« 中国 江南の旅(その2)  兴兰 | トップページ | 中国 江南の旅(その4)  露店 »

中国 江南の旅(その3)  宜興9華展

正式な名称は『第2届中国蘭友(宜興)蕙蘭精品聯合展示交流会』といいます。
4月9日、長距離バスとタクシーで宜興のホテルに着き、荷物を置いて、タクシーの運ちゃんに「ここ行きたいんだけど知ってる?」ネットで調べてプリントアウトしてた資料見せると「知ってる、知ってる!」会場はホテルから10分もかからないところでした。よく目立ちます。広い道路の反対側まで甘い香りが漂ってました。
07040715yixinghuilanzhan070410yixinlanhuazhan

老種、新花合わせて40数種80鉢以上見ることが出来ました。バカチョンカメラでのメモ代わりの写真であまりうまく撮れていませんがその一部です。
    程梅      南陽梅       端梅        朵雲       祥雲
070409chengmei070409nanyangmei070409duanmei070409zayun070409xiangyun
・   崔梅       大一品      老極品     老上海梅     秀字     
070409cuimei02_1070409dayipin02_1070409laojipin_1070409laoshanghaimei_1070409xiuzi_1
・   解佩梅      素十八     新花素心     新花梅弁     新花蝶
070409kaihaibai070409su18070409xinsu070409xinmei01_3070409sanshehua


会期は8日から15日まで8日間、その2日目だというのに展示品は2/3に、3日目には半分ほどに減っていました。話には聞いていたけど、遠方からの参加者は1、2日だけの出展で引きあげたり、売れて(売って)しまうことも多いようです。

|

« 中国 江南の旅(その2)  兴兰 | トップページ | 中国 江南の旅(その4)  露店 »

コメント

蘭は海を渡ると変わると言っている人もいるのですが、何か変わったテイバイですね、こういう咲き方しているの初めて見ました。崔梅も何か南陽梅に似ているし、気候風土なんでしょうか、作り方なんでしょうか・・。

投稿: narimune | 2007/05/01 21:56

>変わったテイバイ
29日に出したよそんちの程梅が程梅らしい咲き方ですが、同じ株が比較的宜興のこの形に近い咲き方をしたこともあります。
葉っぱと花の大きさ、中宮の形から、程梅にまちがいなかろうと思いました。
崔梅は11鉢出ていましたが、南陽梅や端梅に比べると、葉も花も小ぶりです。
その辺が写真では伝わりにくいですね。

投稿: 中国蘭迷 | 2007/05/01 22:53

老極品、秀字、大一品、解佩はけっこうたくさん出ていましたが、ちょっと痩せぎみの花が多かったです。
ほとんどが3~5条株でこれでよく花をつけたなあとも思いました。

投稿: 中国蘭迷 | 2007/05/01 23:59

解佩梅に栽培賞!
座布団10枚・・・・

投稿: そんちょ | 2007/05/02 13:19

>栽培賞!
そういえばこの展示会、金賞とか銀賞とか賞はなかったです。
交流会だからもともとなかったのか?初日はあったけど遠方の参加者が引き上げたらはずしたのか??不明です。
「品種銘」「出品者」「地方」を書いた紙は各鉢に貼り付けてありました。

投稿: 中国蘭迷 | 2007/05/02 15:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/14916581

この記事へのトラックバック一覧です: 中国 江南の旅(その3)  宜興9華展:

» 旅行の思い出を記録しよう [10万円で都内一人暮らし]
旅行は、旅をしている最中が楽しいのはもちろんですが、 それを振り返っても幸せですよね。 お土産を渡すときや、友人に旅行の土産話をして思い出すこともありますが、 旅が長くなればなるほど、案外記憶はあいま... [続きを読む]

受信: 2007/05/04 06:54

« 中国 江南の旅(その2)  兴兰 | トップページ | 中国 江南の旅(その4)  露店 »