« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

my tool(その4)

中国の鉢は底穴が小さいのでタガネとトンカチで広げて風通しを良くします。
少しずつコチンコチンと気長に丁寧に欠き落としていきます。
欲張って鉢がふたつに増えたりしたら大変...
焼きの軟らかい広東鉢や朱泥鉢は比較的楽です。

Mytool4
細いヤスリの先をグラインダーで削ったのもあったはずだけど何処行った..?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

また増えてしまった..

この時期、紅(黄)葉がきれいだけど、道が混んで困ります。
左京区のミヤコメッセまで盆栽大観展を見に行ってきました。
即売コーナーで蘭鉢として使えそうなのを買って来ました。ちょっといいなあと思うのは
メンタマが飛び出るほど高いのでそんなのは鑑賞するだけにしときます。
今回買ったのは左から2500、3000、1000、2000、4500円と鉢の本2冊。
それでも今月の小遣いほとんどなくなった。どうしよう!?

Hachi061125

蘭迷さんは切ったりむいたり針金でしばったりなんてのは趣味に合わないのでやりませんがこの展示会は東の国風展と並ぶと云われるだけあってすごいのが見られます。
蘭や古典園芸の世界ではややもすると他人がもってない珍奇なものを追い求め、値段が上がると喜び、下がると熱意も下がるヘンな傾向がありますが、ただただ作りに徹する盆栽や山野草の世界の人達の楽しみ方は学ぶべきだと思うのです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

咲いたっ!!

061123kosyu3暖かいとまではいえないけどここ数日、湿度と最低気温がちょっと高めだったせいか、止まっていた杭州寒蘭の花芽が動き出して一鉢今日咲いてくれました。よしよし..
まあ、世間並み かな!?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

山の彼方の

昨日、講演会に行く途中に見かけた風景です。
彼岸花は葉っぱをびっしりと展開させて、来年また花を咲かせるためにせっせと養分をつくって蓄えてるんですね。
早くに刈り取られた田んぼは切り株からまた稲穂が20センチほど伸びて、これは雀や他の野鳥たちの冬場のごちそうでしょうか!?
右はこれはたしか桑の木..!?まだ養蚕やってるとこあるのかしらん!!?
    彼岸花の葉っぱ        雀のご飯!?          桑畑
061119saga1061119saga2061119saga3

子供のころ、近所でもお蚕さんを育てているところはけっこう有って、桑の実は唇を紫色に染めてよく食べたものでした。
宋梅や緑英のもち肌の兜を蚕蛾棒心といいますが、うまくいったものです。
ネットでさがすといい蚕の写真がみつかりませんが、記憶の蚕の頭は蚕蛾棒心なるほどと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

杭州花芽その後

このところ最低気温2~3℃という寒い日が続いて我が家の杭州寒蘭の花芽は動きが止まっています。②のほうはこのまま年を越すんじゃないかしらん。
       杭州②             杭州③
061119koshu2061119koshu3

昨夜からの雨で気温は今朝方は8℃でしたが寒い一日でした。
しょぼしょぼと雨が降る中を山の向こうまで講演を聴きに行ってきました。
  演題: 『膠(ニカワ)って何?』
膠って別に蘭とも仕事とも関係あるわけではありません。
ちょっとしたご縁と蘭迷さんの野次馬根性から覗いてみたのです。
決してニカワで違う花びらくっつけて人造美人の蘭花作ろうなんてたくらんでる訳ではありません。  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

疑是地上霜

061108hatsushimo昨日、今日と風が冷たいです。
今朝、バス停へと歩いていたら例のヒッツキムシの繁茂していた空き地がところどころ白くなっていました。石灰でもまいてあるのかとしゃがんでさわっってみたらすぐに溶けて黒くなって..
初霜でした。寒いはずです。

ぼちぼち冬支度をしなければ....

| | コメント (2) | トラックバック (0)

植え替え

ようやく秋の植え替え開始
昨日と今日の午前中で春にやるべきだった10数鉢をなんとか完了、
これで大事な株のいくつかは嵐が来ようが竜巻が来ようが安心です。

061104uekae

| | コメント (5) | トラックバック (0)

太ッチョ&痩セッチョ

久々に花見られそうです!!
ちょっと上土をホジホジして撮影してみました。
うちでは緑雲は4、5年に1度しか花を付けてくれないし、条数も来たときの4本のまんま、いっこうに増えてくれません。
珍蝶は92年に入手したモノ。当初よく増えてあっちこっちにお嫁に行ったけど、ここ数年これも増えず咲かずでした。好久不見了!
        緑雲の花芽                  珍蝶の花芽
Ryokuun061103Chincho061103_2

奇花はこのふたつあれば充分、あとは要らない!と思っていたのですが、いつのまにか簪蝶、笑蝶、蘂蝶、余胡蝶..と増えてしまっている...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »