« 野いちご | トップページ | 中国 江南の旅(その7)  宜興3日目 »

中国 江南の旅(その6)  宜興(番外)

だいぶ間があいてしまいましたが中国江南の旅、あと3回くらいは書かないと...

宜興で泊まったホテルの近く、湖の畔に徐秀棠という人の彫塑公園がありました。
さすが宜興、おおきな鉢(瓶?)を作ってるお父さんや子どもを寝かしつけながら急須作ってるお母さん...

070408choso01070408choso02070408choso03

遊ぶ子ども達や、生活の一コマ、民話・故事を題材にしたもの、どれもいきいきとして表情がなんとも微笑ましい。声まで聞こえてきそう..  そのごくごく一部です。

070408choso04070408choso10070408choso06

070408choso07070408choso0807040choso09

湖に流れ込む川に停泊中の船は動かしてる形跡はないけど人が住んでるみたいです。

070408fune07040811hotel0107040811hotel

ここで3日間泊まったホテル宜興国際飯店は本館(中央)ではなくて古い別館(右上)。
日本からネット予約していたので1泊150元(約2300円)、エレベータもないしボーイが荷物を運んでくれたりというサービスはないけど、部屋は小ぎれいで申し分ないしフロントの笑顔の可愛い服務員は出かけるとき、帰ってきたとき、いちいち「行ってらっしゃい」「お帰り」と愛想よく声かけてくれて、気持ちのよい宿でした。

|

« 野いちご | トップページ | 中国 江南の旅(その7)  宜興3日目 »

コメント

その6首をながーくして待ってました。彫刻の表情がいいですね。宜興は現地ではどのように発音するのですか?

投稿: 蘭翁 | 2007/06/05 10:54

蘭翁さま:どうもです。。
宜興(宜兴)は標準語ではyíxīng(いーしん)なんですが宜興地方での発音はひょっとしたらちがうかもしれません。
江南地方の人達の発音は標準語でもだいぶなまっていますし、純方言でしゃべると中国人同士でも例えば杭州人に蘇州語はまったくわからないそうです。

投稿: 中国蘭迷 | 2007/06/05 22:26

真是惟妙惟肖呀!謝謝你的介紹,不由得很想去看看。

投稿: つぼみ | 2009/06/13 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/15307210

この記事へのトラックバック一覧です: 中国 江南の旅(その6)  宜興(番外):

« 野いちご | トップページ | 中国 江南の旅(その7)  宜興3日目 »