« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

今年の新芽

全体に出たの遅いし、芽数も少ない です..
なかには調子のいいのもあって端秀荷は1芽だけど好い芽が出てます。
春にドームからやって来た「湖州第一梅」はなんと5本も、、
故郷訪ねたんで喜んでるのかな?!
          端秀荷                    湖州第一梅
070726tansyuka070726kosyudaiichibai


9華は仙霞と温州素が逝ってしまったけど
程梅はこれまでずっと1列縦隊だったのが今年は前に1芽とこの裏にも2芽出てようやく増える兆し。
慶華梅も割って半分になったのが、またぐるりと7本出てきて、じき元にもどりそうです。
           程 梅                     慶華梅
070726teibai070726keikabai

こんなのも少しはないと.. です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

残念!

070721senka18日のそんちょさんとこの記事の病気とおんなじですよね。
この鉢は軒下からはみ出して梅雨の雨ざらしにしていたからしょうがないけど...
毎年景気よく花を着ける株だったので残念,,
しまったと思ったときはすでに遅し。葉色に生気がないなと思っていたらバルブが黒く腐り、葉っぱが根本からみるみる葉咲きまで黒く枯れ、2、3本出たときには既に全体に広がっています。
多めに切り捨てて、一見症状が出ていないところを消毒して植え替えても、ほとんどダメ。殺菌剤、活力剤もいろいろ試したけどまったく効果なし。予防しかないようです。
うちでは一華では出たことがなくて、蓮弁や9華など多花咲き種がかかりやすいように思います。
春遅くに植替えて直後に高温が続いたり、過湿にしたときよく発生しています。
新子だけが黒くなる普通のすっぽ抜けとは菌の種類が違うんでしょうね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

よこちょ~小町??

「ネジバナの白花を900円分GET^^」との蘭翁さんの「独り言」を聞いて
我が家にもないかと捜したらコデマリの鉢の片隅に、こんな花が咲いてました。
   ネジバナの白の八重咲き
070721nejibanayae
変わってるっていえば変わってるけど..
観賞価値は普通のピンクのほうがありそうだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

追加~~

こんなんも咲いてました。
どれも小さな花ですが拡大して見るとけっこうきれい!
      オサラン            ネジバナ           ヒメヤブラン
070716osalan070716nejibana_1070716yabulan
・        かな?                         ↑↑
                                   これはラン科植物ではなくて
                                   実はユリ科

| | コメント (8) | トラックバック (0)

蘭花~

我が家で今咲いている蘭花です。
       イセ素心           イセ富士?           風蘭
070705isesoshin070705koitten070705fulan

キバナノセッコクはセッコクの黄花ではなくて実は別種。
セッコク(denndrobium monile)より花期は遅くて、風蘭と同じ、ちょうど今ごろ、下垂した茎の節々に枝咲きに黄緑色の花をつけます。
このキバナノセッコクとセッコクを交配するとどういうわけか、ほとんど白花でノドの奥を日の丸みたいに赤く染めた花を咲かせ、一般に「イセ」と呼ばれています。
上の写真左はその交配の素心花、中央は、矢がクネクネ曲がり葉がしかんでいるのは多分セッコク側の親が長生蘭の「富士丸」あたりではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑草 ???

070715zassou_1何でしょう??
ヒッツキムシ かな?
近所の山際の土手に生えている雑草です。
芽が出たときはたくさんあったのにだんだん消えて、今残ってるのは3株ほど..

このところデジタルものを触るのがなんか億劫で、
紙の本ばかり読んでいます。
電子辞書は使っていますが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国 江南の旅(その8.5)  宜興→湖州へ

3日間滞在した宜興を後に4月12日朝、バスで湖州へと向かいました。
鉄道の旅もおもしろいのですが、中国は長距離バスが発達していて、移動には便利です。たいていの都市には大きなバスターミナルがあって、各都市間が網の目状に結ばれており、本数もけっこう多いし安い。
今回は太湖の周りをぐるりとバスで一周したことになります。
4月中旬の江南の農村では桐の花をよく見かけました。中国でも箪笥にして嫁入り道具に持たせるのかな??
    桐の花咲く呉越国境あたり              砂利?運搬船
070412huzhou070413huzhoushanghai

「南船北馬」という言葉がありますが、江南地方は運河が多く、現在も水運は盛んなようです。砂利や煉瓦を満載した船がゆっくり進む景色をよく見かけます。
蘇州・杭州間は今でも夜行客船がありますが、「小史」「同心録」の昔から呉越の蘭愛好家たちは船でお互い仲良く往ったり来たり交流していたのではないでしょうか!?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »