« 回来了~! | トップページ | 純国産1華 »

江南の旅・簡介

とりあえず、今回の9華と鉢を求めての旅をザクッと紹介します。
いろんな人達と知り合い交流できたのが最大の収穫でした。
詳細は後日、ゆっくりと...

第1日目 上海
かわいいワンちゃんたちのお出迎え
070407010704070207040703

第2日目 蘇州
再会
070408010704080207040803

第3、4日目 宜興
やってるやってる!!
0704090107040902_407040903_107040904_107040905

070409060704100107041002

第5日目 宜興郊外の陶器村見学 
あるわ、あるわ!!
0704110207041101_107041103

第6日目 湖州
朋友の朋友は朋友だ!!
070412020704120307041201

|

« 回来了~! | トップページ | 純国産1華 »

コメント

人脈は大切ですもんね!!
中国なんか特に感じますね~。。
中国人って頼りにされると頑張る人が多いから。。
大きな収穫でしたね!!

投稿: shang | 2007/04/16 23:31

いろんなところで人の温かさを感じる旅でした。
せっかく頂いた鉢を湖州に向かうとき不覚にも割ってしまったのと、上海で犬のウンコ踏んづけてしまったのが、まあ事故といえば事故でした。あとは順調過ぎるくらい順調でした。。

投稿: 中国蘭迷 | 2007/04/16 23:42

鉢の生産現場までもぐりこんできましたか。ぴゃおりゃんいっぱいですね。よかったよかった。
>朋友の朋友は朋友だ!!
国際色がかなり豊かだったんですね!
たくさんの人たちと会うんだけど頭の中がごっちゃになって誰が誰だかわかんなくなっちゃいますよね!

本だけで重量オーバーになりませんでしたか?(いらぬ心配)

投稿: そんちょ | 2007/04/17 10:20

蘭展・・ハデだね!!

しかし・・蘭鉢の数よりは

食い物の「皿・鉢」の数の方が・・・・多くない?

投稿: おとまろ | 2007/04/17 10:51

>国際色がかなり豊か
左の外人さんは陳会長の石楠花関係のお客さんです。
名刺交換するとき、30数年前に習った英語出てこなくて
「うおじゃお○×△。つぉんり~べんらいだ」って言ってしまいました。

投稿: 中国蘭迷 | 2007/04/17 12:37

蘭迷さん今晩は。早速だけど、「本物の端梅」は画像出てますか。4つ並んだ写真の一番左は南陽梅ですよね?、他には其れらしきものは3番目だけど、これは関頂のようにも見えます。教えてください。

投稿: narimune | 2007/04/17 19:50

>一番左は南陽梅ですよね?

えっ! nariさんとこの南陽梅はこの花ですか!?

左から「端梅」「朵雲」「関頂」「荆溪蜂巧(新花)」です。
「端梅」は古い蘭書見ると、端蕙梅を大きくしたみたいなのと南陽梅そっくりな写真があって、上海/仙緑みたいに花型がぶれるのかなあ?と前から不思議に思ってたのですが、ここで見た「端梅」はまさしく、『蘭蕙小史』、『蘭華譜』の写真と同じ花だ!と思いました。
南陽梅はここでもいくつか出てましたが、そのどれとも、またうちで毎年見てる南陽梅とも全然ちがう、品のいい花だなあと思ったのですが...

向こうでは南陽梅や元字とではなく、崔梅との花型のちがいを論じてました。
日本では最近あんまり見ない、崔梅、秀字はごろごろ有りました。

投稿: 中国蘭迷 | 2007/04/17 23:02

じゃあじゃあ、、shang家の南陽梅は南陽梅でOKなの?
葉姿はどうっスか?

投稿: shang | 2007/04/17 23:25

うちの南陽梅と端梅(川上端梅)と見比べていますが、どうもよく分かりません。あえて言えば花弁の丸さと舌の垂れ具合かな・・・と思います。うちの南陽梅はどちらかといえば水仙弁に近い感じの花弁で、弁先が尖り気味で抱えています。つまり天弁と副弁の形が違います。また、舌は初めからかなり前に伸びて前面が垂れます。蘭迷さんの画像の端梅は舌がしっかり抱えられていますし、副弁は丸い感じで、天弁とほぼ同じ形に見えます。うちの南陽梅の画像送りますから、蘭迷さんの南陽梅と比べて見てください。

投稿: narimune | 2007/04/18 07:17

>花弁の丸さと舌の垂れ具合

そこが私の今まで見た南陽梅と全然ちがう と感じたのですが..
南陽梅は威風堂々、迫力ある9華らしい私の好きな花なんですが、ここで見た「端梅」は名前にぴったり、端正な花で品格はずっと上 と感じました。南陽梅もこんな咲き方すること有るんでしょうか?

前に書いた<端梅の真花>の表現は、<『蘭蕙小史』、『蘭華譜』の写真そっくりの端梅>に変更させていただきます。
いろいろ議論あるなかで、また1回見ただけで「真花」の表現は適切でなかったかな と思います。

投稿: 中国蘭迷 | 2007/04/18 20:40

しかし、帰ってから寒い毎日です。
うちの9華、5月5日の富山の9華展までにちゃんと咲いてくれるかしらん!?

投稿: 中国蘭迷 | 2007/04/18 20:44

弁先が少し尖り気味か丸いのか、抱え気味なのか抱えないのか、などなど・・・ほんのちょっとした違いなのですが、画像で見るのと実物を目の前にするのでは全く印象が異なりますね。蘭迷さんは南陽梅を沢山見ていたから端梅を見たときにピンと来たのでしょう。「このランにピンときたら・・・」といったところでしょう。多読、多作の努力が足りませんでした、反省です。

投稿: narimune | 2007/04/19 06:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/14707302

この記事へのトラックバック一覧です: 江南の旅・簡介:

« 回来了~! | トップページ | 純国産1華 »