« お江戸 お花見 見聞記(その1) | トップページ | お江戸 お花見 見聞記(その3) »

お江戸 お花見 見聞記(その2)

070226uenonosakura_12月26日
お江戸は桜が満開でした。
遠目でも梅じゃあないよね?と
近づいて見たらたらやっぱり桜。
カンヒサクラ系で“大寒桜(オオカンザクラ)”だそうです。暖冬のせいか不忍池の柳も青い葉が落ちずに残っています。

070226asakurachosokanしばらく早朝の上野公園周辺を散策した後、以前ハッスルさんに教えてもらった日暮里の朝倉彫塑館を訪ねたのですが、残念、月曜は休館日でした。


この日のお目当ては阿佐ヶ谷の東京宋梅会と、日中友好会館の奥地蘭協会の展示会。
奥地蘭は搬入日でまだ準備中のところを両方の会員であるSN氏に頼んで特別に見せていただきました。どちらも書と蘭の合同展示で、ドームの喧噪とはちがってゆったり鑑賞できました。
       東京宋梅を楽しむ会の中国蘭展
070226tokyosobaikai2070226nosakaisaku070226tokyosobaikai
野坂さんの遺作の蘭4鉢とボタニカルアートも展示してありました。
ここにもシオマネキ宋梅1匹いました。

        奥地の蘭協会展示会(準備中)
070226okuchi1070226okuchi2

個々の写真は会場が暗くて手持ちではうまく撮れませんでしたが某雑誌社のカメラマンが二人がかりで写真撮影してたから行けなかった人もそのうち見れると思います。

宋梅会は最終日、奥地蘭は搬入日だったので多くの方とお会いし、お話することができました。

|

« お江戸 お花見 見聞記(その1) | トップページ | お江戸 お花見 見聞記(その3) »

コメント

なんだか・・・これからは・・・片弁先行開花は・・塩招きってことになっちゃいましたネ^^!

しかし・・・朝倉さん・・おしかったネ^^。

投稿: おとまる | 2007/02/28 22:54

朝倉文夫氏も井戸彫った先輩のひとりですしね。
「國香会」ってのはちょっとヘンだけど...

奥地の先輩方のおひとりのはなし:
「ここ15年くらいの「新花」は実生だかなんだかわかんね~しなあ、別に実生でもちゃんとそう書いててくれりゃあかまわないんだけど..」
我也同意!!

投稿: 中国蘭迷 | 2007/02/28 23:39

彫塑館も良い鉢が沢山あったみたいなんですが・・・今はあまりのこっていないようですネ!!

奥地蘭・・・80年代からセッセと交配に励んだ結果ってコトデスから^^。そりゃ変わったのが、あって当たり前ですもんネ!!

投稿: おとまる | 2007/03/01 10:17

我也同意!! なり

みなさん 感じ入ることは同じなんですね。
人為でも自然でも交配系は奥がないような。
派手なのばかり選抜するからでしょうね。
味のあるのを選抜しましょう!

まだまだ 楽鉢が多いですねぇ!

投稿: そんちょ | 2007/03/01 11:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/14081884

この記事へのトラックバック一覧です: お江戸 お花見 見聞記(その2):

« お江戸 お花見 見聞記(その1) | トップページ | お江戸 お花見 見聞記(その3) »