も大きく立派でこれが“寰球荷鼎”かと思いました。この株はその後分けてもらって、この時のイメージに咲かせたいとずっと思っているけどなかなかうまくいきません。
今年の春、日中友好会館で緑茎緑花の「寰球荷鼎」を見たけどあれはどういう由来なんだろう?!

投稿: 中国蘭迷 | 2007/08/14 18:01

中国兰迷:

您好! 看样子因为“环球荷鼎”引出的话题真有意思! 其实教室里就有赵薇主演的“还珠格格”的DVD,等您来的时候一定给您介绍介绍,只是太长了,也不知道您是否有信心看完!

投稿: song | 2007/08/15 08:49

song老师:
您好!谢谢您的留言。
是吗?教室里有“还珠格格”的DVD吗?
那,下次请给我看一看。
但我也不知道我是否看完!哈哈

投稿: 中国蘭迷 | 2007/08/15 13:46

あれ~??
『环珠格格』でしたか!!
アイヤ~失礼しやした。。。
中国に行って間もない時に、映像だけでも内容が分かって面白かったです。。。

投稿: shang | 2007/08/15 23:17

遺伝そして光とカリウムは花の色に影響を与えると言われるが、どうやってコントロールするか、よく分からない、「環」をチャップすると、ピンクになりそう。しかし、中国春蘭は素心以外、やはりチャップをしないほうがいいと思う、緑は魅力だから。「大富貴」と「鄭同荷」の話があるが、品種は一緒と思う。澄んだ緑は中国蘭の原点だが、時代が移り変わって、人の好みも変わってきた、侘びさび・素朴からだんだん派手になる、だから「姜氏荷」のような花も大ヒットになった。「環」の紫色をうまく出せば、渋いと思う、欠点を長所にすれば:)

投稿: yang | 2007/08/16 10:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/16094830

この記事へのトラックバック一覧です: 寰球荷鼎(かんきゅうかてい):

« 納涼古本まつり | トップページ | 夏の蘭 »