« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

松竹梅

定食の“梅”コースは一番下だけど、
“松竹梅”の組み合わせを歳寒三友と言って本来の意味は、松は冬の寒いときも緑の葉を失わないし、竹は寒風にもまっすぐ立って折れない。梅は雪にもめげず花を咲かせる。その姿形はちがうけれど、いずれも酷寒に耐えて自分の節操をまげない。どんな権力にも、暴力にも、誘惑にも屈しない、信念を変えないというきびしさを表現したものだそうです。陳舜臣氏の『蘭におもう』というエッセイ集の一節はいつだったかすずき園芸さんでも紹介されていましたね。

これに“蘭”を加えて“松 竹 梅 蘭”とすると四友 、また“蘭 竹 梅 菊”は四君子
“蘭 梅 菊 蓮”は四愛、“梅 竹 水仙”を歳寒仙呂
その他いろいろ有って着物の柄などではよく見るけどちゃんと伝わっていない本来の意味を知りたいものです。
蘭の花弁の形の分類で“竹葉弁”は駄花として扱われているけど、中国の伝統文化、絵画の中では竹は牡丹や蓮にもまさるとも劣らないいいモノなんです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ちょっと通してくだしゃんせ

まだ朝は寒いけど、陽の光はずいぶん明るくなってきたように思います。
毎朝、通勤で乗っているJRバスには2系統あって、北回りで、“わら天神”というバス停で降りると北野の天神さんを通り抜けて行くことになります。ここは梅の名所で、この間まで2、3本ちらほら咲きだったのが、この1週間でみるみる咲いてきました。
       紅梅              白梅              蝋梅
KobaiHakubai_1Lobai

蝋梅は梅の仲間(バラ科)ではなくてロウバイ科ロウバイ属ということだけど、香はこちらのほうがすごい。
のんびりこんな写真を撮っているとヤバイ、遅刻する。表参道から西陣警察前の点滅し始めた信号を駆け抜けて会社に着くとラジオ体操が始まっていました。

ところで

続きを読む "ちょっと通してくだしゃんせ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

电子辞典坏了!

070122_2 バスに乗っててちょっと調べようとカバンから電子辞書を取り出して開けたらなんと、液晶が...
踏んづけたり、ぶつけた記憶はないのだけど..
紙の辞書は字が小さくて今や眼鏡を取っ替えないと読めません。その点電子辞書は手軽で便利、日中、中日、広辞苑・・・といっぱい付いていてけっこう重宝していたのに..
修理に出しても、多分新品買うのとたいして変わらないでしょうね!?古い機種だから部品もあるかどうか..

蘭が増えて割れるのは良いけれど、鉢やこんなのが割れるのは悲しい。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

第25回都道府県対抗女子駅伝

今年も西京極運動公園まで応援に行ってきました。
地元京都は序盤出遅れ、今年は入賞も無理かと思ってたのがぐんぐん追い上げみごと3連覇。故郷宮崎も4位の大健闘でした。
      1区スタート直後                    表彰式
070114ekiden070114hyosyoshiki
・                           ↑ 都大路を駆け抜けた
                                9区間×47=423名の娘達
まだ子供子どもした中、高校生から世界のトップランナー、ママさん市民ランナーまで
間近に生で見る選手たちはみんなきれい、輝いていました。
                                           RUN迷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年会

2007ranten_1今日は恒例の京都宋梅会の新年会。
春の展示会の段取りも決まって、お互いの花芽の調子や株の増え(減り)具合など確認したり、楽しいおしゃべりのひとときでした。
しかし、今日はどういうわけか男ばっかり..
京都宋梅会は少人数ながら紅4、5点はいるのですが、
「紅4、5点」といってもみんな元娘(ムスメ)、今は大娘老大娘です。

明日は全国から集まって都大路を走る娘っこ達を応援しに行ってきます。

続きを読む "新年会"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

冬越し

昨日は浜松は外は天気大荒れでしたが京都もおんなじだったようです。
朝は吹雪いていましたが夜帰ってくる頃は冷たい雨に変わっていました。

溶けずにわずかに残っていた屋根の雪も今朝にはみんな落ちてしまいました。
我家の蘭小屋は薄いスカスカの不織布1枚内側に張るだけで冬も窓は開け放しです。
裏の軒下の9華は以前は柱を増設して三方波板で囲っていたのですが、
最近は直に不織布をかぶせて押しピンで止めるだけ、はみ出る鉢は雨ざらし雪ざらし、だんだん横着になってきました。
これで生き残るものだけを楽しんでいます。

0701080701089hua

| | コメント (3) | トラックバック (0)

目の正月

070107lanhuacun今日は遠州浜松、蘭花村の杭州寒蘭展

朝、昼、夕方、また空が曇ったり日がさしたり、光によって同じ花でもずいぶんちがって見えて、1日飽きません。これは1華9華にはない杭州独特の楽しみかたでしょうか。
目の正月を楽しませていただきました。

ソンチョさん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましてお芽出とうございます

       今年もよろしくお願い致します。        2007 元旦
Inoshiyama02

10分で駆け上がれる小さな山だけど、生活の山にはそれぞれ名前がついています。
地図や公文書には載ってない地元の人の口伝だけの名前です。

ア~サハ~ヨオ~キ~テ、イ~ノシヤマミ~レ~バ、オサルノ オケツモ マッカッカ
なんて童歌を歌うワラベを最近は見かけなくなりました。

Hatake070101langoya

・  ↑ 猪は今も出没します。            ↑ワンパターンの蘭小屋
猪と鹿と蝶々の子どもは畑にとっては「困った君」です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »